世界ふれあい街歩き アレキパ(ペルー)

『世界ふれあい街歩き』(せかいふれあいまちあるき、英称:World Strollers)は、NHKによりテレビ放送される日本の国外紀行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年2月10日(金) 22:00~22:45
放送局 NHK総合

番組概要

アレキパ(ペルー) (バラエティ/情報)
22:00~

アレキパの6時30分の光景。バスを降りバスターミナルで一つの家族と会話をした。

街の南のバスターミナルから街の中心部を目指して歩く。通りには、食用の鳥やペット用の犬を飼育している店を見ることが出来た。

続いて歩くとリャマがいる公園を発見。公園のリャマに管理人がエサを与えようとするが、リャマはツバを吐いてきた。

アレキパの10時30分、様々な店が並ぶ中で、まじないの材料屋を発見。実際のその店を利用しているというまじないの人を訪ねると、客を相手にしているところだった。

キーワード
アレキパ(ペルー)
リャマ

インフォメーション (バラエティ/情報)
22:15~

アレキパの郷土料理を楽しめるピカンテリアの紹介。つまむの意味を持つ「ピカンテ」が由来の店で、1つのテーブルで大皿を注文し、料理を皆でつまむのが流儀となっている。ロコト・レジャーノなどの料理のほか、ピカンテリアのきっかけとなった地酒・チチャも紹介された。

キーワード
ロコト・レジェーノ
クイの丸揚げ
チチャ
アレキパ(ペルー)

アレキパ(ペルー) (バラエティ/情報)
22:18~

アレキパの正午、街の中心部の西側まで到達。白い石壁で出来た住宅地を歩いていると、1人の女性に案内され1人の女性の家を紹介してもらった。建物は500年前からあるもので、住んでいる人も家について「たくさんの物語を感じる」と話していた。

アレキパの午後1時20分、混雑している交差点でたっていた女性に混雑の理由を尋ねる。その交差点は乗り合いバスの停留所があり、昼食のためのラッシュアワーで混雑していた。街で働く人は昼食を食べた後仕事場に戻り夜まで仕事するという。

キーワード
アレキパ(ペルー)

インフォメーション (バラエティ/情報)
22:25~

アレキパの白い町並みは、スペイン人により作られた。アレキパにはここでしか取れない白い火山岩が豊富にあり、比較的に軟らかく加工しやすかったためアレキパの象徴となった。今では白い火山岩は芸術品・工芸品の材料にも使われている。

キーワード
アレキパ(ペルー)
スペイン

アレキパ(ペルー) (バラエティ/情報)
22:26~

アレキパの午後2時30分、街の中を歩いていると作業をしている人を発見。その人は市役所の仕事として街の壁にある鉢植えに花を植えており、「やりがいがある」と話していた。

街をさらに歩くと道端で商品を売っている人々を発見。その中の1つの店では、ネックレスなどのほかにアレキパ独立時に作られたお土産用のパスポートも売られていた。

アレキパ午後5時、アレキパの中心アルマス広場に到着した。

キーワード
アレキパ(ペルー)
ネックレス
アルマス広場

インフォメーション (バラエティ/情報)
22:34~

アレキパ郊外にあるユーラ温泉の紹介。温度は30℃前後とぬるめだが、鉄分が強く湯治にも最適となっている。また、効能の強さによって浴場は4つに別れている。また、源泉はアレキパ特産の炭酸飲料などにも使われている。

キーワード
アレキパ(ペルー)
ユーラ温泉(ペルー)

アレキパ(ペルー) (バラエティ/情報)
22:36~

アレキパのアルマス広場にある教会から外に出ると、民族衣装を着ている女性らを発見。女性らは昔、自分の母や祖母も作っていたという人形を作っていた。

アレキパの午後6時、アンティークショップを発見。そこにはインカ時代の機の道具などもあり、店の主人は「歴史に囲まれている幸福を感じます」と話していた。

世界ふれあい街歩きの次回予告

世界ふれあい街歩きのホームページが表示。

外に出ると日が暮れており、道路では帰宅のためにタクシーなどに相乗りして帰る街の人の姿を見ることが出来た。

キーワード
アレキパ(ペルー)
アルマス広場
世界ふれあい街歩き 番組ホームページ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月10日 放送
  3. 次回の放送