ニュースウオッチ9 2015年2月2日放送回

『ニュースウオッチ9』(読み:ニュースウォッチナイン、英語:News Watch 9)は、NHK総合テレビジョンで月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。なお、番組名は『ニュースウォッチ9』ではない。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年2月2日(月) 21:00~22:00
放送局 NHK総合

番組概要

特集 (ニュース)
21:00~

イスラム国は日本人男性の人質を殺害したとされる動画をインターネット上に公開し、今後も日本人を標的にすると脅迫している。今朝開かれた政府与党連絡会議で安倍総理は日本はテロに屈しない事を強調した。国会で安倍総理は先月の中東歴訪の際、影響への配慮をしていなかったのかと聞かれ、テロに屈しに国家としてはテロリストの思惑を配慮するような行動をとってはならないためだと述べた。

イスラム国組織の中枢に居たという元戦闘員の男への取材で、イスラム国のピラミッド型の支配体制が明らかになった。

イスラム国に人質として取られたジャーナリストの男性は一般の市民の様子を伝えるために現地を訪れていたという。彼は子どもたちに手を差し伸べ続けることを課題としていた。東日本大震災の時にも彼は石巻市を訪れ子どもたちを取材していた。今、インターネット上では彼の声を伝えていこうという取り組みが広がっている。男性の妻は一昨日、窮地にある人々の現状を伝えてきた夫を大変誇りに思うとコメントした。男性は戦争で傷ついた人達の声を伝えようと努力してきた。

オープニングトーク

事件を受け成田空港では、海外に出国する日本人に現地の治安に関する情報に注意するよう呼びかける文書を掲示し、テロリストの入国を阻止するため入国審査の確認を徹底している。丸の内にある企業の海外への進出を手助けする会社では、事件を受けて中東・アフリカ地域の企業からの問い合わせの電話が相次いでいる。文部科学省は今日、すべての日本人学校に対し児童生徒や教員の安全確保に取り組むよう通知した。

難民に対する支援を行っているNGO団体は、シリアからトルコに避難してきた難民に食料や生活物資の支援をしていたが、外務省から活動地域に退避勧告を出したことで活動の制限を余儀なくされた。

豊島区に住むハールーンさん一家の、小学二年生のアハマド君は事件がきっかけで、最近友達からイスラム教徒に差別的な言葉をかけられたという。アハマドくんは路上で生活する人達に食料などを届ける取り組みに参加している。父親のクレイシさんは今後もアハマドくんに誇りを持って活動してほしいという。

また、イスラム国組織の元幹部だった男への取材で、旧イラク軍のメンバーがイスラム国の中心を構成していることが明らかになった。またイスラム国の実質の指導者は別の人物だったという。

イスラム国は権力の空白が原因だとする。別府氏はイスラム国は旧イラク軍と過激派のカクテルだと例える人もいると述べた。保坂氏は組織を統一することに長けており、武器を使い慣れている元イラク軍の戦闘員が参加している事が、イスラム国の軍事力につながっているのではないかとした。

イスラム過激派は国境を超えて連動していることが問題である。テロが地域性・民族性を超えて拡散しており、世界に脅威をもたらしている。

日本人はイラク戦争以来イスラム過激派から敵と認識されていたことを理解しなければならない。また情報をうまく収集し、分析することが重要となる。

テロの根絶には、貧困や無政府状態が続いている地域を国際社会が、問題視することがまず重要である

キーワード
安倍首相
谷垣幹事長
山口代表
大塚政調会長代理
アブバクル・バグダディ容疑者
中井裕真広報室長
栗本一紀さん
アレッポ(シリア)
サムラ(シリア)
イスラム国
石井秀司
深津嘉成
イスラマバード 日本人学校
ジャカルタ日本人学校
丸の内(東京)
景平義文さん
難民を助ける会
クレイシ・ハールーン
豊島区(東京)
アブバクル・バグダディ

ニュース (ニュース)
21:27~

7年前に東京・秋葉原で7人が殺害され、10人が重軽傷を負った通り魔事件の最高裁判決があった。一審と二審で死刑判決を受けた被告について、最高裁判所は上告を退ける判決を言い渡して被告の死刑が確定することになった。

秋葉原通り魔事件の被害者は、毎年事件が起きた日に現場を訪れている。あの時、被害が広がるのを防げなかったことを今も悔やんでいるという。事件を明らかにしたいと思っていた所、5年前に被告から手紙が届いたという。真実を明らかにし、事件を二度と起こさせないとの言葉に期待したが、裁判の中で被告が主張したのは“ネットの掲示板を荒らされ、嫌がらせをやめてほしいという気持ち”だった。それだけの理由であのような事件を起こすのかと納得できず、被告が書いた本で母親からの厳しいしつけなどについて書かれていたが、事件の真相だと思えるようなものは見つからなかった。被告の本音を聞き出したいと手紙も書いたが、どうすれば心を開いてくれるのか一通書くのに1ヵ月以上かけたという。試行錯誤の末に書き上げたのは被告が事件に向き合うことを促す文面だった。面会しようと拘置所も訪れたが面会は拒否され、その後手紙が届いたがその文面は面会を拒否したことを詫びるもので事件には一切触れられていなかった。

秋葉原通り魔事件の被害者は判決後、事件の現場に向かった。真剣にこの刑の重みや内容をよく考えていただいて、人が生きるということと死ということを考え直してほしいと話した。

発達した低気圧の影響で、北海道の太平洋側東部ではきょうも雪や風が強く、羅臼町では記録的な大雪となった。北海道から災害派遣要請を受けた自衛隊が除雪作業などにあたった。

記録的な大雪で、羅臼町では町に通じる唯一の道路が通行止めとなり孤立状態が続いている。コンビニエンスストアでは食料品などが入荷せず、品薄状態となっている。北見ではおととい正午からきょう午後1時までに37センチの降雪を記録したため、たい積場が満杯になる可能性があるとして新たな「たい積場」も今週中にも使用を始めるという。

ウクライナ東部で続く政府軍と親ロシア派の戦闘は、2日までに住民数十人が戦闘の巻き添えになって死傷するなど、戦闘がさらに激しくなっている。双方が歩み寄る姿勢を見せない中、戦闘のさらなる激化で住民を中心に犠牲者が増え続けている。

高齢ドライバーに認知症の症状が出ていないか早期に発見するための独自の取り組みが始まった。きょうから熊本県の運転免許センターに全国で初めて看護師が配置されることになり、辞令を交付する式が行われた。警察は認知症の症状があれば免許書を自主返納してもらうなどして事故防止に繋げたいという。

先ほどの秋葉原の事件の最高裁判決のニュースで、スタジオのコメントで被害者の名前が間違っていたことのお詫びと訂正が行われた。

キーワード
櫻井龍子裁判長
秋葉原(東京)
秋葉原通り魔事件
殺人予防
羅臼町(北海道)
北見(北海道)
ウクライナ
認知症

気象情報 (ニュース)
21:43~

節分を前に八坂神社(京都市東山区)では、鬼の目をごまかし厄を払う“お化け”に仮想した芸姑たちが豆まきをして無病息災を願った。豆まきはあすも行われる。

全国の気象情報を伝えた。

キーワード
東山区(京都)
節分
豆まき

Sports9 (ニュース)
21:47~

キャンプレポート、初日は子どもたちに人気のあの選手…。

投手陣でカギを握る1人、去年のセ・リーグの最優秀選手が2年連続の開幕投手を目指し意欲的に取り組んでると伝えた。菅野智之、3年目の今シーズンは先頭になりチーム引っ張っている。菅野投手は今日はじめてブルペンに入り、フォームを確認しながら64球と調子がよく予定していた50球より多く投げた。菅野投手は「まずは開幕投手目指してやっていきたいと思います」と話した。

オリックスは今シーズンから糸井嘉男が今シーズンからキャプテンを務める。個人の目標は打率3割・ホームラン30本・盗塁30個以上を同時に達成すること。ボールの飛距離を更に伸ばそうと2日連続の居残り練習。その姿勢でチームを引っ張り19年ぶりのリーグ優勝を目指す。糸井選手は優勝しないと怒られるので、そこだけを目指して一丸となってやっていくと意気込みを語った。

日本代表の小久保監督が視察した広島のキャンプ。大瀬良大地が2日続けてブルペンに入り、小久保監督にアピール。新たに取り組む、スプリットを混じえて76球、去年の新人王に驕るとこはない。大瀬良投手はいつか代表に選んでもらえるようにしっかり頑張っていきたいと話した。

西武、6年目の菊池雄星は毎年期待されながら二桁勝利がない。2日連続の投げ込み、課題のコントロール改善のためコーチと入念にフォームを確認した。先発投手陣の柱になるため今年が勝負の年。菊池選手はいいボールはいいので、その確率を高めていければと思う、気合入ってますよと意気込みを語った。

楽天の期待のルーキー、安樂智大投手が報道陣が注目するなか初めてブルペンに入った。予定はキャッチャーを立たせたまま40球、しかし納得いかないと2球追加した。安樂選手は「ピールはもちろんしないとダメですけど焦らずにと言い聞かせてやってい行きたいなと思います」」と話した。

阪神の藤浪投手、3年連続の二桁勝利にはコントロールの精度を高めるのが課題。自主トレーニングで広島の前田投手から「ボールを離す瞬間まで余計な力を抜け」とアドバイスされ実践に取り組んでいる。藤浪選手は自分の中でいい感触のボールが何球かあったので投げれる確立というか再現性を高めれるようにしたいと話した。

今日も絶好調のDeNAの中畑監督。4番に期待している筒香嘉智にキャプテンを任せた。筒香選手が取り組んでいるのは逆方向へ打つバッティング、確実性を増すのが狙い。連日、居残りで練習しチームを引っ張る姿勢を見せている。筒香選手はずっといい成績を何年も残していたら言葉にも重みが出る、まずは自分のことをしっかりやろうと思うと話した。

今夜のキャンプリポート、最優秀選手に輝いた内川聖一について伝えた。キャンプリポート、今年のテーマは「オレの自慢」、内川選手が誰にも負けないと考えているのは?。内川選手のオレの自慢は「8年連続打率3割へ挑戦」。内川選手は唯一僕が挑戦できるものだと思うし、挑戦できる選手だと思う、誰も見たこと無い領域、空気を味わってみたいと話した。狙っているは打率だけの留まらない、子供のころからホームランを打つバッターに憧れていたとホームラン王への意欲を語った。打撃フォームの改造に取り組んでいると去年とことしのフォームの変化を解説した。開幕4番も狙ってイ・デホ選手との戦い、内川選手が4番バッターについて話した。

男子ゴルフのアメリカツアー、松山英樹選手はツアー2勝を目指して激しい首位争いを演じたと伝えた。アメリカ男子ツアー最終ラウンド、松山選手の様子を紹介、解説した。松山選手はやはり勝ちたいですし、その気持に技術がともなってくるように練習したいと話した。

キーワード
セ・リーグ
巨人
菅野智之
宮崎県
オリックス
糸井嘉男
大瀬良大地 投手
日南市(宮崎県)
小久保裕紀 監督
広島
スプリット
西武
菊池雄星 投手
楽天
安樂智大 投手
大久保博元 監督
久米島(沖縄県)
藤浪晋太郎
前田投手
阪神
宜野座(沖縄県)
DeNA
宜野村(沖縄県)
中畑清 監督
筒香嘉智 選手
ソフトバンク
内川聖一 選手
イ・デホ 選手
松山英樹
アリゾナ州(アメリカ)

エンディング (その他)
21:58~

子どもたちに伝えたメッセージなど映像を流しつつエンディング。

キーワード
後藤健二
  1. 前回の放送
  2. 2月2日 放送
  3. 次回の放送