ニュースウオッチ9 2019年1月10日放送回

『ニュースウオッチ9』(読み:ニュースウォッチナイン、英語:News Watch 9)は、NHK総合テレビジョンで月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。なお、番組名は『ニュースウォッチ9』ではない。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月10日(木) 21:00~22:00
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
21:00~

吉田沙保里さんの引退についてトーク。吉田沙保里は「感謝の気持ちを述べることができたので今はホッとしてますね」などと引退について語った。

西日本豪雨で大規模な浸水被害が発生した岡山・真備町。その被害が軽減できたかもしれないことがわかってきた。カギとなる“陸閘”が開いたままだったという。専門家が実際の浸水データを基にシミュレーションを行った。倉敷市では閉鎖を判断し作業を地元の建設業者に依頼することになっていたが明確なルールはなく、橋が地域の幹線道路のため市は閉鎖をためらっていた。市は住民からの通報後に閉鎖を決断した。陸閘を閉鎖しなかったことによる被害は全国でも相次いでいる。おととし8月には滋賀・長浜で浸水。去年9月には神戸市の住宅地が浸水した。NHKは47都道府県に陸閘の運用実態をアンケートを実施。都道府県が管理する河川に設置された陸閘は145ヵ所あり、約4割が閉鎖の具体的なルールを定めていなかったことが明らかになった。岐阜・下呂の陸閘は閉鎖時間が約5分で、去年7月の豪雨では県の指示で閉鎖を行い住宅街への被害を防ぐことができた。下呂市では川の水位が6.2mを超えると県が市に警戒態勢を取るように連絡。水位が9mに達すると陸閘を閉鎖することを決めている。毎年訓練を2回実施し緊急時に備えてきたという。

五輪3連覇などの数々の偉業を成し遂げた吉田選手、レスリングを始めたのは3歳の時、父親の栄勝さんの指導で身につけた高速タックルを武器に圧倒的な強さを誇った。その吉田選手が今日、「レスリングはやり尽くした思いが強く引退を決断した」、最も印象的なメダルは?という質問に対し「最後のリオ五輪、初めて2番目の表彰台にのぼった時に負けた人はこういう気持ちだったんだって、1番成長させてくれたんじゃないかと思い出に残ってる」、今後について聞かれると「ずっと大事にしてきた言葉夢追い人、夢を追う人でありたい、明るく笑顔で元気に頑張っていきたいと思うので、次の吉田沙保里も応援してもらえたら嬉しい」などとコメント。2016年のリオ五輪では「日本選手の主将として金メダルを取らないといけないところだったのにごめんなさい」などと涙ながらに語った。

吉田沙保里の記者会見についてトーク。なぜ今引退?という質問に対し「6月の明治杯に出ないと東京オリンピックの出場もできないので、昨年の天皇杯の時にやり尽くしたという気持ちが強くなってきて、早いうちに引退を決断しようと思ってこの時期になりました、リオ五輪では銀メダルで終わってしまったので、沢山の人に東京五輪で金メダルを取る姿を観たいと声をかけてもらったんですけど、自国開催ということで出たいという気持ちは強くて迷いながらここまで来たんですけど、やっぱり若い子たちと練習する中で若い選手の成長も感じましたし、この世界の舞台で活躍する姿っていうのも観てきたので、その子達に任せられるという気持ちも強くなって年齢の部分もありますし、体力的にもここから上がることはないので、心の部分でもやり尽くしたかなという思いが強くなった、引退の時期かなと思いました」などとコメント。オリンピック・世界選手権合わせて16連覇という前人未到の記録を打ち出した。

リオ五輪で負けて得るものがあったという話があったがどういうことか?どういう変化があったか?という質問に対し「戦う中でライバルがいて同じ階級で戦う仲間、相手がいるから競い合えるし、頑張ってこれたし、頂点を目指すために頑張ってこれた、負けた時に一番感じたのは戦う相手がいたから私は頑張れたんだと思ったり、ずっと優勝してて嬉しい、また次も頑張ろうって思いしかなかった、人の事は考えられなかった表彰台だったんですけど、初めて銀メダルで終わった時に負けた人の悔しい気持ちが分かった、そういう部分で成長できたのかなって思いました、東京五輪の前はリオ五輪で負けたら終わろうと思ってた、父が生きている時に引き際が大事だよ、勝って華がある時に終わりなさいと言ってくれた、精神的な部分もキツくなってきたので2年間悩んで出した結果」などと回答。リオ五輪の前に出場権を決めてから8ヶ月くらい試合に出なかった決断はどういう思いか?という質問に対し「北京もロンドンの前に負けたりして今回は試合に出ずにぶっつけで4連覇を狙っていこうという気持ちでした、それがちょっとダメだったかもしれない、怖いのは試合に出ても出なくても一緒、今思えば試合前に失敗しておいて見直しができたかもしれない、でも悔いはないです」、国民の期待、重圧を感じていたか?という質問に対し「沢山の方の応援で頑張ろうと思ったので期待される分頑張れた、負けたらどうなるのかという考えは連勝記録を伸ばしていく中で芽生えた、谷亮子さんの記録に追いつきますよとマスコミに言われて緊張するようになった、だが昔から負けず嫌いなので頑張れた」などと回答した。

中国を訪問したキム・ジョンウン委員長。習近平国家主席と首脳会談を行い非核化を目指す立場を堅持するとした上で、開催に向け調整中の2回目の米朝首脳会談について成果を得るため努力するなどと述べ意欲を示した。これに対し習近平国家主席は関係各国が対話通じそれぞれの懸念を解決することを支持すると述べ米朝首脳会談を支持し双方が互いに歩み寄ることに期待を示した。

厚生労働省は雇用保険・労災保険が少ない場合、さかのぼり差額を支給することで検討しているが、支給すべき額は総額で数百億円規模に上る可能性があることが政府関係者への取材で明らかになった。不適切な手法は平成16年から行われていたとみられるという。厚生労働省は支給すべき額・いきさつなどをあす公表するとしている。

レスリングをやっている子どもたちから吉田選手に質問。どんな練習をすれば強くなれる?という質問に対し「技ばっかり覚えようとしなくても体力がないと技も覚えられないと思うのでしっかり基礎のトレーニングを身に着けてから技、テクニックを身に着けていった方がいいと思います、ちびっこの時は反復練習、私たちはステップから入ってレスリングの動作、動きができるように毎回毎回積み重ねなので、それをどれだけ長く続けられるか、そこから良い技もどんどん産まれてくると思う、まずは体力トレーニング、スパーリングの方が楽しいが、腕立てとかスクワットとか地道なトレーニングを鍛えてそこからテクニックを覚えていってほしいと思います」、最近キレイなので彼氏はいるんですか?という質問に対し「彼氏はいないです」、誰と結婚するんですか?という質問に対し「、私も誰とだろうと思っている」などと回答。お父さんに対して「正月にお墓参りに行ったし、仏壇に手を合わせながら引退するということを伝えた」、今後については「指導というのはなかなか難しくて、リオが終わってから選手権コーチという感じでやってきたんですけど、なかなか叱れない、精神的な支えくらいでいいかなっていう感じです、東京五輪にもなんらかの形で関われたら嬉しいと思います」などと回答した。

徴用工問題で韓国裁判所が日本企業の資産の差し押さえを認めたことから日本政府は日韓請求権協定に基づく協議を要請。ムン・ジェイン大統領は「韓国政府が作り出した問題ではなく、不幸な歴史によって作られた問題だ、日本の政治家や指導者は政治の争点としている、日本政府はより謙虚な立場を取らなくてはいけない、どう解決していくのか両国が知恵を絞るべきだ、日本政府は韓国の司法の判決に不満を示したが韓国政府は判決を尊重しなければならない、日本政府は不満があってもそうすることもできないとの認識をもってもらわなければいけない」などとコメント、協議に応じるかは直接言及しなかった。佐藤外務副大臣はツイッターで「日韓請求権協定の手続きに基づき協議要請中なのにその回答をしないばかりかこの発言とは事実を事実として見ない発言の繰り返しだ」、自民党の岸田政調会長は「韓国政府から具体的な適切な対応は行なわれていない、大変残念だ、国際的な結束を守るべきであるということを日本政府はしっかりと訴えていかねばならない」、外務省幹部は「知恵を出し合うという意味がまったく分からない、国際法違反の状態が放置されておりもはやそういう次元の話ではない、首をかしげざるを得ない発言だ」などと批判。日本政府は韓国側の対応策取りまとめを注視することにしている。

東京都豊島区に住む松本耀平くんは今日、埼玉県の私立中学校を受験。来月上旬に第1志望の私立中学校の入試を控える耀平くんは第1志望の受験日まで小学校を休んで勉強するという。母の松本祥子さんは「行きたい中学があるのでその目標に向けて時間を使わせていただこうと、風やインフルエンザにかかる可能性もあるので配慮した、不安はあるがこの社会で生きていていくのは子どもたちなので可能性をひたすら信じて歩んでいく」などとコメント。今日、板橋区立成増小学校では6年生101人のうち27人が受験のため欠席、氣田眞由美校長は「体長を整えるということもあったり受験日が連続しているところは一気にお休みをとって備えているというお子さんがいる、受験をもちろんしないお子さんもいるし、公立中学校に意思をおもって進むお子さんも当然いる、あまり差異がないようにクラスの担任たちは配慮している」などとコメント。中学受験が本格化する2月にかけて多い時で半数以上が欠席する日もあるという。千葉県美浜区のホテルニューオータニ幕張では加湿器、空気清浄機(除菌機能付)、落ちない縁担ぎでベッドガードが付いた部屋が親子で1泊6万8千円で宿泊可能。増田泰さんは「年々親御さんの受験熱が高まっていくので万全の態勢でお客様に臨んでいただきたい」などとコメント。毎年過熱気味になる中学受験について森上教育研究所の森上展安は「大学入試が変わる、制度が変わるというのが大きい、2024年問題と言えばいいんじゃないかと思う」などと解説、2024年度の新たな大学入試を見据え中高一貫教育を求める親が増えていると分析し「自分が経験しているテストではないテストということに非常に不安が募っている、大学までの間に一貫教育を求める気持ちが強まっていると言えると思う、自分で考えて自分で行動できる子を育てたいということだからまさに入試はそれこそ育てるためにやっているので、親御さんがぜひこの機会にお子さんと一緒に経験するんだというくらいの気持ちを持ってほしい」などと語った。

ケータイ進化の歴史、それを支えた電池を紹介。リチウムイオン電池は小型、大容量、携帯電話はもちろん電気自動車や国際宇宙ステーションの主電源などあらゆる分野に使用されている。世界で初めてリチウムイオン電池を実用化したのはソニーの元技術者である西美緒、平成3年の携帯電話に使用された。きっかけはソニー創業者の1人である盛田昭夫元会長の「世の中にない世界で初めての新しい電池を作れ」という言葉だった。西さんは「ソニーがいろいろモバイル機器を作っているのに使っている電池は乾電池じゃないか、こんなのもったいなくてしょうがない、重くて」などと当時を振り返った。当時リチウムを使った電子は発火しやすいという問題があり、西さんが盛田元会長に伝えると「砂糖だって食べ過ぎたら体に毒だろ、でも誰も禁止しやしない、それと同じでしっかり使い方を守れば大丈夫、その方向でやりなさい」などと言われ「ものすごくありがたい言葉、えっ燃えるのかやめなさい」とすぐ言われるだろうと思っていたが、そこがやっぱり当時のトップは思慮深い、考えが違うなと思った」などとコメント。後押しを得た西さんは電極の素材を工夫し安全性を高め世界初の実用化にこぎつけた。リチウムイオン電池は一時、世界市場の大部分を占めたが、今は中国メーカーが台頭、富士経済によると一昨年時点で小型民生用の約6割が中国製になっていると見られている。

今リチウムイオン電池を超える新時代の蓄電池研究が進んでいる。物質・材料研究機構では全固体電池を研究。従来のリチウムイオン電池は電解質が液体だが、電解質を特殊な個体に置き換えている。自動車メーカーなどの試算によると電気自動車の場合、全固体電池はリチウムイオン電池の約2倍走行になるという。電池の寿命も伸び、日本の大手自動車メーカーでは数年以内の実用化を目指しているところもある。さらにここではもっと未来を見据えた究極の蓄電池であるリチウム空気電池の研究も進められている。まだ充電できる回数が少ないなど課題も多いが、同じ容量のリチウムイオン電池の5分の1の重さで済むという。この軽さを活かせばドローンの飛行時間も15分程度から1時間以上に伸ばせる。

キーワード
陸閘
栄勝さん
真備町(岡山)
西日本豪雨
リオ五輪
台風21号
神戸市(兵庫)
長浜(滋賀)
浸水
下呂市(岐阜)
北京(中国)
キム・ジョンウン委員長
習近平国家主席
米朝首脳会談
厚生労働省
雇用保険
労災保険
東京五輪
ムン・ジェイン(文在寅)大統領
徴用
日韓請求権協定
佐藤外務副大臣
佐藤外務副大臣のツイッター
自民党
岸田政調会長
ソウル(韓国)
板橋区立成増小学校
ホテルニューオータニ
森上教育研究所
リチウムイオン電池
国際宇宙ステーション
ソニー
盛田昭夫元会長
豊島区(東京)
板橋区(東京)
美浜区(千葉)
物質・材料研究機構
全固体電池
乳酸
リチウム空気電池
つくば市(茨城)

気象情報 (ニュース)
21:44~

全国各地のお天気を伝えた。

SPORTS (ニュース)
21:48~

巨人の丸佳浩選手が自主トレを開始。「日本一に少しでも僕が貢献できるようにしっかりと今からいい準備をしてシーズンに入っていければいい」と語り、長嶋茂雄終身名誉監督から手紙を貰ったことなどを明かした。

ヤクルトの山田哲人選手が自主トレを開始。昨シーズンはトリプルスリーを成し遂げた山田選手は4回目の偉業へさらなる高みを目指す。

ロッテの藤原恭大選手は新人合同自主トレに参加。井口監督が見守る中、5時間のハードなメニューに取り組んだ。藤原選手は「まだまだ高校生レベルなのでプロのレベルに少しでも早くいけるように意識を高く持ってやっていきたい」と語った。さらに一橋アナは長野久義選手の背番号が5番に決まったことを伝えた。

3日後に初日を迎える初場所に 進退がかかる稀勢の里。田子ノ浦親方が横綱の出場を明らかにした。きのうの一門の連合稽古では貴景勝を圧倒。稀勢の里は「ここまで順調でいい稽古をしてきた。あとは場所に臨むだけ」とコメントした。

新入幕の矢後は師匠の特別な思いとともに初場所に臨む。尾車親方が稽古で一貫して伝えているのは前に出ること。現役時代に関脇まで番付を上げながらひざのケガで幕下まで転落した尾車親方。しかし前へ出る相撲で大けがを乗り越え大関昇進を決めた。矢後もひざのケガに悩まされ、師匠が築き上げた前に出る相撲を自分の物にしようと稽古を重ね幕の内の土俵までたどり着いた。矢後は「やっと夢をこれからかなえる時なので番付をさらに上げていく、できるところまでいくのが目標」と語った。

関東学生アメリカンフットボール連盟は日大アメフト部の公式試合の出場停止処分などを来年度で解除することを承認。日大は関東大学一部の下位のリーグから再出発することになる。

キーワード
丸佳浩
巨人
長嶋茂雄終身名誉監督
山田哲人
ヤクルト
トリプルスリー
川崎(神奈川)
松山(愛媛)
ロッテ
藤原恭大
井口資仁監督
長野久義
稀勢の里
田子ノ浦親方
田子ノ浦部屋
貴景勝
矢後
九州場所
尾車部屋
尾車親方
日本大学
関東学生アメリカンフットボール連盟

エンディング (その他)
21:59~

株・為替情報のテロップ。

「ニュースウオッチ9 公式ツイッター・インスタグラム」のテロップ。

桑子アナが「クローズアップ現代+」の番組宣伝を行った。

キーワード
日経平均株価
東証株価指数
ニュースウオッチ9 インスタグラム
ニュースウオッチ9 公式ツイッター
  1. 前回の放送
  2. 1月10日 放送
  3. 次回の放送