さわやか自然百景 夏 種子島

日本各地の自然を、映像と共にナレーション解説で紹介する番組である『さわやか自然百景』(さわやかしぜんひゃっけい)は、1998年4月5日よりNHKテレビで放送されている自然紀行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年9月29日(月) 15:43~15:57
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
15:43~

オープニング映像。

夏 種子島 (バラエティ/情報)
15:44~

夏の種子島の自然を紹介した。鉄砲が伝わった場所として知られている種子島だが、その他にも大浦川の河口付近に広がるマングローブも伝わったという。マングローブを代表するメヒルギとそこに生きるノコギリガザミが紹介された。海の潮が引くとトビハゼ、ハクセンシオマネキが現れた。ハクセンシオマネキの雄は左右のハサミの大きさが異なり、メスに求愛するという。

種子島では夏に繁殖期を迎える。ソテツが生い茂る神社の境内ではメスのムラサキオカヤドカリが卵を大事に抱え満月の夜を待っていた。満月の夜メスのムラサキオカヤドカリは自分は泳げないため波打ち際ギリギリまで向かい、卵を落としていった。一方アカウミガメも別の砂浜で産卵を行なっていた。また春に産み落とされていた別の卵が孵化する様子が伝えられた。子ガメはスナガニに狙われることもあるという。種子島には生き物たちが力強く生きる姿があった。

キーワード
種子島(鹿児島)
大浦川
ノコギリガザミ
トビハゼ
ハクセンシオマネキ
マングローブ
メヒルギ
ムラサキオカヤドカリ
スナガニ
アカウミガメ
ソテツ

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月29日 放送
  3. 次回の放送