ニュースウオッチ9 2019年5月31日放送回

『ニュースウオッチ9』(読み:ニュースウォッチナイン、英語:News Watch 9)は、NHK総合テレビジョンで月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。なお、番組名は『ニュースウォッチ9』ではない。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月31日(金) 21:00~22:00
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
21:00~

川崎市で小学生らが次々と包丁で刺された事件で、亡くなったのは、川崎市多摩区の私立カリタス小学校に通う6年生。事件3日前の5月25日に撮影された写真では、小学校の制服を着て優しくほほえんでいる。最寄りの駅から自宅まで乗せたことがあるというタクシーの運転手は「礼儀正しい子だと感じました」と話した。3歳のころから週1回、音楽教室に通い、チェロを習っていたという。

ミャンマー政府の国家顧問を務めるアウン・サン・スー・チー氏は、川崎市の路上で起きた殺傷事件で命を落とした外務省の男性の妻に対してこのほど書簡を送り、日本とミャンマーの外交を支えてきた男性の死に哀悼の意を示すとともに、その活躍に感謝の気持ちを示した。

今月28日、川崎市で小学生らが包丁で刺され19人が死傷した事件で、被害に遭った子どもたちが通う川崎市多摩区のカリタス小学校は、6月3日に再開する予定だった授業を延期し、5日に再開することになった。

川崎市でスクールバスを待っていた小学生らが次々と包丁で刺され19人が死傷した事件で、自殺した容疑者の男の自宅から、過去に海外で起きた大量殺人に関する事例などを集めた雑誌2冊が見つかっていたことが捜査関係者への取材で分かった。2冊とも発行されたのは10年以上前ということだが、古書店などで購入した可能性もあるため、警察は入手の時期など詳しい経緯を調べている。

茂木経済再生担当大臣は、川崎市で小学生ら19人が死傷した事件の容疑者が、いわゆる「ひきこもり」だった可能性を指摘したうえで、来月決定する「骨太の方針」に、ひきこもりの人たちが社会から孤立しないための支援策を盛り込む考えを示した。一方で、ひきこもりの当事者たちなどから「ひきこもりが犯罪者予備軍であるかのように伝えるのは偏見だ」とする声が上がっている。

出生届が出されずに戸籍がないまま暮らす、「無戸籍」の人を救済するため、法務省は、主な原因と指摘される民法の「嫡出推定」制度について、来月、法制審議会に見直しを諮問することになりました。制度の見直しが実現すれば、明治31年の開始以来初めてのことになる。戸籍がないまま暮らしている「無戸籍」の人たちは自分を証明する公的な書類がないため、住む場所や仕事が限られたり、パスポートが作れないといった行政サービスを十分に受けられなかったりするケースもあるなど、さまざまな不利益を被っている。法務省によると、無戸籍の人たちは、先月の時点で少なくとも全国に827人いるという。こうした人たちを救済するため法務省は、主な原因と指摘される民法の「嫡出推定」制度の見直しを来月20日に開かれる法制審議会の総会で諮問することになった。嫡出推定制度は、明治31年に始まった、子どもが生まれた時期によって父親を定める仕組みで、離婚成立前に妊娠した子どもや離婚して300日以内に生まれた子どもは前の夫の子と推定され、前の夫の戸籍に入ることになる。法務省の調査では、前の夫の戸籍に入ることを避けるために出生届を出していないケースが、全国827人のうち8割近くに上っているという。「無戸籍」の人たちなどは、これまで、制度の見直しを法務省に求めていて、見直しが実現すれば、100年以上前の制度開始以来、初めてのことになる。

民法の「懲戒権」は、国会で審議が続いている児童虐待防止法などの改正案の付則に、改正法の施行後2年をめどに見直しなどの措置を講ずることが明記され、来月中旬にも成立する見通し。これを受けて法務省は、来月20日に法務大臣の諮問機関である法制審議会の総会を開いて「懲戒権」の規定の見直しを諮問することになった。児童虐待などで実の親と暮らせない子どもを救済する「特別養子縁組」の対象年齢を、「原則15歳未満」に引き上げる民法などの改正案が、28日の衆議院本会議で賛成多数で可決され、参議院に送られた。「親権」について、法務省は夏以降、海外の制度を参考にして導入是非を検討する。

犬や猫が捨てられたり災害時にはぐれたりした時に飼い主がすぐにわかるように、マイクロチップの装着を販売業者に義務づけることなどを盛り込んだ法律の改正案が、衆議院本会議に提出されることが決まった。マイクロチップにはその犬や猫にだけ与えられた15桁の数字が記録され、専用の機械を体にかざすと数字が表示される。殺処分ゼロの取り組みのしわ寄せは、愛護団体やボランティアに及んでいるという問題も。飼い主が見つからず、預かる犬・猫は増える一方だという。マイクロチップの普及は飼い主の意識改革に繋がると専門家は語る。ボランティアに負担がかかる現状については、システムを作らないと監視もできないと話した。

南シナ海をめぐる問題や北朝鮮情勢を中心にアジア太平洋地域の安全保障上の課題を議論する国際会議がシンガポールで始まった。米中両国は会議にあわせて各国との防衛相会談も行う予定で、貿易だけでなく安全保障面でもせめぎ合う両国が外交活動を活発化させている。中国が軍事的な影響力を拡大する南シナ海をめぐる問題で、アメリカのシャナハン長官代行が、この地域での新たな戦略を打ち出す一方、中国は魏国防相が国防相としては8年ぶりに演説して中国の立場を主張するとみられ、両国がどのような姿勢を示すのかが注目される。アメリカの専門家は、中国が次に目指すのは南シナ海の制空権だと指摘。アメリカの空母を遠ざけ、制空権を握り海を支配することが中国の狙いだと話した。アメリカは軍事力ではなく、外交と経済的圧力だけがこの問題を解決できるという。

妻に先立たれた時、涙が出なかったという野村克也さん。今でもその理由を考え続けているという。野村さんは妻との思い出の場所に週に1度は訪れている。球界の名将と呼ばれてきた野村さんは、3度の日本一に輝いた。厳しい現役時代から支え続けてきたのが妻の沙知代さんだった。野村さんは、常にリードしてくれた妻に感謝した。先月出版された手記には「沙知代がいなくなって寂しいという言葉はちょっと違う気がする。やっぱり、がらんどうだな」と綴られていた。野村さんは、今でも妻が亡くなった朝のことをよく思い出すという。そして事あるごとに沙知代さんのお墓を訪ねている。手記の最後には「沙知代が生きている間に感謝の言葉を伝えられなかったことを後悔している。おい、ありがとな」と綴られている。

31日夕方、福岡市博多区の市営住宅の部屋の中と近くの路上で、親子と見られる男女3人が倒れているのが相次いで見つかりこのうち部屋で倒れていた男性が死亡し、女性1人が意識がない状態だという。この女性は、発見当初「息子が引きこもりがちで、仕事をするよう言ったところ、口論となって襲われた」と話していたということで、警察は詳しいいきさつを調べている。

韓国メディアは、2回目の米朝首脳会談に向けてアメリカとの交渉を担当した北朝鮮側の特別代表が、会談が物別れに終わった責任を問われて処刑されたと伝えた。韓国政府は、事実関係を確認できないとして慎重な見方を示している。交渉を統括していた朝鮮労働党副委員長は強制労働の処分を受け、会談に同行した委員長の妹も謹慎中だと伝えている。

北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉として、4回目となる河野外務大臣とラブロフ外相の会談が東京で行われた。両外相は来月29日に日ロ首脳会談を行うことを確認し、それに向けて、北方領土での共同経済活動の具体化を急ぐことで一致した。河野大臣は共同記者発表で「引き続き粘り強く交渉を進めていきたい」と述べた。

キーワード
川崎市(神奈川)
アウン・サン・スー・チー氏
カリタス小学校
多摩区(神奈川)
茂木経済再生担当大臣
ひきこもり
内閣府
市川(千葉)
ニュースタート事務局
無戸籍
法務省
民法
嫡出推定
山下法相
早稲田大学
懲戒権
特別養子縁組
親権
マイクロチップ
動物愛護管理法
小池知事
高知県
殺処分
帝京科学大学
南シナ海
シンガポール
シャナハン国防長官代行
魏鳳和国防相
トランプ大統領
習近平国家主席
シュライバー国防次官補
ワシントン(アメリカ)
ありがとうを言えなくて
野村沙知代
女房よ…
博多区(福岡)
朝鮮日報
米朝首脳会談
キム・ヒョクチョル特別代表
キム・ヨンチョル副委員長
キム・ヨジョン氏
北方領土問題
河野外務大臣
ラブロフ外相

気象情報 (ニュース)
21:44~

九州南部は梅雨入り。全国の天気予報を伝えた。

キーワード
梅雨
鹿児島市(鹿児島)

SPORTS (ニュース)
21:47~

大橋悠依

キーワード
大橋悠依
ジャパンオープン
  1. 前回の放送
  2. 5月31日 放送
  3. 次回の放送