趣味どきっ! 幕末維新メシ 第6回「勝海舟〜思い出の浦賀“うなぎ”〜」

放送日 2018年3月15日(木) 10:15~10:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:15~

オープニング映像。

テーマ音楽:葉加瀬太郎

キーワード
葉加瀬太郎

趣味どきっ! (バラエティ/情報)
10:15~

幕末維新メシ。第6回は勝海舟の思い出の浦賀うなぎ。横須賀市を勝村政信と一緒に巡る。ペリー来航の衝撃で表に出てきたのが勝海舟。勝海舟は1823年、江戸の御家人の家に生まれる。16歳で家督を継ぎ、1853年、幕府に意見書を提出した。老中阿部正弘の目に止まり、勝は出世していく。1855年、長崎海軍伝習所に入門し、1860年に咸臨丸の館長としてアメリカに渡った。

勝村政信は勝海舟の玄孫の高山みな子さんと会った。勝海舟の歴史を教えてもらった。東叶神社では勝海舟が使用した井戸を見せてもらった。勝海舟はここで水垢離して法衣を着て山を登ったという。奥の院で座禅を組み心身を鍛えたという。

次に勝海舟行きつけのうなぎ屋に訪れた。黒船来航後、幕府は浦賀で軍艦を建造。勝海舟は浦賀に来るとここに訪れたとされている。昔は江戸前のうなぎが一級品だったという。さらにタレのために醤油とみりんが一般的にも作られるようになったという。

江戸時代に作られていたうなぎのころいりはうなぎの蒲焼を煮込み、こんにゃくに染み込ませる料理。

うなぎの蒲焼を頂いた。勝海舟が食べたものと一緒なのだという。砂糖を一切使わず醤油とみりんだけでこの味を作り出しているという。

晩年、勝海舟は要職を離れ、静かに過ごしたという。勝海舟は下戸でお菓子を食べていたという。

文京区の和菓子屋の最中が好物だった。しかし、幕府が崩壊すると店を閉めようとしていたという。しかし勝海舟が新しい世になるからまた開きなさいと言ったという。

キーワード
勝海舟
浦賀(神奈川)
うなぎ
ペリー
ペリー公園
両国公園
阿部正弘
東叶神社
うなぎのころいり
蒟蒻百珍
うなぎの蒲焼
最中
文京区(東京)

エンディング (その他)
10:38~

番組ホームページのお知らせ。

エンディング映像。

NHKテキスト 趣味どきっ!の告知。書店にない場合の問い合わせ番号と、電子版URLの表示。

EテレのPR映像。

次回の「幕末維新メシ」の宣伝。

キーワード
趣味どきっ!
NHKテキスト 趣味どきっ!
NHK出版
NHKテキスト電子版
Eテレ

宣伝 (その他)
10:39~

「マイクロフォンの魔法~人生を録音する~」の番組宣伝。

EテレのPR映像。

キーワード
Eテレ
  1. 前回の放送
  2. 3月15日 放送
  3. 次回の放送