これでわかった!世界のいま ▽習近平の“野望”とは 中国共産党大会に注目

放送日 2017年10月15日(日) 18:05~18:42
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:05~

毛沢東は27年間に渡って中国のトップに君臨した。国の重要な方針は中国共産党によって決められてきた。5年に一度の共産党大会で指導者たちが理念や政策を打ち出してきた。習近平氏は権力を強める。今週の党大会で中国をどう導こうとしているのか。

今週のゲストは俳優の野間口徹さん。今週は5年に1度の中国共産党大会について見ていく。解説は国際部藤田正洋デスクが行う。

キーワード
毛沢東
中国共産党
共産党大会
トウショウヘイ
江沢民
習近平
中国共産党党大会

1時間目 中国共産党大会に注目 (バラエティ/情報)
18:08~

今日は中国共産党大会について国際部の藤田正洋デスクに話を聞く。5年に1度開かれ今回で第19回目となる。中国の最高意思決定機関である。13億の人口の内中国共産党員は8900万人で2300人が出席する。政治局委員は25人いて、重要なポストを占める。国家主席は党では総書記という役職になる。習近平国家主席になってからはインターネットなどでの言論が統制されている。習近平氏が2期目を迎えるにあたって目指すのにあたって目指すのが建国の父とよばれる毛沢東。

今回の中国共産党大会では権威付けに注目される。党規約に地震の思想や理念を盛り込むことで権威付けを行う。習近平の父親は中国共産党で出世し副首相にまでなったが、失脚した。習近平も地方で農作業をすることになり生活は悪化した。共産党に入った後に地方で国家建設をすることになった。25年間地方で信頼を得て、江沢民国家主席に抜擢され最高指導部に入ることができた。

中国の習近平氏にとって人気の折り返しとなる。これまでの実績として反腐敗運動を挙げている。地位を問わずに役人を徹底的に処分していく方針である。5年間に汚職で130万人以上が摘発されている。同時に重慶市トップの孫政才氏のような政敵を失脚される目的もあった。

習近平氏は次の5年間で経済政策に注力すると考えられる。藤田正洋氏は「中国国民が共産党を支持しているのは経済が好調だから。上海の都市部では毎年給料が10%近く上昇して中間層が増えている。安定した政権運営のためには経済成長が必要がある。海外にビジネスを求めている」とした。中国では一人っ子政策の影響で労働人口が急速に減少するとかんがえられる。さらに鉄鋼などでは余剰な生産が行われていて構造改革が必要である。そこでテクノロジー産業を発達させようとしてる。その例となるのがドローンや無人コンビニ。景気の減速をなんとか食い止めようとしている。

中国と日本は尖閣諸島や領海進入などの問題を抱えているが、北朝鮮問題で連携を強化する必要がある。藤田正洋氏は「中国共産党は抗日戦争に勝ったことを旗印として政権を担っているため、対日政策を間違えると政権基盤を揺るがしかねない。習近平の政権が盤石なものとなれば訪日も視野になってくる」と指摘した。中国は核開発を行う北朝鮮に対していらだちを見せていて関係は史上最悪である。国連安保理の制裁決議については賛成に回るようになった。

習近平国家主席が安定した基盤をつくるために政治局常務委員に自分に近い人物を置くことが重要となる。陳敏爾氏は未だ中央委員で2段階昇進すれば政治局常務委員となる。王岐山氏は政治局常務委員で反腐敗運動の指揮をとってきた。これまでの慣例だと党大会のときに68歳以上の人は引退することになっていた。王岐山氏は今69歳。もし、この慣例が破られれば、次の党大会で習近平氏が引き続き3期目に突入する可能性がある。党大会を通して権力の集中がさらに強くなると考えられる。

キーワード
中国共産党
中国共産党全国代表大会
習近平
毛沢東
トウショウヘイ
中国共産党大会
江沢民国家主席
反腐敗運動
孫政才氏
習近平氏
一人っ子政策
ドローン
胡錦濤国家主席
習近平国家主席
国連安保理
陳敏爾
王岐山
文化大革命

2時間目 観光客で…ベネチアの苦悩 (バラエティ/情報)
18:34~

2時間目はイタリア・ベネチア。観光地は小さな島々から出来ていてラグーンという湖が島々を囲んでいる。砂州により内側外側が隔てられていて、ラグーンの景観はユネスコの世界文化遺産に登録されている。最近は大勢の観光客が集中し苦しい悩みを抱えているという

ベネチアの人口は5万人に対し去年訪れた観光客は2000万人。10年前と比較すると20%も増えた。増加に拍車をかけるのが大型観光船。一隻で5000人以上の乗客を運ぶ。しかし住民生活に影響が出ている。物価が10年で約20%上昇し観光客向けの商店が増え生活必需品を買うのが難しくなり、地価と家賃も高騰しアパートが宿泊施設に改装されるケースが多く、人口は10%も減った。20年以上暮らすタベルナさんは友達がこんなところ住めないと言っていて悲しいとコメントした。そして大型観光船が大きな波を起こし泥を巻き上げるためラグーンを守る対策が必要になると懸念されている。またラグーンの底が削られ水深が深くなると多くの海水が入り、ラグーン特有の植物や生き物が失われるとコいう。住民は大型観光船入港禁止を求める運動が起こっている。政府は入港ルート変更を検討するが、観光業者は反対し対策は打ち出せていない。

キーワード
ラグーン
砂州
世界文化遺産
ベネチア(イタリア)

エンディング (その他)
18:40~

メッセージは番組HP。ツイッターは#世界のいま。

中国 吉林市でおばあちゃんがモーターパラグライダーを行う様子を紹介した。

キーワード
これでわかった!世界のいま
吉林市(中国)
モーターパラグライダー

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月15日 放送
  3. 次回の放送