さわやか自然百景 千葉 外房 いすみの海

『さわやか自然百景』(さわやかしぜんひゃっけい)は、1998年4月5日よりNHKテレビで放送されている自然紀行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年2月16日(木) 15:45~16:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
15:45~

千葉・いすみ市の海は黒潮と親潮がぶつかり合う岩礁が広がる。海底には伊勢海老や真ダコなどいろんな生物がやってくる。そんないすみの海を紹介する。

キーワード
千葉

千葉 外房 いすみの海 (バラエティ/情報)
15:46~

千葉・いすみ市の太東崎は泥岩と呼ばれる柔らかい地層で出来ている。この泥岩で出来た岩礁は沖合20kmにわたり続いている。この海は親潮と黒潮がぶつかり合う場所で人が入るには海流が激しく危険な場所。海中にはカジメが海中林を作っている。12月、海中林には500種類の生き物が暮らしていた。この海は水温が高いため、南の海の魚も生き延びられるほか、アカウミガメも住み着いている。

夜になると、マダカアワビやサザエなどが活動する。イセエビも夜になると住処の岩礁から動き始めてエサを取る。また、ニオガイは泥岩に穴を開けて生活している。

1月、親潮に乗ってマダコの大群がやってきた。イセエビを狙うとマダコと、そのマダコを狙うウツボ。マダコは泥岩の隙間に入っていたことでウツボの脅威から身を守った。

砂浜にはこの時期、寿命を終えたカジメが打ち上がる。一方、海中では新たなカジメが生まれていた。カジメは数年かけて海中林へと育っていく。

NHKオンデマンドで配信します ご案内はdボタンで

キーワード
いすみ市(千葉)
太東崎
九十九里浜
ムツ
アミ
オキタナゴ
カンパチ
ツノダシ
アカウミガメ
カジメ
マダカアワビ
サザエ
イセエビ
ニオガイ
マダコ
ウツボ
NHKオンデマンド
dボタン

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月16日 放送
  3. 次回の放送