プロ野球 「巨人」対「阪神」

プロ野球(プロやきゅう)とは、野球のプロフェッショナルスポーツ(プロスポーツ)形態を指す言葉である。略さずに「プロフェッショナル野球」とも言う。対義語は「アマチュア野球(アマ野球)」である。英語では「professional baseball」と表記される。日本においては、特に日本野球機構(略称:NPB)によって統括されているリーグ(日本プロ野球)と米国、カナダで主に行われるメジャーリーグベースボール(MLB、大リーグ)を指すが、単純に「プロ野球」とのみいう場合はNPBを表す場合が多い。また、1950年代あたりまでは、職業野球と呼ばれていた(日本最初のプロ野球機構も1938年までは「日本職業野球連盟」だった)。女子野球のプロスポーツ形態については女子プロ野球と呼ばれる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月26日(土) 19:30~21:30
放送局 NHK総合

番組概要

巨人vs阪神(中継) (スポーツ)
19:30~

巨人 3-5 阪神(東京ドーム)

ここまでのハイライト。

巨人 3-5 阪神(東京ドーム)

試合前に行なわれた阿部慎之助への名球界のブレザー授与を紹介。

巨人 3-5 阪神(東京ドーム)

巨人vs阪神、今シーズンこれまでの試合をまとめた映像。

巨人 3-5 阪神(東京ドーム)

巨人 3-6 阪神(東京ドーム)

巨人 3-8 阪神(東京ドーム)

「プロ野球」の番組宣伝テロップ

巨人 4-8 阪神(東京ドーム)

ここまでのハイライト。

巨人 4-8 阪神(東京ドーム)

巨人vs阪神の試合後。

桑原謙太朗のインタビュー。桑原謙太朗は「何とか抑えれるようにという気持ちでマウンドに上がりました」「3人で切れたんで、流れきたのかなと思います」「(明日は)今日しっかり勝てたんで、明日も勝って気持ちよく帰りたいと思います」などと話した。

金本知憲監督のインタビュー。金本知憲監督は「(2回について)あの回やっぱり5点入ったんでね、みんながそれぞれ良い仕事というか自分の役割をちゃんとやってくれました」「(攻撃について)追加点が入らず嫌な空気があったんですけど、北條が何とか喰らいついてレフト線に持ってって、大山もそのあとツーベース打ってる若い力って言いますかね、ベテランの糸井の3ランと若手のダメ押しの良い形で点が取れました」などと話した。

巨人vs阪神のハイライト。

巨人vs阪神の試合後。他球場の結果を伝えた。

キーワード
巨人
阪神
東京ドーム
阿部慎之助
長嶋茂雄終身名誉監督
北條
大山
糸井

エンディング (その他)
21:29~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 8月26日 放送
  3. 次回の放送