ニュース シブ5時 2019年7月22日放送回

『ニュース シブ5時』(ニュース シブごじ)は、NHK総合テレビジョンが2015年3月30日に放送を開始した、平日(月曜日から金曜日)夕方生放送の報道・情報番組である。略称・通称の『シブ5時』は、2017年4月3日から2018年3月9日まではコンプレックス編成のシリーズ名(シブ5時シリーズ)でもあり、『ニュース シブ5時』はその第2部に当たる番組でもあった。当頁では、その2017年4月3日から2018年3月9日まで放送された第1部の番組『4時も!シブ5時』についても触れる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月22日(月) 18:00~18:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
18:00~

IAEAの事務局長が死去した。事務局長は世界で唯一の被爆国・日本出身を強調し、日本の原動力の平和利用を推進し各国に訴えてきた。またこれまでイラン核合意を受け、核開発制限の取り組み検証などを指揮してきた。関係者によると去年から体調を崩し病気治療中のため、理事会に提出予定の手紙で辞任を申し出ていたとのこと。

今月17日に起きた京都アニメーションが放火された事件で、現場付近の防犯カメラに放火した男の姿が映っていた。警察は男の容体回復を待って、放火や殺人などの疑いで逮捕する方針。犯行に使った道具などは宇治市のホームセンターで購入されたもの。警察は男が本社なども狙って下見した疑いで調べている。

今年4月に旧優生保護法で不妊手術強制の人などを救済するために、1人 あたり一時金320万円を支払う法律が施行された。この一時金の申請者の内、手術を受けた明確な記録が残っていない人は一時金支給するか検討する認定審査会がきょう行われた。その結果、茨城県や北海道に住む男女22人に一時金支給する決定をした。明確な手術記録がなくても、一時金の支給認定は今回が初めてになる。厚生労働省は今後も月に1回程度、認定審査会を開くことにしている。

きょうムン・ジェイン大統領が”日本の絶対優位を克服し追い越してきたため、われわれは出来る”などと強調した。安倍首相は今回の参院選の結果を踏まえて、追加措置への警戒感を一段と強めているとみられる。

きょうアメリカのハガティ駐日大使は日本駐在を終えて、羽田空港から帰国した。ハガティ駐日大使は一昨年8月から約2年間、日本で駐日大使を務めてきた。そして今月12日にトランプ大統領がハガティ氏を来年の上院議員選挙に立候補する見通しを明かした。アメリカ大使館は今月後半に辞任すると発表した。辞任を受け、ヤング首席公使が臨時代理大使となり、今後は後任の大使人事が焦点となる。

きょうから駅内のエレベーターで”歩かずに立ち止まる”正しい乗り方を広めるキャンペーンが全国で始まった。10年以上前からこのキャンペーンは行われてきたが、反発も予想されたことから控えめな表現に留めてきた経緯があり、明確な表現で訴えるのは今回で初めて。

キーワード
IAEA
いわき市(福島)
宇治市(京都)
伏見区(京都)
アニメ会社
厚生労働省
参院本会議
旧優生保護法
ムン・ジェイン大統領
ソウル(韓国)
ハガティ駐日大使
トランプ大統領
上野駅(東京)

エンディング (その他)
18:09~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月22日 放送
  3. 次回の放送