ニュース シブ5時 2019年1月7日放送回

『ニュース シブ5時』(ニュース シブごじ)は、NHK総合テレビジョンが2015年3月30日に放送を開始した、平日(月曜日から金曜日)夕方生放送の報道・情報番組である。略称・通称の『シブ5時』は、2017年4月3日から2018年3月9日まではコンプレックス編成のシリーズ名(シブ5時シリーズ)でもあり、『ニュース シブ5時』はその第2部に当たる番組でもあった。当頁では、その2017年4月3日から2018年3月9日まで放送された第1部の番組『4時も!シブ5時』についても触れる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月7日(月) 18:00~18:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像が流れ、出演者が挨拶をした。

ニュース (ニュース)
18:00~

今日の東京株式市場は取り引き開始直後から全面高となり、日経平均株価は一時700円以上値上がりした。今日の日経平均株価の終値は先週末より477円1銭高い2万38円97銭となり節目の2万円を回復した。株価上昇の背景にはFRBのパウエル議長が4日に景気配慮の金融政策を進める姿勢を見せたことにある。しかし米中の貿易摩擦に不透明感がある他、外国為替市場が円高ドル安傾向となっているため、午後に売り注文も出た。市場では明日まで行われる貿易問題の次官級協議などに関心が集まっていると市場関係者は話している。

先月28日~昨日までに新幹線・特急を利用した人は1286万人余となり前年比で5%増え、9年連続で前年を上回った。JR各社は「長い休みが取りやすい曜日の並びとなったため」と分析している。航空会社によると同期間に利用した人は約334万4000人となり前年比で0.4%減少した。12月下旬と1月中旬に3連休があり利用が分散したとみられている。高速道路では同期間で交通量は1%減少、最長の渋滞は東名高速道路の大和トンネルで40.3kmで30km以上の渋滞は前年の8回から6回と減少している。

東京五輪は今年7月24日で開幕まで1年となり、競技によっては今年の世界選手権などの結果をもとに代表内定の可能性がある。JOCの竹田会長は東京五輪を見据え、「選手の環境作りに万全を尽くしてほしい」などと述べた。また去年相次いだスポーツ界の不祥事について再発防止を強調した。

原発への影響が懸念されるカルデラ火山の巨大噴火について、観測データが少ないことから発生時期などの予知は困難とされている。原子力規制庁は鹿児島・姶良カルデラなど5つの火山から巨大噴火に繋がる予兆が観測可能か今年4月から調査を行う。火山周辺の地質・岩石の状況、地殻変動の調査手法などを検討。姶良カルデラでは2021年度頃を計器設置の目処とし、噴火予兆の常時観測に繋げたいとしている。火山噴火を巡っては広島高裁が一昨年に火山噴火で火砕流が到達の可能性は小さいとは言えないとして、伊方原発3号機の停止仮処分が決定している。

ロシア極東のサハリンでは来月8日~17日に日本を含む25か国の16歳以下が参加する国際的な冬のスポーツ大会が開催される。大会開催を前にロシア各地で大会の火が灯されたトーチのリレーが行われた。リレーは島民13人が参加し、国後島の古釜布の広場をスタートとした。国際大会のトーチリレーが北方領土で行われるのは初であり、明日は色丹島、明後日は択捉島でも実施予定である。大会はIOCも後援しているため、自国の領土としてアピールする狙いがあるとされる。

日本自動車販売協会連合会によると去年1年間に国内販売された新車は527万2067台で前年比0.7%上昇で2年連続増加となった。全体の36%を占める軽自動車が牽引した形であり、普通車などは減少している。軽自動車を殆ど扱わないトヨタ、SUBARUは販売台数が減少したが日産、ホンダは上昇している。平成でみると平成2年には777万台だったのが去年には527万台と7割近くまで減少している。

キーワード
日経平均株価
東京証券取引所
東証株価指数
FRB
パウエル議長
貿易摩擦
JR
北海道新幹線
東名高速道路
大和トンネル
JOC
竹田恒和会長
東京五輪
渋谷区(東京)
原子力規制庁
鹿児島県
姶良カルデラ
洞爺カルデラ
屈斜路カルデラ
伊方原発
広島高裁
伊方町(愛媛)
北方領土
IOC
サハリン(ロシア)
国後島
色丹島
択捉島
日産自動車
日本自動車販売協会連合会
ホンダ
トヨタ自動車
SUBARU

エンディング (その他)
18:09~

本日の特集についてのお便りを読み上げエンディングを迎えた。

キーワード
キトサン
ゴキブリ

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 1月7日 放送
  3. 次回の放送