国会中継 「参議院予算委員会質疑」 〜参議院第1委員会室から中継〜

国会中継(こっかいちゅうけい)は、日本の国会の会期期間中に随時放送される中継番組であり、現在では、通常はNHKの総合テレビとラジオ第1で「国会中継」のタイトルで放送されているテレビ番組・ラジオ番組を指す。ただし、過去にはNHK以外の放送局が委員会審議を中継した例もある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月5日(月) 9:00~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
09:00~

オープニング映像。

参議院予算委員会質疑 (ニュース)
09:00~

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は子供を作らない、もたない人は生産性がないのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、子供を作るか作らないかに関しては生産性という言葉を当てはめるのは間違っているのだろうと考えていると回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は政府が新たに外国人労働者を受け入れる在留資格を新設するが、これは単純労働者の受け入れを認めることか質問した。山下貴司法務大臣は、特段の技能、知識などを必要としない労働に従事する活動を行う外国人労働者を受け入れる政策については、これをとることは考えていないと回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は外国人労働者の受け入れについて、4万人の受け入れを想定しているとニュースで配信されているが、これは事実か確認した。山下貴司法務大臣は、閣議決定された法案について、産業上の分野の中身については今後、検討することになろうかと思いますと回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は、外国人労働者の受け入れについて、法案では条文で、人手不足が解消されれば新たに資格の認定はしないとしているが、日本人の労働に影響は出るのか質問した。山下貴司法務大臣は、在留資格のある期間中は在留できるので、仕事を探してもらえるようにサポートすることを考えていると回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は、総理が思っている移民と、一般の人が思っている移民は違うと述べたが、一般の人が思っている移民とは何かと質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、そういうことではなく、例として挙げられた移民とどこかの国に住むことを含めて移民だといったが、それとは違うと回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は、特定技能第2号は最長で10年居住できるが、そのうちの5年は就業ビザで、永住権取得の要件に当てはまっているのかと確認した。山下貴司法務大臣は、10年以上の居住というのはあくまでガイドラインの世界で、ガイドラインに当てはまったので自動的に認めるものでもないと回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は、総理は世界から尊敬される日本を作り上げていくという方針であると思うが、スカスカなプロセスで本当に法案を決めるのかと確認した。山下貴司法務大臣は、適正な労働条件と雇用管理の確保や入居支援などしっかりとやらせて頂きたいと回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は、オリンピック・パラリンピックの予算について桜田大臣をなぜオリンピック・パラリンピック担当大臣に任命したのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、情熱をオリンピック・パラリンピックの成功に活かして頂きたいと思っていると回答した。蓮舫氏は桜田大臣に対し、ご自身でオリンピック・パラリンピック担当大臣にふさわしいと考えるのはどこかと質問した。桜田義孝東京オリンピック・パラリンピック担当大臣は、適材適所だと思って選んで頂けたと思って、選んで頂いた人に立派に任務を果たすようにしっかりと取り組んでいくつもりであると回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は、本来、国は1500億円だけが関連予算としていたものが8011億円まで膨れ上がっており、小さく見せるためにその他の関連予算を入れなかったのか質問した。桜田義孝東京オリンピック・パラリンピック担当大臣は、今後の予算編成と事業執行を経て決まるもので現時点では、示すのは困難であると回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は新国立競技場について、仕切り直しされた新整備計画は何にどのような予算を立てたのか質問した。柴山昌彦文部科学大臣は建設費の支出が平成31年度までに集中することから収支バランス上、長期借り入れを行う資金計画を策定していると回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は311億円を借りているが、いつ完済するのか質問した。大東和美日本スポーツ振興センター理事長は、2023年までに売上げの10%を返すという予定になっていると回答した。また蓮舫氏は、収支は健全性が保たれていると考えているのか質問した。大東和美日本スポーツ振興センター理事長は、しっかりやっていくという決意であると回答した。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は消費税増税について、安倍晋三内閣総理大臣は増税で国民の理解を得るために最も必要なものはなんだと思っているのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、増税をする以上、歳出削減にしっかりと取り組んでいきたいということも含めて国民の納得が必要なんだろうと思っていると語った。

立憲民主党の蓮舫氏による質疑。蓮舫氏は全世代型に増税の恩恵を還元させるとしているが、待機児童となって家で育児をせざるを得ない人たちに無償化の恩恵はあるのかと質問した。茂木敏充経済再生担当大臣は、認可外についてもしっかりと無償化をする方針を打ち出していると回答した。

立憲民主党の杉尾秀哉氏による質疑。杉尾秀哉氏は初入閣の人も含めて適材適所内閣ということで良いのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は人事は常に適材適所であったと回答した。これに対し杉尾秀哉氏は「在庫一掃セール」というような呼称のされかたもされていると指摘した。また片山さつき地方創生担当大臣に対し、四国は離れ小島なのか質問した。片山さつき地方創生担当大臣は決して四国の皆様を傷つけるつもりで発言したことではないことを理解してもらえればと思うと回答した。さらに杉尾秀哉氏は片山さつき地方創生担当大臣の著書の中に「ニート、引きこもり。こうした若者たちは大人として社会の一員として、その義務や責任を果たしていると思うか。いまや日本人は勤勉の精神を失ってしまったのではないか」としているが、これが本心であるのかと質問した。片山さつき地方創生担当大臣は、自助努力というものを福祉の中で位置づけているものも他方あるので、今は内閣の一員として生活保護については、内閣の解釈に従うところであると回答した。

立憲民主党の杉尾秀哉氏による質疑。杉尾秀哉氏は口利き疑惑について、履歴書の最後に議員事務室採用と書かれていることを指摘した。片山さつき地方創生担当大臣は、ご指摘の資料については、3年以上前のものなので今探しているところだが、いずれにしても対応書を発行して15年5月まで発行していたということで、それ以上でもそれ以下でもないと回答した。また杉尾秀哉氏は口利き疑惑について、100万円を支払ったとしている会社社長のXは、文春の記事は本当であると言っていると証言しており、完全否定するのは無理であると主張した。片山さつき地方創生担当大臣は、税務会計財務等の書類を示されたり、そのような話をしたことはないと回答した。杉尾秀哉氏は録音記録で声紋鑑定の結果、一致したらどうするのかと質問し、片山さつき地方創生担当大臣はデータについては、絶対に自分の声でないと言えないということも述べていると回答した。

立憲民主党の杉尾秀哉氏による質疑。杉尾秀哉氏は森友・加計問題について、安倍晋三内閣総理大臣はまだウソをつくのかと質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、ビジネスの話が出たと決めつけているが、獣医学部を作りたいといった具体的な縮図の話はしていないので、決めつけるのはどうかと回答した。

立憲民主党の杉尾秀哉氏による質疑。杉尾秀哉氏は安倍晋三内閣総理大臣はトランプ大統領との会談で、カジノの関する話はなかったということで良いのかと質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、紹介の記事についてホワイトハウスで夕食会としているが、実際はしていないので大変な誤りであり、場所も時も誤っている記事をもとに指摘しているが、それはまったくないと回答した。

立憲民主党の杉尾秀哉氏による質疑。杉尾秀哉氏は日米首脳会談で、日米物品貿易協定の交渉開始で日米が合意したと報道されているが、アメリカ政府がTAGと使用したり、TAGの交渉開始で合意したと言っているのか質問した。茂木敏充経済再生担当大臣は、日本はTAGとしているが「Trade Agreement on Goods」という言葉はきちんと出ていると回答した。

立憲民主党の杉尾秀哉氏による質疑。杉尾秀哉氏は日中首脳会談の成果について、安倍晋三内閣総理大臣は3つの原則を確認したとしているが、中国の首脳と公式に確認した原則ということで良いのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、習近平主席と李克強総理との会談の冒頭で、3つの原則に言及し、重要性について完全に一致していると回答した。

立憲民主党の杉尾秀哉氏による質疑。杉尾秀哉氏はこれまでに成立した重要法案について国民の大多数が反対していると指摘した。安倍晋三内閣総理大臣は、今後ともそんするところで私がしっかりと沿っているかどうかということについては、自重自戒しながら進んでいきたいと思っていると回答した。

自由民主党の山本一太氏による質疑。山本一太氏は、安倍晋三内閣総理大臣自身が見て、安倍外交の真髄というものはどんなものであるのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、二国間関係だけを見るのではなく、世界全体を見ながら外交を戦略的に進めていくことであると回答した。山本一太氏は、タイムマガジンの表紙に安倍晋三内閣総理大臣は3回なっていることに言及した。

自由民主党の山本一太氏による質疑。山本一太氏は、政策を実現するためには政権基盤が大事であると思うが、政権基盤が外交力の基盤であると感じられたのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、予算委員会でこれだけ褒められたのは初めてのことであると述べた上で、相手方の政権基盤がどの程度であるのかは要素にもなると語った。

自由民主党の山本一太氏による質疑。山本一太氏は、一連の疑惑や政府の不祥事について、国民の多くは説明責任を果たしていないと思っている実態があり、説明責任を果たしていくという覚悟を質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、今後も法案についてはできるだけわかりやすく真摯に説明をしていきたいと思っていると回答した。また

自由民主党の山本一太氏による質疑。山本一太氏は外交関係について、アメリカとの関係、トランプ大統領との関係も大事であるが日本の国益に違えるような交渉・合意はしないということで良いのかと質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、日本としてはいかなる協定もWTOに整合的であるべきと考えており、明確に伝えているところであり、国益に反するような合意を行うつもりはないと回答した。

キーワード
杉田議員
LGBT
桜田義孝
東京オリンピック
東京パラリンピック
新国立競技場
toto
消費税
自衛隊
加計学園
加計学園問題
森友
加計
トランプ大統領
TAG
習近平主席
李克強総理
ブッシュ大統領
オバマ大統領

エンディング (その他)
11:53~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月5日 放送
  3. 次回の放送