小さな旅 子安浜哀歌(エレジー)〜横浜市〜

『小さな旅』(ちいさなたび)は、NHKで放送している紀行番組である。字幕放送実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月16日(日) 8:00~ 8:25
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。きょうの旅は神奈川県横浜市。

テーマ音楽:大野雄二

キーワード
大野雄二
横浜市(神奈川)

小さな旅 (バラエティ/情報)
08:01~

神奈川・横浜市の海岸沿いを走る首都高速横羽線、その脇は子安浜と言い小さな船溜まりがある。昭和の時代にタイムスリップしたような光景が700mに渡って続く。かつては幕府お抱えの漁場として栄えたという。

子安浜の漁師に密着した。昼過ぎに東京湾へ出て、海の底の砂地に潜むアナゴを獲る。砂地に潜むアナゴはレーダーに映らないため、長年の経験と勘だけが頼りだという。漁師は、筒を使いアナゴを獲るためのワナを作っていた。

子安浜の漁師に密着した。日の出前の東京湾へ繰り出し、前の日に仕掛けた筒を引き上げる。引き上げた筒の中からはアナゴが次々と現れ、この日とれたアナゴは100キロとまずまずの漁だった。

子安浜の定食屋に密着した。店の1番の売りは知り合いの漁師から直接仕入れる鮮度抜群のアナゴだという。店主は代々漁師の家系だが、父の代で漁ができなくなり漁師の道を諦めたという。店主は去年新横浜でやっていた寿司屋をたたみ、子安浜の実家を店にした。

子安浜の銭湯に密着した。子安浜で明治から続いている銭湯だという。昭和の中頃、近所に5軒あった銭湯は漁師町の衰退とともに次々と潰れていったという。今まで銭湯を守ってきたのは女性とその弟さんで、女性は当時見た子安浜の粋な漁師の姿が頑張る力になったという。

子安浜の銭湯に密着した。朝9時、銭湯にトラックいっぱいの材木が運ばれてきた。横浜の港で譲ってもらった廃材だという。銭湯は創業以来、薪で湯を沸かしており、譲ってもらった材木を使っていた。

キーワード
子安浜(神奈川)
アナゴ
首都高速横羽線
東京湾
新横浜

エンディング (その他)
08:24~

エンディング映像。

NHKオンデマンドによる番組配信の案内。

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 6月16日 放送
  3. 次回の放送