ニュースウオッチ9 2019年2月13日放送回

『ニュースウオッチ9』(読み:ニュースウォッチナイン、英語:News Watch 9)は、NHK総合テレビジョンで月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。なお、番組名は『ニュースウォッチ9』ではない。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月13日(水) 21:00~22:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
21:00~

オープニング映像が流れた。

ニュース (ニュース)
21:00~

「全国骨髄バンク推進連絡協議会」の会長をつとめていた團十郎さんの息子、市川海老蔵さんさんは白血病を公表した池江選手について応援の言葉を述べていた。今井月選手もインスタグラムで応援コメントを寄せる中、日本骨髄バンクでは白血病の治療に必要な骨髄バンクの申込者が急増していた。血液中の白血球ががん化する白血病は、兄弟や家族から健康な骨髄を移植してもらう。55歳で骨髄の登録が取り消しになるので、若い登録者の確保が必要となっている。骨髄採取は3泊4日の入院が必要で、その骨髄バンクで命が救われたと前宮城県知事の浅野さんは話す。今日は赤羽駅前で「骨髄バンクドナー登録会」も行われていた。池江選手は今夜20時半に公表したTwitterで「皆様の励ましメッセージの中に骨髄バンクの登録をしたなどの言葉に希望を持たせて頂いてます。今は完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思います。引き続き、トビウオジャパンの応援、支援、そしてたくさんの様々なスポーツの応援、支援を宜しくお願い致します」などと伝えていた。

ギリシャは2010年に財政赤字に関する統計に不備が発覚し、ギリシャ国債の価格が急落したことで、統計問題財政危機に陥った。現在、日本で問題となっている毎月勤労統計調査は、名目賃金と実質賃金とでわけられる。名目賃金は給与額で、実質賃金は給与額に物価の動きを反映させたものだった。実質賃金は生活実感に近い指標だが、厚生労働省の統計では12ヶ月のうち半分が+になっていた。しかし野党が独自に集計すると1年のうち大半が-だった。結果が異なってしまったのは、一部の事業所を共通事業所として残し、残りを新しい事業所に入れ替えていた事にあるという。共通事業所については名目賃金のみを明かし、実質賃金のみ明かしていた。野党は大半がマイナスになっている統計を公表したくなかったのではと指摘している。

虐待・DV加害者の告白。20代男性は子どもと妻に毎週のように暴力をふるってきたという。およそ3年前に口げんかから妻への暴力が始まり子どもを虐待するようになった。具体的な暴力は顔をはたいたり蹴り飛ばしたり。妻と子どもは暴力が原因で家を出た。男性はその日のうちに心理カウンセラーの元を訪れた。自分も子どもを殺してしまう可能性があるのが怖いと語る。イライラした感情を子どもに向け暴力をふるった、自分の感情で手を出した。

大和総研のエコノミストの男性は毎月勤労統計に分析し企業や投資家に迎えて情報を発信している。男性は去年、毎月勤労統計のデータに疑問をもった。調査の対象を変えるまで伸び率は1%以下で推移していた。しかし調査対象を一部入れ替えると伸び率は上昇傾向に転じた。これについて国内外の投資家から問い合わせが殺到した。おかしいと思った男性は公表されていなかった実質賃金などの詳しいデータを厚生労働省に尋ねた。しかしかえってきた答えは公表の予定はないだった。海外の投資家には不信感が広がっている。外国人投資家の動向に詳しい調査会社の男性は今後日本の統計を厳しく見極める投資家かが増えるのではないかと指摘している。

男性は職場では違う一面を見せている。また普通の父親の姿も垣間見える。男性が相談した心理カウンセラーの松林さんは男性は一般的な男性、カウンセリングで幼い時に親から暴力を受けていたことを明かした、幼い頃の体験が暴力の背景と話した。これからは怒りのコントロール方法を学んでもらう。松林さんは10年前から虐待・DV加害者約200人をカウンセリングしてきた。加害者の更生の必要性を指摘する。虐待を繰り返した男性は暴力を止められない自分を責めている。加害者が変わらないと虐待は止まらない。

実質賃金などの統計のあり方について根本厚生労働大臣は、新たな検討の場を設ける考えを示した。野党は時間稼ぎだと反発している。安倍総理大臣は「勤労統計についてどうなっているんだという指示をしたことは全くない」などと述べた。衆議院予算委員会では18日に安倍総理大臣らに出席を求めて集中審議が行われる見通しとなった。

東京電力は午後8時ごろから福島第一原発2号機について会見をした。事故後、初めて堆積物に直接触れた。溶け落ちた核燃料が構造物と混じり合ったものである燃料デブリの取り出しが最大の難関であり、取り出し作業を進めるために格納容器内部の調査が進められてきた。2号機では格納容器のそこで「燃料デブリ」とみられる小石状の堆積物が見つかったが、放射線量が極めて高く人が入れないとのことである。そこで燃料デブリに触る調査が行われ、棒状の最大15メートルの長さになる器具が使われた。今回重要な”物をつかむ”行為で格納容器の底にある堆積物を狙った。調査で小石状は動かせることがわかり、知見が得られたとした。2号機では来年度後半に別の装置を使って、少量の堆積物をサンプルとして取り出す計画である。専門家は接触できたことは一歩進んだとした。燃料デブリの総量は1号機から3号機で数百トンとされている。2021年から取り出しが開始されるとしているが、廃炉までは最長40年かかるという。

池江選手が白血病と診断されたと明らかにしたことをめぐって桜田五輪相は「日本がきたいしている選手、ほんとうにがっかり」などと発言した。寺田学氏は「選手はメダルを取るためだけの駒なのか」などと述べた。桜田五輪相はお詫びをし発言を撤回した。辞任については職務を全うするつもりだと辞任は拒否した。

日産自動車の前会長の被告について、元東京地検特捜部長が弁護を担当していたが、きょう、東京地裁に被告の弁護人の辞任届を提出。また、新たな弁護人は、元厚生労働省の女性の事件など、著名な事件の裁判で無罪を勝ち取ったことがある。

韓国のムン・ヒサン国会議長が慰安婦問題をめぐり、”天皇陛下が謝罪すれば解消される”などと述べたことについて、中山泰秀氏は「日本人として非常に怒りを覚える」などとした。安倍首相は謝罪と撤回を求めるとした。これに対しムン・ヒサン国会議長は”なぜこのように大きな問題になるのか。安倍首相まで出てきたこと到底理解できない。謝罪することではない”と謝罪・撤回を拒否した。

虐待のニュースで字幕の更生という漢字が間違っていたと訂正・お詫びした。

北朝鮮が去年、核兵器5~7発分の核物質を生産した可能性があるという報告書をアメリカの専門家が発表。衛星写真の分析などから北朝鮮が原子炉を稼働させ、使用済み核燃料からプルトニウム5~8キロ取り出したとみられると指摘。高濃縮ウランも150キロ製造の可能性が高いとしている。一方で報告書では去年の米朝首脳会談の緊張緩和などで北朝鮮の脅威は大きく低下したと分析している。

キーワード
今井月選手のインスタグラム
池江璃花子選手
市川海老蔵さん
市川團十郎さん
全国骨髄バンク推進連絡協議会
骨髄移植
日本骨髄バンク
Twitter
池江璃花子選手 ツイッター
江東区(東京)
千代田区(東京)
北区(東京)
白血病
統計不正問題
毎月勤労統計調査
実質賃金
厚生労働省
野党
名目賃金
アテネ(ギリシャ)
虐待
毎月勤労統計
DV
大和総研
フィナンシャル・タイムズ
根本厚生労働大臣
笹川博義
大串博志
安倍総理大臣
福島第一原発2号機
東京電力
燃料デブリ
池江選手
桜田五輪相
寺田学
東京拘置所
東京地裁
安倍総理
ムン・ヒサン国会議長
天皇陛下
中山泰秀氏
安倍首相
ワシントン(アメリカ)
東芝エネルギーシステムズ
IRID
日産自動車
3号機
東京地検特捜部
1号機
米朝首脳会談

気象情報 (ニュース)
21:46~

全国の気象情報を伝えた。

長野県大町市の大自然の中では日本酒が熟成されている映像をスタジオで紹介。

キーワード
大町市(長野)
日本酒

SPORTS (ニュース)
21:50~

きょうから巨人は沖縄県那覇市で2次キャンプを行った。原辰徳監督は今シーズンの決意をファンに述べ、実践練習に向けて集中して調整を行った。

アリゾナでキャンプを行っている日本ハム。栗山監督は開幕戦などの先発投手を発表した。先発に選ばれた上沢直之投手は「最高のパフォーマンスを出したい」などとコメント。2戦目に選ばれた金子弌大投手は「一生懸命頑張りたい」などと意気込みを語った。

西武はセカンドの浅村栄斗選手が移籍し、ルーキー・山野辺翔選手がそのポジションを狙った。辻発彦監督が見守る中、1時間近くノックを受けた。全体練習の後には約1時間半、居残りのバッティング練習をした。猛練習で激しいポジション争いを勝ち抜こうとしている。山野辺選手は「守備、走塁、バッティング全部でアピールしたい」とコメントした。

ヤクルトでは若手選手が折れたバットを投げるという練習をしているとのことで、石井琢朗打撃コーチが考えた。ボールを打つ時のイメージで身体全体を大きく使ってまっすぐ投げるという。飛んだ距離で体幹の強さをチェックし、方向でスウィングの軌道をチェックするとのことである。バット投げが上手いのは渡邉大樹選手で、今月の練習試合で満塁ホームランを決めたという。

菊池雄星投手は大リーグでの一歩を踏み出し、背番号18のユニフォームを披露すると、チームメイトとコミュニケーションを取った。ウォーミングアップの後は守備練習でバントへの対応を確認し、全体練習の後はウェイトトレーニングを行って初日の練習を終えた。2日目からはブルペンで東急練習を行う予定である。菊池雄星投手は自分自身でルーティーンを作ることが求められると思うと話した。

去年10月に右肘の手術を受けた大谷選手は、復帰に向けて今月からバットを使った素振りにも取り組み始めた。復帰の時期についてオースマス監督は「すべてが順調に進めば5月のどこかと考えている」と話した。トミー・ジョン手術は投手の場合、復帰には1年以上かかるとされている。大谷選手は守備につかず送球もない指名打者で、早ければ7か月での復帰の見通しとなる。また、投手としてオースマス監督は「スケジュールはわかっているが教えることはできないよ」とした。

体操男子が中国との合同合宿を行った。去年の世界選手権団体で日本は3位で中国は1位であった。10日ほど前から中国で、おとといから東京で行っている。日本と中国が合同で合宿を行うのは異例で、東京オリンピックに危機感を持った日本の提案で実現した。日本からは白井健三選手・内村航平選手らが参加し、中国からは肖若騰選手らが参加した。

キーワード
原辰徳監督
読売巨人軍
那覇市(沖縄)
上沢直之投手
金子弌大投手
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹監督
アリゾナ(アメリカ)
山野辺翔選手
西武
浅村栄斗選手
辻発彦監督
日南(宮崎)
ヤクルト
石井琢朗打撃コーチ
渡邉大樹選手
菊池雄星投手
ピオリア(アメリカ)
大谷選手
オースマス監督
トミー・ジョン手術
世界選手権
東京オリンピック
白井健三選手
内村航平選手
肖若騰選手
北区(東京)
中国

エンディング (その他)
21:59~

挨拶をしてエンディングとなった。

  1. 前回の放送
  2. 2月13日 放送
  3. 次回の放送