あさイチ JAPAなび 移住者続々 富士河口湖町

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年5月8日(木) 8:15~ 9:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

井ノ原快彦と有働由美子がオープニングの挨拶。また、ゲストの原千晶と篠山輝信を紹介。

最新!コンビニ コピー機 (バラエティ/情報)
08:15~

今日はコンビニで進化しているコピー機を見ていく。日経トレンディなどでも特集されるほどで便利なサービスが増えてきている。住民基本台帳を読み取り機にかざして暗証番号を入力すると住民票を印刷することができ、一番人気のサービスは楽譜の購入。さらに自分の誕生日の新聞を印刷するサービスも有る。

最新のコンビニコピー機についてスタジオでトーク。新聞記事は一面だけでなくテレビ欄も印刷できて、井ノ原快彦と有働由美子の誕生日のテレビ欄を紹介した。有働由美子の誕生日はまだカラーと白黒が混ざっている時代だった。コンビニによって使用できるサービスなどが違い、行政サービスは一部の市区町村でできる。

キーワード
日経トレンディ

JAPAなび 富士北麓 (バラエティ/情報)
08:23~

今日は富士山が望める富士河口湖町が舞台。富士山を最も美しく見る方法を知っていると言う大山行男さんを篠山輝信らが訪ねた。大山さんの写真集は世界5ヶ国語に翻訳されているほどの人気。その中でも自慢の一枚であるダイヤモンド富士の写真を見せてもらった。篠山輝信が生でダイヤモンド富士を見たいと要求すると、大山さんは地図を取り出しダイヤモンド富士が見られるポイントを確認した。

翌朝、大山さんに教えてもらった場所に篠山らが行ってみた。そして、大山さんが日の出を予測した6時3分になったが頂上に雲がかかっていた。しかし、少し雲が晴れるとダイヤモンド富士を見ることが出来、篠山が撮影した。

篠山輝信が撮影したダイヤモンド富士の写真をスタジオで公開した。また、古野晶子がスタジオに登場し、富士北麓が住みたい町ナンバーワンに選ばれたことなどを説明した。富士山のオススメスポットやエピソードはFAXかホームページで投稿できる。ちなんでFAXは「一度は住んでみたい場所」で、「そこで何をしたいか」を募集。井ノ原快彦らが自分たちが住んでみたい場所などを話した。

今、人気の郡内織について見ていく。東京新宿などでも販売されており、郡内織が世に知られるきっかけとなったなのはお守り型のポーチだった。郡内織を使った傘の工場を篠山輝信らが訪れ、郡内織は色の違う糸を縦と横で使っていることなどを説明してもらった。

今でこそ人気の郡内織だが、つい数年前まではアジアの安い繊維に押され存亡の危機に立たされていた。5000を超える工場が倒産し、織物会社3代目の加々美琢也さんも当時は絶望していたが、このままではいけないと5年前産地復活の願いを込めて、女子大生との商品開発という前代未聞のプロジェクトを立ち上げた。協力してくれた井上綾さんは金魚の紐で織ってほしいと要求し、何度失敗しても琢也さんは挑戦し続けた。そしてついに織り方を工夫し立体感を表す手法を考えだし、日本最大のギフトショーに出展し勝負をかけた。そこで26社と契約をとるという快挙を成し遂げた。今取り組んでいるのは朱印帳で、斬新なデザインで新たなファンを作ろうとしている。

郡内織物についてスタジオでトーク。郡内織の商品がスタジオに登場し、細かいデザインを出すために0.09mmの糸を使って織っていることや傘の表面に立体感が出ていること、傘の内側も丁寧なデザインが施されていることなどを紹介した。学生とのコラボでまだ商品化はされていない。

大山さんが篠山らを案内してくれたのは青木ケ原樹海。青木ケ原樹海には光を求めて木が面白い方向に曲がったりしていた。大山さんおすすめの富士風穴に到着すると、ここからは地元のガイドとともに行くことになった。洞窟内には氷が張っており氷柱も見られ、一番奥までたどり着くと大きな氷筍も見られた。

青木ケ原樹海や富士風穴についてスタジオでトーク。樹海にポジティブなイメージを持つことが出来た、と篠山が話した。また、富士風穴の氷柱は今月いっぱいであることなども説明し、ガイドさんと一緒に入らないといけないことを話した。

西浦界わいの商店街を見ていく。ここは昭和時代の建物を再利用しており、その懐かしさが人気。ある60年続く和菓子店ではお客さんの要望を聞いているうちにメニューが52種類まで増えていた。また、履物屋さんが50年間商売していた場所ではカフェが開かれていた。

こうした昭和の建物の再利用の背景にはアキナイプロジェクトの方々の力があった。かつて西浦地区は繊維産業に携わる人達の一大繁華街だったが、時代とともに人もお店も少なくなり、空き家が問題になっていた。

オリジナルアクセサリーのお店を訪ねた。作っているのは右田沙葉さんでレトロな街の雰囲気に惚れて5年前から住んでいる。右田さんはアクセサリーのリメイクも行っており、お客さんの佐々木さんのブローチを可愛らしく装飾した。

西浦地区についてスタジオでトーク。外壁にトタンを張っている建物が何のお店か、という問題が出され、出演陣が考えた。正解はバーで、古い建物に人気が集まっていることなどを説明した。また、富士山オススメスポットやエピソード、「一度は住んでみたい場所」のちなんでFAXなども募集しており、視聴者からのメッセージを紹介した。ホームページからも応募可能。

キーワード
富士河口湖町(山梨)
富士山
ダイヤモンド富士
あさイチ
新宿(東京)
郡内織物
郡内地方(山梨)
朱印帳
青木ケ原樹海
富士風穴
アキナイプロジェクト
西浦地区(山梨)

ニュース (ニュース)
09:00~

全国の天気予報。

現在の東京市場の日経平均株価、東証株価指数、為替の値動きを伝えた。

キーワード
為替
東証株価指数
日経平均株価

JAPAなび 富士北麓 (バラエティ/情報)
09:05~

募集している、富士山オススメスポットやエピソード、「一度は住んでみたい場所」のちなんでFAXなどによる視聴者からのメッセージを紹介した。また、続いて「富士河口湖町での究極の超人レースを調べて欲しい」という視聴者からのお便りについて紹介していく。

ウルトラ トレイル・マウントフジについて見ていく。距離は富士山1周169kmで標高差累積9500m。11ヶ所で食事や仮眠を取りながら制限時間46時間で走る。 大会実行委員の福田六花さんは医師として富士河口湖町に訪れており、かつて不摂生な都会生活で太っていたのを富士山麓を走ることでダイエットできたのを他の人にも体験して欲しいとこのレースを始めた。レースでは多くの協力者がいて、地元のお母さんたちが1200食の吉田うどんをレースの人たちに振舞うなどしている。レース開始から40時間経つとレース参加者は最後の気力を振り絞って走っているが、ボランティアの方々はコース間違いがないように誘導している。このように富士北麓の人たちの支えでこのレースは成り立っていた。

ウルトラ トレイル・マウントフジについてスタジオでトーク。地域の人たちの暖かさが169キロを走りきらせてくれるんでしょうね、などと話した。続いての視聴者からの投稿は「大石女と河口男」という言葉についての内容だった。

富士河口湖町 大石を篠山が訪れ、大石女と河口男を探す。しかし、まさかの人が居ないという事態が発生した。やっと人を発見し、女性と出会うものの若い女性とは出会えなかった。捜索を続けていると、ある女性から大石女という言葉に繋がる情報をゲット。古野晶子も河口地区で河口男を探していた。

河口地区で古野晶子が河口男を探す。

篠山が大石つむぎ伝統工芸館を訪ねた。館長の広瀬初江さんにイチオシの大石女の堀内やよいさんや堀内ちかさんを紹介してもらった。90歳以上とは思えないつやつやの肌で絹100%のパフを使っていた。一方、イケメンを探し続けていた古野アナが出会った男性は神奈川県出身だった。

大石女と河口男についてスタジオでトーク。河口男については御師という人が関係しており、知性でイケメンだったと言われている事を説明し、紹介された絹のパフがスタジオに登場した。また、視聴者から寄せられた富士山オススメスポット・エピソードを紹介し、今後の投稿の地域も紹介。応募はFAXかホームページから可能。

キーワード
あさイチ
ウルトラ トレイル・マウントフジ
吉田うどん
大石(山梨)
富士河口湖町(山梨)
大石つむぎ伝統工芸館

亡き母への手紙 (バラエティ/情報)
09:21~

大石女と河口男についてスタジオでトーク。河口男については御師という人が関係しており、知性でイケメンだったと言われている事を説明し、紹介された絹のパフがスタジオに登場した。また、視聴者から寄せられた富士山オススメスポット・エピソードを紹介し、今後の投稿の地域も紹介。応募はFAXかホームページから可能。

キーワード
あさイチ
  1. 前回の放送
  2. 5月8日 放送
  3. 次回の放送