助けて!きわめびと しつけ上手になりたい

放送日 2015年10月24日(土) 9:30~ 9:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
09:30~

助けて!きわめびとのホームページがうつった。

東京都にお住まいの友貴子さんは愛犬ケイティのしつけに悩んでおり、特に吠え癖に悩んでおり音が響くため近所の方にも迷惑と感じており、しつけ上手になりたいというのが本日のテーマできわめびとは、40年で200頭以上の盲導犬を育て上げた盲導犬訓練士の多和田悟さん。

キーワード
助けて!きわめびと
東京

しつけ上手になりたい (バラエティ/情報)
09:32~

今回のきわめびとの多和田さんの名を知らしめたのは、本、映画、ドラマで話題になった実在する犬と人間の絆を描いた「盲導犬クイールの一生」で実在するクイールを育てたのが多和田さんで、「従わせるのではなくともに喜び合うしつけ」をモットーに盲導犬を育ている。

スタジオの多和田さんに三宅裕司は楽しく遊ぶことがコツなんですか?と聞いたら、会話することでも何でも楽しくなきゃやらないと話しており、子どもみたいに接したり、多くの人はしつけは無理やり言うことを聞かせると思っているが、楽しくやることがコツと話していた。

多和田さんは東京都台東区の友貴子さんのお宅を訪ね、愛犬ケイティの吠え癖が直らないという悩みについて、吠え癖の原因を調べるためにケイティを外に連れ出し家族とどういう風に過ごしているか見ており、ケイティは自分がこんなことをしていて不安になって許可をとりにくるように見え、言葉が通じたという満足感っていうのを経験していないように見えると話していた。

愛犬のケイティは飼い主が触っているのにそこに安定しておらず、家族の一人が褒めているのだから、そこでじっくりしててもいいのに不安で他の家族も私の事を好き?と確認しているみたいに見え目に溝があるように見えるため、実際に自宅で撮影したケイティの様子を動画で見てみてもあっちに行ったりこっちに行ったりしている所が見られた。

スタジオで愛犬ケイティと友貴子さんの家族は、多和田さんに自分達が思っていないことを言われたと話したうえで、また自宅での様子を動画で見てみて多和田さんに吠える原因を伺ったところ気持ちのすれ違いと行っており、注意をすると構ってくれたから嬉しいため吠えてしまい、さらに構ってもらえたら嬉しいため遊ぶことを始めてさらに吠えてしまうと話していた。

ケイティと飼い主の家族にあるスレ違いを埋めるためのしつけの極意は「褒めるために褒められた方を教える」ということで、家族の方がいくら上手に褒めてもケイティが褒められた方を知らなければ通じないため、多和田さんは褒められた方を教えるためにまずやったことはケイティを無視することをしてみて、静かになったらケイティを全力で褒めていた。多和田さんによると練習を積み重ねないと褒められ方を犬はわからないため自分の都合で愛犬に接しないで、出来て当たり前と思わずにもっと愛犬の立場になって褒めることが上手くなって欲しいと話していた。

なお、多和田さんの指導を受けてから2日後のケイティの自宅での様子を取材したところ、飼い主の友貴子さんは褒めることが出来ずに娘さんから笑顔じゃないと言われており、1週間後に多和田さんが自宅を訪ねると、友貴子さんは心配で不安になったと言うとそれは想定内で「NO」は「GOOD」を輝かせると話しており、さらにただ褒めるだけでは「GOOD」の価値が下がってしまうため、大切なのは「タイミング」と言っており、しつけの仕方を伝授していた。

スタジオの三宅裕司は取材から三週間が経過して最近のケイティの様子を友貴子さんに伺ったところ、今までと違って野菜切ってても知らんぷりでソファの下に行ってしまうことが多くて、吠えなくなったことを話すとケイティが変わったのではなく人が変わったと多和田さんが言っており、常に笑顔でいることが大切と話していた。

キーワード
盲導犬クイールの一生
クイール
NHK
台東区(東京)

エンディング (その他)
09:51~

「助けて!きわめびと」の番組宣伝。

エンディングで今回取材した友貴子さんの自宅の様子がうつり、ケイティの変化をノートにまとめて書いてある様子が見られ、家族に変化があった。

「助けて!きわめびと」ではお悩み募集中!詳細はホームページまで。

キーワード
助けて!きわめびと

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月24日 放送
  3. 次回の放送