国会中継 「衆議院予算委員会質疑」 〜衆議院第1委員室から中継〜

国会中継(こっかいちゅうけい)は、日本の国会の会期期間中に随時放送される中継番組であり、現在では、通常はNHK(日本放送協会)の総合テレビとラジオ第1で「国会中継」のタイトルで放送されているテレビ番組・ラジオ番組と、株式会社ドワンゴのニコニコ生放送でNHKと同一タイトルでライブストリーミング配信しているインターネット番組を指す。ただし、過去にはNHK以外の放送局が委員会審議を中継した例もある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月8日(金) 9:00~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

衆議院 予算委員会質疑 (ニュース)
09:00~

自由民主党・岸田文雄議員による質疑。厚労省の不正統計問題について、公務員の意識改革の必要性を訴え、根本大臣にどのようにこの課題に取り組むか質問した。これを受けて根本大臣は、「今回の問題を統計部門だけの問題として捉えてはならない。個人レベルで法令遵守の意識を徹底し、厚生労働省全体として、統計に対する姿勢を根本から正し、再発防止を徹底する」などと答弁した。

自由民主党・岸田文雄議員による質疑。長年に渡り不適切な状態を見抜けなかったのは政治の責任、統計に対する無知・意識の低さ・認識の欠如がある、と話した。統計の棚卸し、チェックを加速化し徹底させる課題のスケジュールなど石田総務大臣に質問した。石田総務大臣は「統計委員会が各省のチェック機能を担っている。統計を巡る問題を受けて統計委員会の点検検証部会を設置をし再発防止・品質向上に向け検証を行っている」などと答えた。

自由民主党・岸田文雄議員による質疑。消費税引き上げを円滑に行い、引き上げの「成功体験」をすることが重要。インフラ更新など、国の成長への投資をしなければならないため、国民に”負担をお願いする”ことに及び腰ではいけない。増税や軽減税率などの様々な対策について、対象・目的などを明らかにする必要がある。また、岸田議員は生産効率を上げ、賃金を上げ、消費を増やすという経済の好循環を挙げ、茂木大臣に人材投資・促進等についての考えを求めた。茂木経済財政政策担当大臣は、引き上げの税収のうち半分を国民に還元し、幼児教育無償化などを定めたことなどを挙げ、企業については、積極的な賃上げ等を通じて潜在成長率を引き上げていきたいと話した。

岸田文雄議員による地方創生と中小企業対策についての質疑。川場村の川場田園プラザが行っている世田谷に電気を送る取り組みを成功例だと話し、地方創生が掲げられ今年は第1期の最終年、4年間の取り組みをどう評価するのか総理に質問。安倍総理は農林水産業、観光の活力が地域の力。1000億円規模の推進交付金で後押しをし、農林水産物の輸出額は5年連続過去最高となった、インバウンド消費が新たな産業が登場したと話した。地域に仕事ができた結果、東京から地方に移住する若い人の相談が10年前に比べ10倍に増えたなど、地方大学作り、地域おこし協力隊の拡充、新しい制度など若者の地方への流れを大きくしていきたいなどと述べた。岸田文雄議員は「総理の仰る通り。いかに全国に広げることができるか。2期目に向けて取り組み進めて頂けるか」などと話した。

自由民主党・岸田文雄議員による質疑。日本経済を支える中小企業に対し、政府は様々な取り組みを行ってきた。来年には個人向けの事業所向け税制を開設する。引き続き、海外進出などさらなる支援が必要であり、世耕経済産業大臣にこれからの方向性をについて質問した。世耕経済産業大臣は、災害における中小企業の強靭化が重要だと説き、防災対策に取り組む事業者を認定して、その設備の強化を応援する取り組みを最優先で進めていくと答えた。

自由民主党・岸田文雄議員による質疑。G20とTICAD7について。自国第1主義の動きについて持続可能な資本主義、資本主義の持続可能性など問われている。国際社会は変動期であり日本の総理として初めて議長を務めるがどのような思いで議論をリードするのか質問した。安倍総理は「様々な国際的な問題は協力しなければ解決しない。日本がリーダーシップを発揮しないとならない」などと答えた。

自由民主党・後藤茂之議員による質疑。

岸田文雄議員が取り組みを進めてもらいたい、国民に対する説明責任など務めてもらいたいと話した。次に消費税の引き上げについて、国民に意義を説明する姿勢についてどう感じているか、どんな覚悟か総理に説明を要求した。安倍総理は「今後の最大の課題は少子高齢化を克服していく。克服するには消費税率引き上げによる安定的な財源が必要。前回の8%引き上げの時需要変動に対する対策が十分でなかったので今回は還元する規模の対策を講じる。全世代型社会保障制度に変えるため必要な財源」などと答えた。岸田文雄議員は「引き続き国民に意義を丁寧に説明していかなければならない」と話した。

キーワード
衆議院予算委員会
統計問題
毎月勤労統計調査
厚生労働省
自由民主党
EBPM
毎月勤労統計
統計法
消費税
少子高齢化
人生100年時代
貸借対照表
地方創生
軽減税率
幼児教育無償化
インバウンド消費
川場村(群馬)
TICAD7
ポピュリズム
ダボス会議
ESG
SDGs
広島県
再生可能エネルギー
パリ協定
北方領土問題
平和条約
後藤茂之
厚労委員会
米朝首脳会談
予算委員会
INF
  1. 前回の放送
  2. 2月8日 放送
  3. 次回の放送