ニュース シブ5時 新元号発表!午後4時から拡大版

『ニュース シブ5時』(ニュース シブごじ)は、NHK総合テレビジョンが2015年3月30日に放送を開始した、平日(月曜日から金曜日)夕方生放送の報道・情報番組である。略称・通称の『シブ5時』は、2017年4月3日から2018年3月9日まではコンプレックス編成のシリーズ名(シブ5時シリーズ)でもあり、『ニュース シブ5時』はその第2部に当たる番組でもあった。当頁では、その2017年4月3日から2018年3月9日まで放送された第1部の番組『4時も!シブ5時』についても触れる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月1日(月) 16:00~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

松尾らが挨拶しゲストを紹介した。新元号「令和」について浅田は「平和の和が入っていると思った」といい良いイメージを持っていることを話した。曽我は「音の響きが綺麗だと思った」とコメントした。

キーワード
令和
元号

ニュース (ニュース)
16:01~

平成の30年を振り返った。1989年1月8日、平成がスタートした。平成元年4月、消費税が初めて導入された。世界は歴史的な転換点を迎えた。東西冷戦の象徴だったベルリンの壁が崩壊した。国内の政治も激しく動いた。平成5年に細川連立政権が誕生、自民党は38年守ってきた政権の座を失った。株価は平成元年をピークに下落しバブルは崩壊した。平成20年、リーマンショックによる景気の悪化で派遣切りが相次ぎ、格差社会という言葉が生まれた。未曾有のテロ事件や少年による凶悪な事件も相次いだ。平成14年の日朝首脳会談では北朝鮮側が初めて日本人の拉致を認めた。平成3年には湾岸戦争が始まりその後、同時多発テロやイラク戦争などが起こった。日本は復興支援としてイラクに自衛隊を派遣した。安全保障政策も大きく転換し平成27年に安全保障関連法が成立した。平成24年、東京スカイツリーが完成。平成は大地震による甚大な被害が相次いだ。阪神・淡路大震災では6434人が犠牲となった。東日本大震災では世界最悪レベルの原発事故が発生、この震災での死者・行方不明者は2万2000人を超えた。被災地からスタートする東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレー、平成から新たな時代へ向かう。

新元号について、「明るい未来が見える感じがして素敵な元号」などと各地で声が挙がった。静岡・沼津ではアシカが咥えた筆で「令和」を披露。カレンダーメーカーでは記念のカレンダーづくりが始まった。書道家が元号の文字のデータを取り込み、カレンダーの台紙に重ね配置を確かめる。夕方にはテスト版ができ、17日には出荷が間違いなくできるという。英・BBCでは新元号について報道され、米・ハガティ駐日大使はツイッターで「令和」でも日米パートナーシップを強化できることを楽しみにしていますなどと英語と日本語で投稿した。

大阪・福島区にある土産物やバラエティグッズを販売する会社では新元号グッズ作りに向け作業が進められている。大事にしているポイントはいち早く商品化することという。新元号「礼和」が発表された際に社長の稲本氏は「かっこよさを感じるのでそういう商品を作りたい」と話していた。発表直後は静岡から招いた書道家の獅佑氏がそっくりな文字を作り、商品化の検討を社員で始めていた。新元号について獅佑氏は「画数の少ない綺麗な2文字が来て表現するのが難だった」とコメント。既にバッジが商品となっていて、予めバッジの案を複数用意していたとのこと。他にも3アイテムあり今日中に作ると稲本氏は話している。

新元号「令和」について曽我の解説。政府は天皇の退位が決まって以降、憲法に抵触しないよう政府の責任で新元号の選定に注意を払ってきた。安倍総理は2回に渡り天皇陛下や皇太子さまと面会したが、検討状況のみを報告し意見は求めない形を取ったと思われる。元号の事前公表には保守派などから不満も出ていたが、一連の面会を通じて皇室との意思疎通を緊密にする姿勢を示す狙いもあったとみられる。平成改元の際に会議に出席していた小泉元総理は、過去に閣僚は誰も質問しなかったと証言しており、「平成」ありきだったのではという見方も出ていた。今回は懇談会から発表までの時間を2時間に延ばし、元号の原案を6つ示した。元号が正式に変わるのは5月1日からで、ポイントとなるのは今月30日から始まる退位礼正殿の儀で、皇位継承位をつつがなく行う責任が政府にはある。将来に向け、公文書に一連の記録を残すこともポイントで、どの程度記録残されるかも鍵になる。

政府は今日、各界の代表や有識者からなる元号に関する懇談会を開き、複数の原案を示して意見を聞くなどした上で臨時閣議で新しい元号を決定した。会見で菅官房長官は「令和」は万葉集の梅の花の詩32種の序文にある「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」から引用したと説明。その後安倍首相は会見で談話を発表「令和には人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」などと決定の理由を語った。

平成の女性アスリートの活躍を振り返っていく。平成2年は柔道の谷亮子選手。人気漫画のキャラにちなんだ愛称は「やわらちゃん」。3回目のオリンピックで金メダルを獲得。結婚を経て臨んだアテネ五輪でも2連覇。北京五輪では惜しくも銅メダル。その後も伊藤みどり、岩崎恭子などの女性アスリートが大活躍。平成10年には長野五輪。モーグルで里谷多英が金メダル。シドニーでは高橋尚子が陸上女子日本初の金メダル。フィギュアスケートで日本初金メダルは荒川静香。北京ではソフトボールが金メダル。19歳でバンクーバー、初めてオリンピックの舞台に出た浅田真央のライバルはキム・ヨナ。ソチ五輪で浅田真央はフリーで自己ベストを更新。伊調馨はオリンピック4連覇を達成。2大会連続でメダルを獲得した卓球女子団体。

政府は有識者などからなる元号に関する懇談会を開き、複数の原案を示し意見を聞くなどした上で、臨時閣議で新元号を決定。菅官房長官は新元号が「令和」であると記者会見で明かし、万葉集の梅の花の歌「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」から引用したもの。「令」が元号に用いられるのは初。安倍首相は記者会見で「明日への希望とともにそれぞれの花を咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めた。」などと談話を発表した。午後1時には元号を来月1日に改める事が記載された官報が国立印刷局に張り出され、政令は公布された。

平成に入ってアスリートを見ると、変化があったのがSNS。競技のことだけでなくプライベートも発信している。大坂なおみ選手のツイッターのフォローワーは40万6000人以上。浅田真央は選手のときにSNSはやっていなかった、引退した後に始めたがメッセージを送ってくれる人がいてパワーになっていると言った。

新時代に期待する選手。浅田真央は紀平梨花選手を挙げ、「私も伊藤みどりさんを見てトリプルアクセルを受け継いでやってきた、いま日本人で試合で挑んでいる選手は紀平選手だけなので、私のバトンを受け継いでこれからも挑戦して行ってほしい」「今の時代はトリプルアクセルだけでない、私のバトンは渡したので全力疾走で行ってほしい」と言った。牛窪恵は「卓球女子が若い子がどんどん出てきて中国にも勝っている、チームプレイでみんなで戦う姿を次のオリンピックで見てみたい」と言った。また牛窪恵は「欲張りになれる人がいろんな物を手に入れられる時代になる、回りの力を借りたい時に遠慮しない人が続けていられる時代だ」と言った。

「令和」の出典となった万葉集は天皇から庶民まであらゆる階層の人の詩が詠まれている最古の和歌集である。全20巻あり、当時はひらがなもカタカナも無く漢字を使って表現している。奈良時代の終わりまで約130年の期間に渡り連続して詠まれた詩が収められている。これまでの中国の古典から万葉集を出典としたことについて山崎教授は「意外で驚いた」などとコメント。用いられた序文は天平2年の正月に大伴旅人が屋敷で梅の花を詠む宴で情景を詠んだものという。、この序文が選ばれたことについて山崎教授は「自分らしさを表現していく時代を目指そうという気持ちが込められているのでは」などとコメントした。

愛知・岡崎市にあるNPO法人「カノン」が運営する施設では、障害のある子ども達が、プロのアーティストともに「令和」の音などをイメージしてお絵かきを楽しんでいる。お絵かきを主催しているけみ芥見さんは、子供たちが書いたものにアレンジを加え作品に仕上げる。こうした絵は全国各地で展示会を開き、気に入った人にレンタルしてもらい収益を子供たちの親に寄付する取り組みをしている。けみさんは「子ども達のエネルギーをアートを変えれるものを、文化として根付かせ世界を広げたい。」などと話した。

これからの活動について浅田真央は、「今浅田真央サンクスツアーを全国で回っていて、今年の12月まで完璧に滑り切るのが今の目標」だと言った。牛窪恵は「真央さんのスケートに力づけられてきた人は多いと思う、私達も感謝を浅田さんに返したい」と言った。東京オリンピック・パラリンピックについて浅田真央は、「NHKで真央が行く!という番組をやっていて応援している」と言った。

浅田真央は印象的な出来事について、アルベールビルでの伊藤みどり、金メダルを初めて獲得した荒川静香などを挙げた。先輩らの活躍は自分もこうなりたいと思わせてくれた、と感謝を述べた。牛窪は、バンクーバーに出場した浅田真央の出場時に会社の前でテレビを見ていた、その後のソチではショートプログラムで出遅れたが諦めずに完璧な演技をこなした、と思い出を語る。曽我は長野オリンピックでの男子ジャンプを挙げ、対向車線の人と同時にガッツポーズをとった出来事を話した。誰か1人を選ぶなら、という質問に浅田真央は伊藤みどりを挙げ、平成からスケートを始めた自分にとってトリプルアクセルを自分も成功させたいと思わせてくれた、実際に一緒に滑ったこともあると話し、フィギュアスケートが強くなったのは自分のコーチ世代が作り上げてくれたおかげだとコメント。牛窪は魅せる演技が進化してきたがパワーの時代になり、どれだけやれるのか、などと話した。平成はトレーニングやITの進化によって効率化が磨かれ、年齢がある程度上がっても活躍できる役回りが出てきた。その一方で女性らしさも求められている、とコメント。

曽我が平成の政治史を振り返る。最も大きな変化をもたらしたのは小選挙区制度の導入で、起爆剤となったのは平成の前後に起きたリクルート事件と東京佐川急便事件。リクルート社から未公開株を政官財が受け取ったリクルート事件では、その後竹下首相が退陣する結果に。東京佐川急便事件では、金丸信会長が、佐川側から5億円のヤミ献金を受け取っていたとして辞職に追い込まれた。こうした事件の元凶が中選挙区制で、一つの選挙区に3~5人が当選できる制度で、同じ等から複数の候補者を擁立することが可能だった。この影響で全国で自民党の各派閥が候補者を立て合うことで、サービス合戦で多額の資金が必要だった。これを何とかするために細川内閣で導入されたのが小選挙区制度。一つの選挙区で定員を1にし、党対党での戦いにした結果2度の政権交代が起き、国民投票が政権を代える力を持っている事を実感できた一方、投票しても議席に結びつかない”死票”が課題になっていた。この影響で平成2年で約73%だった投票率は、平成29年には約53%まで低下。更に個人の資質よりも党首の人気などに候補者の当選が左右される事態を招いている。

令和のという文字について山崎教授は「平和の和であり和らぐという意味で、これまでの固い元号とは違い日本らしいあり方を表現した元号ではないか」などと語った。序文にある「鏡前の粉」は女性が鏡の前で白粉塗る場面を表現し、「梅は鏡前の粉を披き」は梅の白い花と白粉が比喩的に重ね合わされ表現されている。「珮後の香」は帯についている飾りの匂い袋で「蘭は珮後の香を薫らす」蘭の香りが帯の匂い袋の香りと重なり合っていることを示し、梅の白さと蘭の香りが対句になっているという。山崎教授は「日本の今後を考えた場合にも流動的で新しいものが入り変わっていく時代に相応しいもの」と「礼和」について語った。

ゲストの中川翔子を紹介した。令和について中川翔子は「日本語って言霊があると感じ、平成が平和になった。令和は昭和の良い部分を引き継いで国民一人一人の新しい花が咲くと思う、 私達もSNSで良いことを言っていきたい」と言った。

ご意見はHPまたは#シブ5時。FAXは03-3468-3208。

こうした中で、女性アスリートが出産後も続けられるサポートの仕組みが始まっている。日本代表選手などが利用するナショナルトレーニングセンターでは、平成25年から託児室の利用が始まっている。事前申請すれば資格を持った人が子供の面倒を見てくれるという。松本薫ら40人以上の選手が800回以上利用している。こうした背景について、日本スポーツ振興センターは「トレーニング方法が発達し活躍できる年齢が高くなった。それにより出産後も活動するアスリートが増えた」と分析。出産後も活動できるという選択肢の広がりについて、浅田は選手にとってもありがたいこと、とコメント。牛窪は、選手の姿を見て生き方を学ぶことができるし、若い選手も長くやれるようになっていくだろうと話した。曽我は、こういったサポートが一番の強化策になるだろうと話す。そういった選手らの中でも代表的なのがママでも金と北京五輪に挑んだ谷亮子。多くはアスリートが頑張らないと競技に参加できない現状があるが、フィギュアスケートの環境について浅田は「スケートリンクがないと練習ができないので、少しずつ増えてはいるが世界に比べると数がまだ少ない」と話す。牛窪も、ショッピングセンターに期間限定で設置されるリンクなど、気軽に参加することはできるが、プロに近い段階でのサポート体制はまだ弱いので地域などでやっていけると子どもたちも気軽にできるだろうと話した。

今後の選挙について、18歳選挙権の導入で、平成29年衆院選の投票率は40.49%で、教育現場では主権者教育が重要になる。またネット選挙の可能性を模索しており、政府は今年度、実証実験に2億5000万円の予算を盛り込んでいる。こうした取り組みは若者・高齢者の投票率向上に役立つと期待されている。

先月26日、東京・杉並区のアパートで保育士の女性が刃物で刺され殺害され、近くに住む同僚の男が殺人の疑いで逮捕された。警視庁は今日午後に2人が勤務する乳児院を捜索するなどして動機を調べているが、その後の調べで容疑者が事件の前に、周囲に女性に好意を抱いているとの趣旨の話をしていた事が分かった。これまでの調べで容疑者は、女性が夜勤で不在の事件前日から当日にかけて、アパートの屋根をよじ登り、ベランダから部屋に部屋に侵入したとみられている。女性には別の交際相手がいたということで、警視庁は容疑者が一方的に好意を募らせて事件を起こしたとみて調べている。容疑者は容疑を否認している。

キーワード
消費税
ベルリンの壁崩壊
細川連立政権
山一証券
自民党
ゴーン氏
日産自動車
リーマンショック
ウインドウズ95
ペ・ヨンジュン
iPhone
日朝首脳会談
アメリカ同時多発テロ事件
湾岸戦争
イラク戦争
安全保障関連法
バルセロナ五輪
長野五輪
シドニー五輪
アテネ五輪
スカイツリー
iPS細胞
阪神・淡路大震災
東京オリンピック
東京パラリンピック
皇居
令和
新元号
BBC
ハガティ駐日大使
ハガティ駐日大使ツイッター
浅草(東京)
川越(埼玉)
沼津(静岡)
港区(東京)
荒川区(東京)
アシカ
安倍総理大臣
天皇陛下
皇太子さま
小泉元総理
退位礼正殿の儀
福島区(大阪)
元号
首相官邸
谷亮子選手
元号に関する懇談会
菅官房長官
ツイッター
北京五輪
小平選手
アルベールビル五輪
伊藤美誠選手
万葉集
伊藤みどり
大坂なおみ選手
大坂なおみ選手のツイッター
岩崎恭子
アトランタ五輪
有森裕子
SNS
安倍首相
里谷多英
高橋尚子
紀平梨花選手
トリノ五輪
荒川静香
国立印刷局
伊藤みどりさん
バンクーバー五輪
キム・ヨナ選手
ロンドン五輪
カノン
吉田沙保里
ソチ五輪
リオデジャネイロ五輪
伊調馨
オリンピック
大伴旅人
福原愛
岡崎市(愛知)
石川佳純
伊藤美誠
浅田真央サンクスツアー
東京五輪・パラリンピック
太宰府
東京オリンピック・パラリンピック
アルベールビル
小選挙区制度
明治大学
荒川静香選手
リクルート事件
リクルート
正月
バンクーバー
浅田真央選手
竹下登首相
ソチ
真央が行く!
金丸信会長
佐川急便
長野オリンピック
中曽根さん
福田さん
小渕さん
平成
#シブ5時
ナショナルトレーニングセンター
松本薫
佐藤希望
三星マナミ
東京佐川急便事件
日本スポーツ振興センター
警視庁
殺人
谷亮子さん
杉並区(東京)
北京オリンピック
バンクーバーオリンピック
中京大学
関西大学

モノすごい平成 (バラエティ/情報)
17:18~

ラーメンで平成を振り返る。平成初期で環状七号線で環七ラーメン戦争が起きた。その中で人気を呼んだのがとんこつラーメンの専門店。このとんこつラーメンがきっかけにご当地ラーメンがブームになっていった。平成6年にご当地ラーメンを1か所で食べることができるラーメンテーマパークが登場した。 平成初めに人気となったご当地ラーメンは旭川ラーメンや喜多方ラーメンなどがある。新横浜ラーメン博物館の中野正博さんにご当地ラーメンが注目された理由を聞くとネットの掲示板が鍵と答えた。この時代インターネットが普及し始めた時代で、掲示板にラーメンマニアがラーメンの情報を書き込み、そこから注目を集めたという。

平成中頃はご当人ブームとなり、この店主のらーめんが好きだという風に細分化されてきた。この時代について中野正博さんは1000円未満で満足、ぼっち飯文化の広がりだと言った。牛窪恵はこの時代をマイブームの味を探し歩けた時代だと言った。

平成後期は世界の味になっていった時代。外国人観光客に聞いたアンケート調査で日本の食事に満足したものの2位がラーメンだった。ムスリムに配慮したラーメンやベジタブルラーメンなども登場した。平成27年には東京巣鴨のラーメン店がミシュランガイドで世界初の1つ星を獲得した。

特に満足した日本の食事 1:すし 2:ラーメン 3:刺身

令和のラーメンはどうなるか中野さんに聞くと逆輸入ラーメンを挙げた。その一つとしてドイツで生まれたラーメンで、麺がパスタ用のデュラム粉とピザ用の小麦粉が配合されているラーメンが日本に進出して人気になってきているという。中野さんは平成のらーめんを「たかがラーメンからされどラーメンへ」と言った。

ご意見はHPまたは#シブ5時。FAXは03-3468-3208。

キーワード
ラーメン
環七ラーメン戦争
とんこつラーメン
旭川ラーメン
喜多方ラーメン
札幌ラーメン
中野正博さん
佐野実さん
中村栄利さん
山田雄さん
河原成美さん
支那そばや
ぼっち飯
特に満足した日本の食事
日本政府観光局
ミシュランガイド
巣鴨(東京)
小麦粉
デュラム粉
令和
#シブ5時

気象情報 (ニュース)
17:30~

全国の気象情報を伝えた。

ニュース (ニュース)
17:33~

一昨年2月、クアラルンプール空港でキム・ジョンウン委員長の兄、キム・ジョンナム氏が猛毒VXで殺害された事件ではインドネシア人とベトナム人の2人の女実行犯として殺人の罪で起訴された。2人はいたずら番組への出演を頼まれジョンナム氏に近づいたなどと無罪を主張していた。マレーシアの検察は先月インドネシア人の起訴を取り下げ釈放したことに続き、ベトナム人の被告の起訴事実について殺人から傷害に変更した。裁判所は禁錮3年4ヶ月の判決を言い渡し、被告側も受け入れる考えを示した。被告の弁護士によると刑期から勾留期間が差し引かれるため、来月上旬に刑務所を出る見通しである。検察は起訴取り下げなどの理由を明らかにしていないが、政府による政治的判断があった可能性もある。マレーシア警察が国際手配している犯行指示した疑いのある北朝鮮国籍の男4人は既に帰国したとみられており、真相解明されないまま全ての司法手続きが事実上停止した。

大阪・八尾市の工場では新元号「令和」の文字が書かれたキーホルダーがレーザーで型抜きされており、今日中に店に並ぶとのこと。デザインを行った会社の社長は「キーホルダーは平成になった時に爆売れしてあやかった」とキーホルダーにした理由を話している。キーホルダーは印刷会社で紫外線で乾くという特殊な塗料を使い早く綺麗に印刷されている。レーザーでくり抜いた後は臨時に設けられたスペースで金具付けと袋に入れる作業を行っている。3社の協力によって新元号3時間後には1つ目のキーホルダーが出来たという。今日で500個ほど出荷し、関西を中心に夕方頃には店頭に並ぶ所もあるとのこと。

キーワード
キム・ジョンナム氏
キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長
クアラルンプール国際空港
マレーシア
猛毒VX
令和
元号
八尾市(大阪)
キーホルダー

モノすごい平成 (バラエティ/情報)
17:39~

NTTドコモ歴史展示スクエアではこれまでの携帯電話150台が展示されている。昭和終期にあったのは初期の携帯電話であるショルダーフォン。2.5キロもありかなりの重さ。平成に入ると手で持てる形が主流となったが平成元年でその普及率は僅か0.3%。その後2年ほどで薄く進化しポケットに入る大きさに。その後10年でどんどんサイズは小さくなり、価格が下がったこともあって平成13年で普及率60%を超えるまでに急成長。カメラなどが付いたものも登場。平成17年にスマートフォンが登場。タッチパネル式が急速に普及し、今ではモバイル端末保有者のうちスマートフォン利用者がなんと7割。最後にショルダーフォンを持って記念撮影。

この30年間に薄型テレビ、ルーズソックスなど様々な商品が登場。そうした物の変遷を博物館でたどる。劇的に変わったのは携帯電話。

平成に登場した物を企業博物館で振り返る。中川は「たまごっちがほしくてニセモノを買った」などとコメント。牛窪は「美容家電の発展がめざましくつい買っちゃう」と話した。

東芝未来科学館では電化製品の変遷をたどることが出来る。日本初の自動式電気釜、日本初のカラーテレビなどが展示。平野ノラは始めに巨大な日本初の電子レンジを発見し驚愕。国鉄の食堂車に採用され、火を使わずに温めることができたため重宝したという。平成元年、世界初のノートパソコンが誕生。インターネットの普及とともにサラリーマンの間で急速に普及。今では多くの家庭で使われているDVDプレーヤーも平成に誕生。ビデオテープが主流だったものが、家庭でもDVDによってデジタル化されたきれいな映像を見ることができるようになった。この製品の開発者である山田さんは「後世に残るものを作ろうと思って始めた」と話す。テープと違い、デジタルでは映像を止めたり戻したりすると再生できなくなることが度々起きた。「疲労困憊で顔に血の気がなかったと言われた」と苦労を語る。開発から3年、世界初のDVDプレーヤーが完成した。

中川は「画期的だった。テープでは絡まったりしていたがディスクでは傷をつけないようにとか気をつけ方も変わった」と話した。今では3~4年に1回買い換えるのが普通になっている携帯電話も、平成の間に劇的な変化を遂げた。

中川は「携帯電話がない頃、人とどうやって待ち合わせてたのかわからないくらい。すごい革命」と感動。スタジオにもこれまでに出た携帯電話のうちいくつかを持参。カメラ付きの携帯電話に中川は「デコレーションして使っていた。ブログという言葉もない時代に自撮りを載せてっていうところから人生が始まったと思っている」と話した。牛窪は平成初期に出た携帯電話を手にとって、「会社に何台かしか無い。アフター5は部長らが取り合いで、モテるからと飲み会に持っていってるんじゃないか」と思い出を語った。ショルダーフォンの重さにゲストら一同が驚く。去年発売されたスマートフォンは重さ47グラムで単三電池2本分程度の重さしかない。

菅原氏は今後も小型軽量化が進み、紙のように巻き取れるものも出てくるだろうと推測。さらに機能は増え、身体に埋め込む技術も登場するだろうという。

シブ5時バージョンアップの番組宣伝。色もセットもテーマソングも新たに生まれ変わる。

キーワード
NTTドコモ歴史展示スクエア
墨田区(東京)
ショルダーフォン
NTTドコモ
携帯電話機
スマートフォン
たまごっち
平野ノラさん
国鉄
幸区(神奈川)
菅原啓さん

気象情報 (ニュース)
17:57~

関東甲信越の気象情報を伝えた。

スポット

スクール/教育

明治大学

レジャー/交通

新横浜ラーメン博物館
皇居
NTTドコモ歴史展示スクエア
スカイツリー
東芝未来科学館

宗教

太宰府

情報/通信

IDC

政治/経済/地方自治体

首相官邸
自民党

趣味/スポーツ

日本スポーツ振興センター
  1. 前回の放送
  2. 4月1日 放送
  3. 次回の放送