所さん! 事件ですよ 刑事も仰天“前代未聞の結婚詐欺事件”ほか

放送日 2014年8月21日(木) 22:05~22:53
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:05~

オープニング映像。

所さん! 事件ですよ (バラエティ/情報)
22:06~

出会い系サイトで知り合った男性から600万円をだまし取った被告の女に、懲役3年の判決がくだったことを伝える、読売新聞の記事を紹介。

宮崎市で起きた結婚詐欺事件で、犯人の女を知る人達にインタビューした。結婚詐欺事件を捜査した宮崎北警察署の警官らが、事件の詳細について語った。加害者グループは3人組グループになりすましていたが、実際に犯行を行っていたのは女一人で、男役もこなしていたという。

街頭インタビューで、ネット上のやりとりだけで結婚しても良いと答えた人が、1500人中109人いた。オンラインゲームで知り合って結婚したという夫婦を取材。

宮崎市で起きた結婚詐欺事件では、被害者と加害者は、ひんぱんにメールのやり取りをしていた。加害者は様々なウソをついて、被害者から現金を引き出していた。結婚詐欺事件の加害者が使用していた携帯電話を調べていたところ、29人の男性からお金を振り込ませる詐欺を行っていたことが判明した。

モーリー・ロバートソンが、アメリカでFBIが推奨する、一度も会わない結婚詐欺の対策について解説。ネット上だけで知り合った相手が、モデルのようなプロフィール写真だったり、金品を要求してきたら気をつけた方がいい。

日本経済新聞の夕刊で、フィギュアと称して盆栽を不正輸出していた業者が逮捕された事件が報じられた。

埼玉県川口市の盆栽業者らに、フィギュアと称して盆栽を不正輸出していた業者が逮捕された事件についてインタビューした。海外では盆栽は、高く売れるという。盆栽を不正輸出していた業者がインタビューで、ハンガリーに不正輸出していたことを明かした。盆栽の輸出には植物検疫証明書が必要である。

ハンガリー・ブタペストで、日本から不正輸出された盆栽を取り締まった役人が、インタビューに答えた。ハンガリーでは日本の盆栽がブームとなっていて、ブタペストには盆栽店が増えているという。

日本から海外への盆栽輸出額は、2003年には9億円だったが、2013年には94億円に拡大している。2017年には、世界盆栽大会がさいたま市で開催される予定。

NPO法人TSUBASAでは、捨てられたペットの鳥を保護している。イギリスのチャーチル元首相のペットの鳥は、100歳を越えても生きていたという。

番組スタッフが、保護されたキエリボウシインコの元飼い主の自宅を訪れたところ、飼い主は病死していた。飼い主には子どもはなく、キエリボウシインコを我が子のようにかわいがっていたという。認知症となった飼い主が、ペットのキエリボウシインコを手放したケースを紹介。インコは寿命が長いため、高齢者の飼い主が自分の死後に引取先を探すケースが多い。

NPO法人TSUBASAに、高齢者の飼い主から、入院するためペットのキエリボウシインコを預かってほしいという依頼があった。女性は泣きながら、ペットと別れた。

キーワード
読売新聞
宮崎市(宮崎)
日本マイクロソフト
FBI
日本経済新聞
川口市(埼玉)
盆栽
ブタペスト(ハンガリー)
ホンノンボ
世界盆栽大会
さいたま市(埼玉)
新座市(埼玉)
TSUBASA
キエリボウシインコ
チャーチル元首相
ユーチューブ
認知症
  1. 8月21日 放送
  2. 次回の放送