国会中継 「参議院予算委員会質疑」 〜参議院第1委員会室から中継〜

国会中継(こっかいちゅうけい)は、日本の国会の会期期間中に随時放送される中継番組であり、現在では、通常はNHKの総合テレビとラジオ第1で「国会中継」のタイトルで放送されているテレビ番組・ラジオ番組を指す。ただし、過去にはNHK以外の放送局が委員会審議を中継した例もある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月5日(月) 13:00~17:27
放送局 NHK総合

番組概要

参議院予算委員会質疑 (ニュース)
13:00~

民進党・新緑風会の石橋通宏氏による質疑。石橋通宏氏は森友学園に関わる公文書の書き換え疑惑について対応を求めた。また野村不動産の過労死事案について去年12月26日の段階で報告にあがっていなかったことを質問した。加藤勝信厚生労働大臣は、1つ1つ事案があがってきているわけではないと回答した。続けて石橋通宏氏は届け出の時に労働委員会などが手続きに則って行っているのか質問した。加藤勝信厚生労働大臣は届け出の内容が法定の要件に合致していなければ、差し戻しを行うよう指導していると回答した。

公明党の佐々木さやか氏による質疑。佐々木さやか氏は働き方改革について、実現への決意を質問した。安倍晋三内閣総理大臣は厚生労働省による裁量労働制に関するデータについて、疑念を抱かせることになったことは繰り返すことのないようにしなければならないとの考えを示した。続けて佐々木さやか氏は職場環境を作っていくことについてどう考えを持っているのか質問した。加藤勝信厚生労働大臣は、円滑に職場復帰できるよう復帰支援プランの策定支援を行っているところであると回答した。

公明党の佐々木さやか氏による質疑。佐々木さやか氏は子供の預け先としては、待機児童の問題にとっても解消につながることとして重要であるが、文部科学大臣の考えを質問した。林芳正文部科学大臣は、待機児童対策の観点から長時間の預かりを推進していくことが重要であるとの考えを示した。また安倍晋三内閣総理大臣は預かり保育を無償化にするかどうかについては今後、検討を進めると回答した。

公明党の佐々木さやか氏による質疑。佐々木さやか氏は民法の青年年齢の引き下げについて、省庁横断的に全体として取り組んでほしく、目標を明確にしてほしいと要望を出した。安倍晋三内閣総理大臣は青年年齢の引き下げについては今国会での提出を目指しているところで、改正法案の成立後も政府一体となって取り組むものと認識していると回答した。

公明党の佐々木さやか氏による質疑。佐々木さやか氏は障害のある人の社会参加について、NHKの国会中継で字幕放送がされていないことを言及し、考えを質問した。日本放送協会会長は、字幕放送を拡充し、総務省の指針の達成に努めてきており、現在の国会中継では字幕表示の正確さなど技術的水準では、正確・公平に伝えきれないという懸念があり、引き続き努力すると回答した。

公明党の佐々木さやか氏による質疑。佐々木さやか氏は盲ろう者について、理解を深めるための啓発を力を入れてほしいと思うが、その考えを質問した。安倍晋三内閣総理大臣は障害特性に応じた支援を行うことや、周囲への理解が促進されることが重要であるとの認識を示した。

公明党の佐々木さやか氏による質疑。佐々木さやか氏はバリアフリーについて、ハード面とソフト面も合わせて進めほしいと要望を出した。石井啓一国土交通大臣は鉄道のバリアフリー化は重要な課題であるとの認識を示した。

日本共産党の山下芳生氏による質疑。山下芳生氏は過労自殺した電通勤務の女性社員の母親の思いについて紹介し、過労自殺への認識を総理大臣に質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、過労死の悲劇を2度と繰り返さないという決意で、長時間労働の是正に取り組んでいくとの認識を示した。また山下芳生氏は続けて裁量労働制の違法適用をどう食い止めるのか質問した。加藤勝信厚生労働大臣は、労働基準監督署においては監督指導を行っていると回答した。

日本共産党の山下芳生氏による質疑。山下芳生氏は裁量労働制の違法適用の実態をつかめているのか質問した。加藤勝信厚生労働大臣は、違法の適用はいくつかパターンがあり対象業務が異なる場合などがあると回答した。山下芳生氏は野村不動産などに対し、しっかり監督指導をしているのは犠牲者が出ている後ではないかと質問した。加藤勝信厚生労働大臣は指導官の和にも限りがあり、効率的に行うために様々な情報をもらっていると回答した。

日本共産党の山下芳生氏による質疑。山下芳生氏はNHKで起きた過労死について、どう受け止めているのか質問した。日本放送協会会長は労災認定を受けたことは重く受け止めており、命と健康を守ることを最優先で、働き方改革宣言の実現に取り組んでいくとの考えを示した。続けて山下芳生氏は、みなし労働時間制に問題認識があるのか質問した。野田聖子女性活躍担当大臣は、働きすぎによって命を失ってならないとの認識を示した。

日本共産党の山下芳生氏による質疑。山下芳生氏は裁量労働制について、裁量労働制の下で労働者が業務量を制限することができるのか質問した。加藤勝信厚生労働大臣は、事実上の裁量が失われている場合は裁量労働制の要件を満たさず、みなし労働時間の効果が生じないということから労働基準監督署が指導を行うこととしていると回答した。

日本共産党の辰巳孝太郎氏による質疑。辰巳孝太郎氏は森友疑惑について、改ざんされる前の文書があるのか、無いのか質問した。財務省理財局長は大阪地検において証拠隠滅などについての告発を受けており、捜査に協力している段階で答えることで、捜査にどのような影響を及ぼすのか予見できないので、答弁を差し控えたいと回答した。

日本共産党の辰巳孝太郎氏による質疑。辰巳孝太郎氏は森友疑惑について、貸付に関して説明したという項目もまるごと削除されているとの報道があると言及し、関与に関わる部分が削られ散るのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、答えようがないと回答した。また財務省理財局長は捜査にどのような影響を及ぼすのか予見できないので、答弁を差し控えたいというスタンスであると回答した。続けて辰巳孝太郎氏は会計検査院が求めた資料をその場で提示しなかったという疑惑があり、財務省内部で検証を行うよう求めた。財務省理財局長は、そういう状況に至っていなかったと回答した。

日本維新の会の東徹氏による質疑。東徹氏は裁量労働制のデータについて、厚生労働大臣の認識を質問した。加藤勝信厚生労働大臣は答弁を撤回しお詫びし、データについては精査をしていると回答した。続けて東徹氏は原因がまだ判明していないのか質問し、加藤勝信厚生労働大臣はいくつかの問題があったと思うと回答した。続けて東徹氏は厚生労働省提出の法律について、法律を束ねていって審議していくのでミスが起こるのであり、組織の改変が大事ではないのかと質問した。加藤勝信厚生労働大臣は、ミスがないように一丸となって取り組んでいきたいと回答した。

日本維新の会の東徹氏による質疑。東徹氏は議員立法について、1つの法律も審議してもらっていない状況を改善してほしいと提案した。安倍晋三内閣総理大臣は、国会の中で決めることではないかと思うと回答した。続けて東徹氏は選挙における所属政党誤認防止法案について、誤認されないような防止策が必要ではないかと質問した。野田聖子総務大臣は今現在の公職選挙法ではそういうたてつけになっていることを踏まえて、各会派で議論してもらうことが寛容だと思うと回答した。

日本維新の会の東徹氏による質疑。東徹氏は国民負担率について、消費税10%の引き上げが行われると国民負担率はどうなるのか質問した。麻生太郎副総理・財務大臣は、経済の動向に影響されるので予想になるが、国民負担率は概ねプラス1%になる要因になると思っていると回答した。

日本維新の会の東徹氏による質疑。東徹氏は増税は凍結すべきであるとの考えを示し、総理大臣の見解を求めた。安倍晋三内閣総理大臣は、子育て世代への投資と社会保障の安定に充てることにしており、前回の経験を活かしてしっかりとした対策をしてきたいとの考えを示した。

日本維新の会の東徹氏による質疑。東徹氏は診療報酬について、一般病院の損益率の回答率について質問した。加藤勝信厚生労働大臣は、医療実態調査の回答率について全体が56.2%となっていると回答した。東徹氏は回収率も回答率も悪いと指摘した。

希望の会の山本太郎氏による質疑。山本太郎氏は本日までに国会や国会議員に対して開示された財務省が持つ森友学園の関連文書は何件あったのか質問した。財務省理財局長は、これまでにだいたい5000ページ近い書類を提出していると回答した。つづけて山本太郎氏は、実際に文書があった場合、内閣総辞職という認識で良いのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、仮定の話しであるので答えることはできないと回答した。

希望の会の山本太郎氏による質疑。山本太郎氏は景気拡大のために1番寄与するのは、消費、設備投資、政府支出、輸出のどれであるのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、それぞれが互いに関連している面があるわけであるが、2016年のGDPのシェアを見ると民間最終消費支出となっていると回答した。

希望の会の山本太郎氏による質疑。山本太郎氏は生活保護の不正受給について、その割合を質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、質問通告がなく、正確に答える必要もあるので、答えることはできないと回答した。山本太郎氏は不正受給は金額でみると0.4%であると言及し、98%が適正に受給しているが、その多くが不正受給であるというような空気感を作り出したのは誰なのか認識しているのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、質問の趣旨がよくわからないが、国民の中で大層が不正受給をしているという感覚があるのかと疑問を呈した。

立憲民主党の福山哲郎氏による質疑。福山哲郎氏は森友学園の決算文書に関する改ざん疑惑問題が浮上しており、配布している文書以外の文書があったのか質問した。財務省理財局長は、捜査に全面的に協力しており、捜査にどのように影響与えるのか予見できないので、答弁を差し控えたいと回答した。

キーワード
森友学園
野村不動産
裁量労働制
労働委員会
厚生労働省
働き方改革
短時間勤務制度
法務省
東京オリンピック
東京パラリンピック
総務省
NHK
盲ろう者
バリアフリー
電通
朝日新聞
労働基準監督署
厚労省
大阪地検
会計検査院
近畿財務局
大阪万博
財務省
GDP
生活保護
  1. 前回の放送
  2. 3月5日 放送
  3. 次回の放送