新種発見!生き物たちの小宇宙 生きものたちの小宇宙?カタツムリ&粘菌?

放送日 2015年8月15日(土) 12:28~12:43
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:28~

オープニング映像。

カタツムリ&粘菌 (バラエティ/情報)
12:28~

和歌山にいる日本を代表する新種発見の達人・湊宏さんを紹介。高校教師の仕事の合間をぬって、日本にいる800種類のカタツムリのうち102種を発見してきた。自宅には多くの標本があったが、イシカワギセルは唯一飼育し続けているカタツムリ。

湊さんは、子どもの頃海の近くに住み、海の貝にみせられたが、両親の転勤で山あいの村へ引っ越した。海の貝と離れ落ち込んだが、海の貝が進化したカタツムリのことを母親から教えてもらい、やがて一生を捧げるようになった。母への感謝を込め、母の名を含む「マンダリナ・スエノエ」とも名付けている。湊さんは75歳になった今でも調査に出かけている。

東京にいる13歳の増井真那くんを紹介。植物でも動物でも菌類でもないアメーバの仲間で、少し湿ったところに棲む「粘菌」をテレビで見てから夢中で、粘菌について詳しくなり飼育もし、実験報告や論文は次々と賞を受賞している。粘菌はまだまだ謎が多く、新種発見の可能性も高い。

真那くんは野外調査が好きで、この日もさいたま緑の森博物館で、真那くんに影響され粘菌のファンになった両親とともに観察をしていた。

キーワード
白浜(和歌山)
カタツムリ
スベスベヤマキサゴ
モジャモジャヤマトガイ
オモイガケナマイマイ
チリメンマイマイ
ハジメテビロウドマイマイ
イシカワギセル
マンダリナ・スエノエ
ミヤコムシオイ
コスジギセル
粘菌
東京都
シロフウセンホコリ
コカタホコリ
アカモジホコリ
イタモジホコリ
サビムラサキホコリ
シロジクキモジホコリ
  1. 前回の放送
  2. 8月15日 放送
  3. 次回の放送