小さな旅 「イルカと棲(す)む島〜石川県 能登島〜」

『小さな旅』(ちいさなたび)は、NHKで放送している紀行番組である。字幕放送実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月21日(土) 5:15~ 5:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
05:15~

テーマ音楽:大野雄二

オープニング映像。きょうのテーマは「イルカと棲む島 ~石川県能登島~」。

キーワード
大野雄二
石川県
能登島
イルカ

イルカと棲む島 ~石川県能登島~ (バラエティ/情報)
05:16~

石川県能登島。早朝、船が次々と港に帰ってくる。古くから漁業を生業に生きてきた。海沿いで出会った園児たちが教えてくれた方に向かうとミナミハンドウイルカの姿が。ミナミハンドウイルカは本来暖かい南の海にしかいないといわれている。

今から18年前。熊本の海にいた2頭のイルカが北上し、能登島にたどり着き、棲み着いた。波の影響を受けにくく、エサとなる小魚が豊富で、世界最北の生息域と言われている。夫婦になったイルカは、この夏2頭の赤ちゃんが生まれ、全部で15頭の群となった。

夏、能登島はイルカ観光で賑わう。イルカツアーを行うのは島で生まれ育った石田直人さん。人気は間近でイルカと一緒に泳げること。石田さんは旅館も切り盛りしている。列島改造に沸いた70年代、漁師だった親が民宿を開く。しかしバブル崩壊で島の半数の宿が休業に追いやられた。石田さんは大学に進学するが、父が突然亡くなり、島に帰ることを決める。毎朝、母と漁をする中で、イルカと出会い、宿の再建をイルカに託すことにした。

この春、イルカの調教を教える専門学校を卒業した井上愛梨さんが、イルカツアーのガイドとなった。石田さんはこれまで5人の指導を行い、若者たちの夢の後押しをしてきた。この日、イルカの群れがいたのは島の西側の入り江。イルカの動きを事前に予測して、うまく誘導するのがガイドの役目である。しかし井上さんはフィンを無くしてしまい、石田さんに怒られた。井上さんは海の生き物を守りたいと考えているが、仕事がうまく飲み込めず、夢がゆらぎ始めていた。一方の石田さんは井上さんが壁を乗り越えられるように祈っていた。

島の伝統行事の向田の火祭りが行われた。石田さんは井上さんを祭りに連れ出した。祭りのクライマックスは巨木に松明を投げ込む。「能登島を全身で感じてほしい」というのが井上さんに届けたいメッセージだった。イルカツアー休日、石田さんはイルカと泳ぐ楽しさを思い出してもらうため、井上さんを海に連れ出した。井上さんは「超楽しかった」と語った。

キーワード
石川県
能登島
イルカ
ミナミハンドウイルカ
豊さん
向田の火祭り

エンディング (その他)
05:39~

エンディング映像。

NHKオンデマンドの案内。

キーワード
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月21日 放送
  3. 次回の放送