国会中継 衆議院TPP特別委員会質疑

国会中継(こっかいちゅうけい)は、日本の国会の会期期間中に随時放送される中継番組であり、現在では、通常はNHKの総合テレビとラジオ第1で「国会中継」のタイトルで放送されているテレビ番組・ラジオ番組を指す。ただし、過去にはNHK以外の放送局が委員会審議を中継した例もある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年4月7日(木) 9:00~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

衆議院TPP特別委員会質疑 (ニュース)
09:00~

TPPに関する衆議院の特別委員会の模様を伝える。委員長は西川公也。自由民主党の宮腰光寛による質問。宮腰議員はTPPの意義、国内政策への決意などを聞き、安倍総理が「世界GDPの4割の市場が視野に入る」などと説明した。

宮腰議員がTPP交渉の経緯について振り返り、どのような感想を持つか安倍総理に質問。安倍総理も経緯を振り返り「厳しい交渉の中において、国益に叶う最善の結果を得る事ができると考える」などと述べた。

宮腰議員は今回の交渉結果について「ギリギリのところで国会決議を守りぬいたと言えると考える」などと述べて見解を聞いた。安倍総理は「我が国は重要5品目を中心に約2割の関税撤廃の例外を確保した」など交渉結果について述べ、「引き続き万全の政策をきす」と具体案を説明した。

宮腰議員は重要五品目の米について解説し、「米に関しては生産調整の見直しを確実に実施する事が重要で、備蓄米の買い上げと合わせて影響は遮断できると考える」などと述べて見解を聞いた。森山裕農林水産大臣は「備蓄米を買い上げる事で影響を遮断できると考える」などと延べ、具体策を説明した。

宮腰議員は重要五品目の麦について解説し、麦のマークアップの減少分について、確実に毎年の予算で確保する事になるか?と質問。森山大臣は政府全体で毎年の予算編成で確保する事になっているなどと答弁した。

宮腰議員は重要五品目の乳製品・砂糖について、影響をどのようにみているか?と質問。森山大臣が影響について述べ、経営安定対策などを説明した。

宮腰議員は重要五品目の牛肉・豚肉について、EPA協定の欧州産牛肉による国産牛肉への影響の度合い、豚肉のTPP差額関税の従量制を引き下げた場合の影響見通しなどを質問。森山大臣が政策大綱決定の際、豚肉などについて法制化した上で、補填割合を引き上げるなどの充実を図ることにしている、などと説明した。

宮腰議員は今回のTPPによる農林水産物への影響資産について、現場の不安解消のために楽観した試算を行ったのか、合理性のある試算なのかを質問。森山大臣は客観的データを用いた合理的試算と考える、などと答弁した。

宮腰議員はTPPの経済効果について、政府試算は経済効果の試算として適切か?と質問。石原伸晃経済再生担当大臣は、交渉結果を踏まえて分析した結果である、などと答弁した。

宮腰議員は貿易と投資の国際中核拠点に向けた取り組みについて、TPPはどのような役割を果たすのかを質問。石原大臣は、主要国はFTAのカバー率が低いが、TPPの枠組みに入る事で国際中核拠点を作る事が重要である、などと答弁した。また宮腰は海外進出に踏みきれなかった中小企業への後押しをどう行うのか質問。石原大臣は、日本にいながらも中小企業の海外転換は広がるなどと述べ、具体案を説明した。

宮腰議員は食の安全について、TPPには残留農薬や食品添加物の基準などで、我が国が制度変更を求められる規定はないと述べ、説明を求めた。塩崎恭久厚生労働大臣は厚生労働省として、TPPによって基準を変更するものではなく、食の安全は確保される、などと答弁した。

宮腰議員はアメリカの協定の承認の懸念について質問。安倍総理は12カ国で交渉を積み上げて最終的に決まったものであり、その1つを取り出して交渉をする事はありえない、などと答弁した。

自由民主党の福井照による質問。福井議員は歴史に立った上でのTPPへの見解を質問。石原伸晃経済再生担当大臣は、我が国はFTAカバー率は低いが、TPP発効により割合は増える、などと答弁した。

福井議員は「TPPの交渉の基盤になったのは国際信義だが、その基本は約束を守る事である」などと述べ、交渉経緯について政府が情報を提示しない事に理解を示した。石原大臣は交渉段階の情報は一定の制約があるが、合意内容は出ているものが全て、などと答弁した。

福井議員は内閣官房内閣審議官に、情報は全て開示しているかと確認。内閣官房内閣審議官は全て公表されている、などと答弁した。

福井議員は「TPPにまつわる懸念は杞憂だったのでは?」というパネルを出し、「食の安全」「国民皆保険」などについて、誤解や国民の不安を払拭するよう求めた。石原大臣はこれからも説明することが重要と考える、などと述べた。

福井議員はTPPについて国民的理解を進んでいないなどと述べ、今後国民にどのような語りかけをするかと質問。安倍総理は分かりやすく丁寧な質問を心がけたい、などと述べ、具体策を説明した。

自由民主党の鈴木馨祐による質問。鈴木議員は3月の核セキュリティサミット訪米時での、オバマ大統領との会談でTPPについてやり取りがあったのか?と質問。安倍総理はTPP協定早期発効実現のために努力を続ける事などで一致した、などと答弁した。

鈴木議員は米大統領候補者からTPPに懸念を抱く発言が多いと指摘し、今後のアメリカ議会での承認プロセスの見通しなどについて質問。安倍総理は米政府はTPPの早期発効を目指していると認識している、などと述べた。

鈴木議員は外交戦略上のTPPが果たしていく意味を質問。安倍総理は21世紀にふさわしい国際秩序を誰が作っていくかという問題でもあり、地域の反映、平和につながっていく、などと述べた。

鈴木議員はTPPの今後の拡大について質問。安倍総理は、同じ価値観の国と築き上げたルールだが、TPPの基準を満たして参加する事は大歓迎、などと答弁した。

鈴木議員は日本の企業にとってのメリットという意味で、どのようなルール策定が行われたか?と質問。石原伸晃経済再生担当大臣は、通関手続きの簡素化などは、日本企業の海外進出を後押しする、などと説明した。

鈴木議員は日本企業に関する法的な予見可能性を担保できるような制度が、TPPの中でどのように組み込まれているか?と質問。石原大臣は予見可能性や法的安定性は、TPPの投資の章に明確に記述されている、などと答弁した。

鈴木議員は現在留保と将来留保のそれぞれの対象分野を質問。石原伸晃はそれぞれの留保について解説し、対象分野などについて説明した。

鈴木議員はTPPの交渉内容が提示されたが、秘密保護の契約内容について説明を求めた。内閣官房内閣審議官は交渉に関する文書については、一定期間秘密扱いとする内容があるなどと説明した。

鈴木議員はEPA審議でどのような交渉経緯についての情報提供をしてきたかと質問。岸田文雄外務大臣は、成果である条文に至るまでの相手国とのやりとりは、相手との信頼関係などを勘案し、明らかにしないのが通例、などと答弁した。

公明党の上田勇による質問。上田議員はTPP締結の意義について安倍総理に質問。安倍総理は、普遍的価値を共有する国々と新たな経済圏を作ることで、GDPを押し上げる効果があり、ルールにより中小企業にもチャンスができる、などと答弁した。

上田議員は「TPPで期待される主なメリット」というパネルを出し、GDP、雇用が増え、中堅・中小企業には新たなビジネスチャンスが生まれ、農林水産輸出の市場アクセスが改善されるなどと、TPPによるメリットを解説。上田議員は国民的メリットを安倍総理に質問し、イノベーションにより国民的利便性が高まる、などと答弁した。

上田議員は中小企業に対する事業戦略支援の取り組みについて質問。林幹雄経済産業大臣は、支援対策企業のニーズに応える必要があり、相談窓口の設置、説明会の開催などを行っている、などと具体策を説明した。

上田議員はTPPの完全累積制度の効果、自己証明制度の仕組みについての対応策を質問。林大臣は事業者向けセミナーの実施などで相談体制整備を行っている、などと答弁した。

上田議員はTPPにおける模倣品、海賊版対策について質問。石原伸晃経済再生担当大臣は、地域、関係省庁が連携して対策の実効性を一層確保する、などと答弁したし。

上田議員は「TPP関連の主な農林水産対策」というパネルを出し、牛肉・豚肉など重要五品目の対策を解説。上田議員は再生可能な農業が十分維持できるという認識があるか?と質問。森山裕農林水産大臣は、政府備蓄米の運用見直しなど経営安定対策の充実策を講じる事としている、などと具体策を説明した。

上田議員は牛・豚肉マルキン制度の見直しと効果について質問。齋藤健農林水産副大臣はマルキン制度の充実により、関税削減による畜産農家の当面の懸念と不安を払拭していく、などと答弁した。

上田議員は食の安全・安心の制度の体制強化具体策を聞いた。塩崎恭久厚生労働大臣は、検疫所の職員の資質向上、職員確保、検査体制強化などを行う、と答弁した。

上田議員は加工食品の原料原産地表示の拡大についての今後の方針を質問。松本文明内閣府副大臣は、具体的にどこまで広げるか、実行可能性をどう担保するかは、検討会で議論した上で、事業者の実行可能性に留意しつつ、具体的な方向を出していいきたい、などと答弁した。

上田議員は日本農業の将来ビジョンについて質問。森山農林水産大臣は奈良・郡上市の柿農家などの取り組みなどを紹介したが、国会中継が終了した。

キーワード
TPP
備蓄米
バター
砂糖
牛肉
豚肉
FTA
食品添加物
国民皆保険
ISDS
著作権
核セキュリティサミット
オバマ大統領
留保
EPA
知的財産権
海賊版
マルキン事業

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月7日 放送
  3. 次回の放送