ダーウィンが来た!生きもの新伝説 最高の相棒!イヌと人

放送日 2019年5月12日(日) 19:30~20:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今回はイヌを大特集!優れた能力、頼もしい存在、イヌと人、家族のような絆「最高の相棒 イヌと人」を伝える。

キーワード
ハチ公
秋田犬

第1章 最高の相棒! 絆のヒミツ (バラエティ/情報)
19:31~

イヌと人との出会い。最新の仮説を再現ドラマで伝えた。3万年前のユーラシア大陸のどこかで、人は集団で狩猟生活を行った。しかし最大のライバルがオオカミだった。ヒトと同じ獲物を狙う間柄だった。オオカミと争う中でヒトから食べ物を奪うが、その中で、食べ物を食べることができない群れの中で孤立するオオカミがいた。オオカミは群れを離れ、ヒトの集団のそばに向かった。集落に忍び寄り、食べ残しが手に入ることを知っていたという。祈祷師がオオカミの気配を感じ追い払うが、この出会いが関係を変えることに。オオカミは姿を現し、祈祷師も興味を示すようになる。オオカミに小さな肉を分け与えることで少しずつ距離を縮めるようになったという。オオカミが近くにいることで外敵から身を守り、オオカミも確実に食べ物が手に入るようになりメリットが多かったという。

ロシアの細胞学遺伝学研究所のロシア科学アカデミーを取材。野生に近いキツネは気性が荒く、人懐っこいキツネの様子を比較。キツネが赤ちゃんを生むと穏やかな赤ちゃんが生まれ、その赤ちゃんが成長し子供 を生むと穏やかなキツネが産まれ繁殖を繰り返す。すると6世代目にはヒトを恐れず、16世代目には丸顔やしっぽが巻き上がるものもいた。現在は56世代目。ヒトの指示を理解しコミュニケーションが取れるものもいた。オオカミも同じ様なことが起こり、長い年月の間にイヌの種類が出たという。イヌの世代はユーラシア大陸で誕生し、その後イヌは全世界にひろがったという。

1万2000年前にヒトは定住生活を開始。農耕で関係が更に強くなったという。インドではイヌがヒトと農耕の中で関係を築いた様子が今も見ることが出来るという。作物を狙ってサルがやってくるという。ヒトが追い払う様子をイヌを見てイヌがサルを獲物として狙うことが追い払う様子を重なる。こうして番犬の役割を果たす。さらにもう一つ重要な役割をが牧畜で果たされる。モンゴルでは訓練の様子が今でも見れる。牧羊犬の訓練は生後2か月後から行われる。最初は人が育て、しばらくすると家畜の子供と一緒に育てる。仲間という意識を植え付ける。最大の試練は大人の家畜の洗礼。家畜が襲われたところからオオカミのニオイを嗅がせ、オオカミが敵であることを認識させる。やがて牧羊犬として活躍。人が利用しているだけではなく群れの為に働くことで喜びを得ると考えられている。それは人の為に働くことが喜びになるという。科学雑誌サイエンスではイヌは人に対して特別な絆を結ぶ能力があるという。人間の赤ちゃんとお母さんが見つめ合うとオキシトシンが分泌される。これは絆を深めるホルモン。菊水健史博士はオキシトシンが出るのはイヌだけと語る。多くの動物にとって目を見つめ合うのは敵対行動だが、イヌだけは絆を結びつけるという。

第2章は「イヌ界の超絶プロフェッショナル!」。

キーワード
ロシア
イヌ
キツネ
オオカミ
サイエンス
チンパンジー
オキシトシン
インド
モンゴル

ダーウィンが来た! (バラエティ/情報)
19:47~

町の駅に電車が到着。子供料金で電車にイヌが乗車出来る。ドイツはイヌが世界一住みやすい国だという。ドイツでは犬税があり、1匹目から120ユーロ年間かかり、2匹目から180ユーロになる。無責任の飼い主の増加を防ぐほか、飼い主のためにフンのゴミ箱など犬のために有効利用される。また飼い主の多くは学校などで勉強をして、吠えたり暴れたりする犬はいないという。

キーワード
犬税
ドイツ
イヌ

第2章 イヌ界の超絶プロフェッショナル! (バラエティ/情報)
19:49~

テーマ曲:「AMAZING FIFE」MISIA

現代ではイヌは困難な状況で助けてくれる。救助犬、カンボジアでは地雷探知犬など。イヌは抜群の嗅覚があり、匂いを感じる神経細胞が人間の40倍以上という。優れた能力を人だけではなく密漁の対象となっているゾウやサイなどにも向けられる。密猟者を捕まえる犬たちもいる。卓越した能力で4日前に逃亡した人間の追跡を行う。60キロ以上離れた場所まで川や牛の群れなどの試練を超えて試験を突破した。

キーワード
AMAZING LIFE
MISIA

マヌーるのゆうべ(本編) (演技/演奏)
19:56~

原作:まずりん

キーワード
まずりん

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月12日 放送
  3. 次回の放送