サクラ色の時代を忘れない〜アンジェラ・アキ J−POPを駆け抜けた10年間〜 2014年8月23日放送回

放送日 2014年8月23日(土) 0:10~ 1:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:10~

8月4日の日本武道館でアンジェラ・アキが日本での最後のライブを終えた。アンジェラ・アキはこの夏、新たな夢を追いかけるためにアメリカに立つと伝えた。そこでアメリカの音楽大学への留学を伝えた。アンジェラ・アキは「自分の技量の限界にぶち当たった」と語った。また「どんどんチャレンジしたい」と語った。アンジェラ・アキはライブ後に「悔いのないライブになった」と語った。

キーワード
HOME
Again
手紙~拝啓 十五の君へ~

サクラ色の時代を忘れない〜アンジェラ・アキ J−POPを駆け抜けた10年間〜 (バラエティ/情報)
00:12~

2006年、初の武道館でのワンマンライブを成功させたアンジェラ・アキ。最後の武道館ライブまであと5日。この日、最終リハーサルが行われた。スタイリストの小川恭平さんとの衣装チェックも済ませた。ツアーは10年来の付合のバンドメンバーと回ってきたが、アンジェラには、自分の原点であるピアノ弾き語りで歌いたい歌があった。それは「サクラ色」。はじめての武道館ライブのときに作った歌だった。

アメリカ・ワシントンDCを流れるポトマック川のほとりには日本から贈られたサクラが毎年咲き誇る。「サクラ色」は、そのサクラに自分の人生を重ねて作った曲でもある。アメリカは、アンジェラが歌手を志した地でもある。アンジェラは、この「サクラ色」を初の武道館で見事に弾き語り、喝采を浴びた。

2008年に発表した「手紙~拝啓 十五の君へ~」は、NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲として日本中の中学生に届けられた。歌を通じてアンジェラと中学生たちの間に数々の出会いが生まれた。

2011年、アンジェラに転機が訪れる。まったく曲が作れなくなったのだ。さらに、子宮外妊娠、東日本大震災、と、アンジェラにとって重大なものが重なってしまった時期だった。翌年、アンジェラは再び子どもを授かり男児を出産。音楽への情熱も取り戻した。そんなときに、過去の自分の雑誌記事を見たアンジェラ。そこには「グラミー賞」への夢が語られていた。その夢を追うべく、アンジェラはアメリカへの留学を決意した。それを後押ししたのが、友人である作家のアンドリュー・デイビッドソン。彼の作品をミュージカル作品にすることが二人の夢で、その夢をかなえるためにもアメリカ留学を決めたのだ。

最後の武道館ライブ当日。かつてひとつの夢を叶えてくれたステージに、新しい夢を携えたアンジェラが向かう。ステージでは「告白」などを熱唱し、無事ライブを終えたアンジェラは「やりきりました」と感想を述べた。

数日後、アンジェラの自宅スタジオ。機材は、アメリカ行きのためすっかり片付けられていた。アンジェラは、ここで数々の歌を作り出したという。さらにその数日後、最後の弾き語りを収録するためにNHKを訪れたアンジェラ。最後に歌うと決めていた歌は、自分のテーマソングでもある「サクラ色」だった。

スタジオライブで、アンジェラ・アキが「サクラ色」を演奏した。

2014年2月にアンジェラ・アキはアメリカの音楽大学への入学のための準備を進めていた。そこでピアノを基本から学びなおしていた。アンジェラ・アキはアメリカに行くまでの時間がもったいないから、アメリカに行くまでにどれだけてきるかと語った。アンジェラ・アキはグラミー賞を目指すためには、今の自分では限界があると思ってアメリカ留学を決意した。

4月、最後の全国ツアーが始まったアンジェラ。日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれた彼女は、中学卒業までを徳島と岡山で過ごした。高校からはハワイ、その後、ワシントンの大学に進学する。そこで音楽の道に進むことを決心したのだ。昼間は働きながら、夜はバーやライブハウスで歌う日々。そんな中、東京の音楽プロデューサーとの偶然の出会いから、日本のCMに楽曲が採用されることになったのだ。東京とワシントンを行き来するようになったアンジェラは飛行機から見える東京タワーに心奪われたという。

アンジェラは2003年に日本に帰国。レコード会社などにデモテープを持込み自分を売り込んだが、なかなか成功せず。その後も地道に音楽活動を続けたが、2005年、ついにチャンスが訪れる。「HOME」でメジャーデビューを果たしたのだ。2ヶ月後、「POP JAM」で地上波初出演。観客が審査するコーナーでは歴代3位の点数を獲得した。そこから徐々に知名度が浸透したアンジェラは、シングル「This Love」がはじめてチャートトップ10入り。その後、「英語でしゃべらナイト」など、様々な番組に出演した。

キーワード
サクラ色
ワシントンDC(アメリカ)
ポトマック川
手紙~拝啓 十五の君へ~
NHK全国学校音楽コンクール
グラミー賞
告白
This Love
たしかに
HOME
POP JAM
英語でしゃべらナイト

エンディング (その他)
00:57~

エンディング映像。

  1. 8月23日 放送