さわやか自然百景 東京 青梅の丘陵

『さわやか自然百景』(さわやかしぜんひゃっけい)は、1998年4月5日よりNHKテレビで放送されている自然紀行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月29日(日) 7:45~ 8:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
07:45~

オープニング映像。(テーマ音楽:杉本竜一)

キーワード
杉本竜一

さわやか自然百景 (バラエティ/情報)
07:46~

札幌・北海道大学。人の手で作られたキャンパスは自然の宝庫。建物が立ち並ぶ学内ではたくさんの木々がみられる。ハルニレの樹齢は推定200年。大学の歴史をずっと見守ってきた。4月、キャンパスに春の訪れを告げる花が咲く。キバナノアマナ、アズマイチゲ、エゾエンゴサクなど、校内は一面美しい花々に覆われる。暖かさが増すとともに活発に動き出す動物たち。水辺には色鮮やかなオシドリが姿を現し、子育てが始まる。大都市の中心でたくましく命をつなぐ生き物たちの姿があった。

青梅の丘陵からは、東京郊外の町並みを見下ろすことができる。丘陵はアカマツなどからなる雑木林に覆われており、キビタキなどの小動物が見られる。夜になると、アカマツの根本ではハルゼミの幼虫が動いているのが確認できた。

青梅の丘陵地帯に点在する谷戸は、水の侵食によって作られた谷間で、元は湿地だった。だが、今は湿地に戻っていっているという。水辺には、トウキョウサンショウウオなどが確認できた。また、谷戸の湿地に生えているハンノキには、ミドリシジミという蝶の幼虫も生息していた。青梅の丘陵には、たくさんの小さな生命が息づいていた。

キーワード
札幌(北海道)
北海道大学
エゾリス
オシドリ
ホクダイコハナバチ
ハルニレ
キバナノアマナ
アズマイチゲ
エゾエンゴサク
エゾオオマルハナバチ
ビロウドツリアブ
谷戸
玉川
荒川
青梅(東京)
キビタキ
オオルリ
エナガ
ハルゼミ
アカマツ
トウキョウサンショウウオ
ヤマアカガエル
ミドリシジミ
ハンノキ
シオヤトンボ
アサヒナカワトンボ
サラサヤンマ
モートンイトトンボ
ノコギリクワガタ
ヨツボシケシキスイ
カブトムシ
ゲンジボタル
ヤマボウシ

エンディング (その他)
07:58~

エンディング映像。(NHKオンデマンドで配信)

キーワード
NHKオンデマンド

番組宣伝 (その他)
07:59~

今夜放送の「ダーウィンが来た!」、「西郷どん」、「NHKスペシャル」、「Why?強くなった?卓球ニッポン」の番組宣伝。

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 7月29日 放送
  3. 次回の放送