国会中継 2015年1月28日放送回

国会中継(こっかいちゅうけい)は、日本の国会の会期期間中に随時放送される中継番組であり、現在では、通常はNHK(日本放送協会)の総合テレビとラジオ第1で「国会中継」のタイトルで放送されているテレビ番組・ラジオ番組と、株式会社ドワンゴのニコニコ生放送でNHKと同一タイトルでライブストリーミング配信しているインターネット番組を指す。ただし、過去にはNHK以外の放送局が委員会審議を中継した例もある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年1月28日(水) 10:00~11:25
放送局 NHK総合

番組概要

国会中継 (ニュース)
10:00~

まだ国民の指示を受けているとは言いがたい状況である、民主党が再生できるように全力を尽くしていく、民主党は結党時の原点に戻り党活動、確立案に取り組み地域主権改革など大胆な改革に取り組む。多様性を認めつつ全ての人に居場所と出番のある社会を作る、憲法の基本精神を具現化することに力を注ぐと延べた。

イスラム国の事案について許されることではない、民主党としても政府の外交努力を後押ししたい、西洋とは異なった価値観をもち、唯一の被爆国として抱えている平和主義を好意的に受けて留めている国は少なくないと延べ、積極的平和主義や首相談話、核廃絶についてどう考えているか質問した。

広島の土砂災害や御嶽山の噴火など自然災害に対するマニュアルの見直しや改正、国土強じん化など災害に対する決意についての質問、東日本大震災の復興について超党派で復興をしなければならない、震災の被災者の復興を支援の中で福島を視察しない大臣の抜擢について驚いたと地方と都市の今後の人口の違いや雇用問題についてなど格差問題についてどう考えているのか、交付金について過去の反省は活かされているのかと質問した。

社会保障の支出が高齢者に厚く子育ての格差について余力のある人が余力のない人を支えるべき、17歳の貧困について過去最悪を更新したことについて貧困脱却に向けた経済支援には早急な対策が必要、世紀雇用と非正規雇用の年収の格差について正社員と均等待遇がないまま派遣労働者を増やす法案を提出した、民主党は全ての人に出番が有る世の中を作りたいと最後に延べた。

安倍総理は政権発足以来中東を来訪し好意的に受け入れられている、村山談話については正しい歴史認識を引き継いでいる、核軍縮や不拡散について積極的に取り組むのがわが国の使命、核兵器のない世界の為に積極的に取り組みたい。国民や財産を守るには関係者が全て災害に備えなければいけない、阪神淡路大震災の追悼式典については10周年の式典同様防災担当大臣が出席したこと、東日本大震災の復興については最重要課題である、地方と都市の格差についてやる気溢れる地方に対して全力で支援したい、こどもの貧困についても教育費負担の言及や奨学金の拡充、貧困の指標の改善を行うこと、非正規雇用の問題については自ら派遣労働者として働くことを選択している労働者に対して拡充を図ると延べた。

イスラム国の人質の拘束政府には人質の早期解放に向けて全力を尽くしてほしい与党としてバックアップしていく、テロ根絶に向けて取り組みを強化しなければならない、またテロ根絶に向けてどう考えているのかと質問、財政について物価や賃上げについてどう考えているのか地方が元気になるにはどうすればいいのかと質問した。

地方交付税や所得税などの税率の見直しについて地方の声にも応える画期的な政策だと思うとコメント子化が進んでおり、雇用の問題が関係しているがその問題についてどう解決するのか、地方において安定した雇用を生み出すにはどうしていくのか、来年の防災会議への安倍総理の意気込みはどうかなどの質問が挙がった。

安倍総理はテロに対して「強く非難する世界でテロのk当為は増大しているので国際社会と緊密に連携する」、財政について法的債務があり非常に厳しい状況だが国民の期待を裏切らないように経済政策を行っていく、若い世代の結婚について適格に政策を展開したい、雇用政策については知れ目のない支援やワークライフバランスを見極めたい、防災について国土強じん化は大事な課題、災害時の情報伝達の強化など国民の命を守るため今後とも災害に強い国を作りたい、防災会議について防災先進国として経験などを世界と共有したいと述べた。

麻生副総理は雇用や所得環境が改善され景気回復が見込まれている、平成27年度についてデフレ脱却を確実に見込んでいる、雇用環境の改善などの好循環を進展させたい、と延べた。

宮沢経産相はアベノミクスの恩恵を全国津々浦々に浸透させる為に支援体制を全国に装備してあらゆる政策を総動員する必要がある、事業者からの相談やアドバイスをする相談所を設置して対応したとコメントした。

石破地方創生大臣は創生の為には現場の声を活かすことが大事、地方創生を規制緩和により実現し新たな地方を構成しようと努力する地域を支援する、全ての自治体を支援するのは困難だが多くの自治体からの意見を吸収して活かしたいとコメントした。

自公政権の経済政策のアベノミクスを推進し、その効果を中小企業や家計に伝えていくのが目標、イスラム国について人質の解放の為に政府には全力を尽くして欲しい、唯一の被爆国として核の非拡散や核の非人道性を後世に伝えなければいけない、地域で解決するローカル経済を行うことで地域の活性化を図りたい、地方自治体と連携をとりながら活性化を図らなければならない、今後は財政健全化をどうすすめていくのかなどと質問した。

邦人テロ事件について言語道断の暴挙で、テロに屈することはなく早期解放に向けて全力を尽くしている。核廃絶について非拡散に取り組むのは日本の義務、日本で開催された会議で被爆の悲惨さを国際社会に訴えていく、持続可能な開発目標についてだれもが恩恵を受けるということが反映されるのが目標、地域経済の活性化について各自治体の取り組みは国が支援するなどして地域経済の発展を支援したい、地方創生について人が生きがいをもって住める、ここですんでよかったと思ってもらうために雇用を生み出す、各地方の自由な発想に基づく支援をしたいと延べた。

麻生副総理は財政健全化について経済再生化と両立を目指し、目標を達成するための財政健全化計画について目標を夏までに作成すると延べた。

石破地方創生大臣は地方創生の交付金について地方の事業の支援する交付金であり、地方における継続的な事業の実施を目指す自主性や地域性、将来性など自由に地方創生の取り組みを行ってもらうことが重要、生活支援型交付金について、各自治体が自由に商品券の発行など地域のニーズに見合った商品券などを発行でき、きめ細かな対応をしていきたいとコメントした。

キーワード
国土強靭化
村山談話
阪神淡路大震災
東日本大震災
イスラム国
地方交付税
所得税
アベノミクス
地方創生
  1. 前回の放送
  2. 1月28日 放送
  3. 次回の放送