勝てない相手はいない?錦織圭 成長の軌跡? 2015年1月17日放送回

放送日 2015年1月17日(土) 22:20~23:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:20~

オープニング映像。あさってオーストラリア・メルボルンで開幕する全豪オープン。この1年で錦織圭は世界ランキングを5位まで上昇。その活躍は世界ランキング1位のバク・ジョコビッチらも賞賛していた。

キーワード
錦織圭
ノバク・ジョコビッチ
ロジャー・フェデラー
マイケル・チャン
全豪オープン
メルボルン(オーストラリア)

勝てない相手はいない~錦織圭 成長の軌跡~ (バラエティ/情報)
22:23~

世界ランキングを急激に上昇させた錦織の強さを取材。これまでメディアの取材に滅多に顔を出さないコーチのマイケル・チャンのインタビューに成功した。チャン氏は錦織のプレーについて相手のショットに対してもうまく打ち返せているなど評価した。

マイケル・チャンは錦織より小柄だったが現役時代、全仏オープンで優勝しており、その後世界ランキング2位まで上り詰めた。マイケル・チャンは「自分の長所を活かせる戦い方を見つけること、世界の頂点でも倒せると信じることが大事」などと話した。そんなマイケル・チャンが錦織圭に送った言葉を改めて述べてもらった。

錦織圭とマイケル・チャンの出会いはチャリティマッチで、チャンは出会った時から錦織圭に自信がなかったこと、またフェデラーを尊敬しているという話を延々としてきたことに驚いたと話す。錦織圭はその後、トップ10を目前に伸び悩んでいた。やがて錦織圭は自身のテニスを見失っていき、その時のことを「勝ちに行っていなかった」などと話している。そして、コーチとしてマイケル・チャンに声をかけた。

コーチとなったチャンに師事してまず変えたのは、ベースラインからのストロークを前で打つテニスに変更。チャンは「当時の錦織圭は自分の長所を十分に活かしきれていなかった」などと述べている。前で打つテニスを完成させるため、まず重視したのがジムでのトレーニング。量を今までの2倍に増やし、チャンの要求に答えるためコーチ陣も練習を考えた。またチャンはステップやグリップの修正も指示。最初は抵抗があったと話す錦織圭だが、チャンがコーチになって8ヵ月が経ち転機が訪れる。

去年8月、全米オープン開幕3日前、錦織圭は出場を躊躇していた。化膿していた足の指の手術の後が痛んでいたのだった。しかしチャンは痛みを言い訳にすることを許さなかった。チャンのその時の説得の言葉通り、この大会で錦織圭は快進撃を見せる。

テニスのビッグデータから錦織圭と対戦相手の攻防を再現すると、錦織圭がチャンの教えを確実に実践していることがわかってきた。前で打つテニスを身につけたことで体格で勝る選手に長時間でのストロークに打ち勝つことが出来た。さらに基礎トレーニングの成果も出て時間が経ってもボールのスピードが上がっていた。

日本男子初のシングルス決勝進出をかけた全米オープンで錦織圭に立ちはだかったのは世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ。難易度が高いバックハンドのダウンザラインなど、錦織圭の自信が見られるテニスが勝利を導いた。このショットこそ退屈な反復練習の成果だった。チャンは「自分への疑いがなくなればそれが自信となる」と述べている。

世界ランキングを5位にあげた錦織圭が昨シーズン最後に臨んだのがツアーファイナル。予選を勝ち抜き準決勝で当たったのはまたしてもジョコビッチだった。序盤、試合を圧倒したのはジョコビッチ。ジョコビッチは周到な作戦を練って錦織圭と対戦していた。第1セットはたった1ゲームしか取れなかった錦織圭だが、第2セットに入り錦織のストロークがジョコビッチを押し始めていた。球速が第1セットに比べて平均で3キロほど上がっていたのだった。そして第2セットを獲得した錦織圭。第3セットでブレークチャンスが来た錦織圭だが、奪取に失敗。チャンはチャンスの時ほど引くべきだ、ということを錦織圭に教えており、その通りにプレー出来ていなかった。

マイケル・チャンは「テニスは人生そのものだ」とし、「勝った時には謙虚さを、負けた時には潔さを学べば良い」などと述べた。

錦織圭の2015年はオーストラリアのブリスベンで始まった。目標は4大大会での優勝で、その初戦となる全豪オープンは最も過酷と言われる真夏の大会となる。「テニスを女性に例えると?」という質問に錦織圭は「気むずかしい女性」などと答えた。チャンの教えを胸に錦織圭が挑む大舞台が間もなく始まる。

キーワード
錦織圭
全仏オープン
ノバク・ジョコビッチ
全米オープン
ツアーファイナル
ブリスベン(オーストラリア)

エンディング (その他)
23:02~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月17日 放送