動物の赤ちゃん ミニアルバム レッサーパンダ〜大森山動物園(秋田県)〜

放送日 2014年8月12日(火) 1:10~ 1:25
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:10~

オープニング映像。今回は秋田県の大森山動物園で生まれた赤ちゃんを特集する。

今日の赤ちゃん (バラエティ/情報)
01:11~

秋田県の大森山動物園で生まれたカナダヤマアラシの赤ちゃんが、木登りをする映像が流れた。

秋田県の大森山動物園で生まれた体重わずか48gのワタボウシパンシェの赤ちゃんの映像が流れた。おとなになるとワタボウシのような頭に成長する。

秋田県の大森山動物園で生まれたコモンマーモセットの赤ちゃんの映像が流れた。赤ちゃんをおんぶするのは主にパパの仕事。

秋田県の大森山動物園で生まれたレッサーパンダのゆりの成長記録を紹介。現在1歳のゆりは、生まれた直後ほとんど巣箱から出ずに眠っている。飼育員が体重を測り、性別を調べようとするが、鳴き声を上げて抵抗した。

生後2ヶ月になるゆりは、巣箱から出ることが多くなった。好奇心旺盛のゆりに対し、巣箱の外にある室内展示場にゆりを出すことにしたが、なかなか展示場まで行こうとしなかった。結局、ゆりが展示場に出たのは4日過ぎてからだったが、すぐに展示場の中にあるいろいろなものに興味を示した。

レッサーパンダの毛の色は保護色となっているが、木登の時効果的な部分はどこかというクイズが出題された。正解は「おなかと手足の黒」。

生後3ヶ月。ゆりは屋外の運動場に初めてお母さんと姿を見せた。しかし、お母さんを見失い先に行ってしまうお母さんを見つけ、高いところに登ろうとしたが、ねずみ返しのために昇ることができない。やがて、別の道を見つけて昇ることができた。

ゆりはもうすぐ1歳になり、体も大人と同じくらいの大きさとなった。木登りは得意になったが、木から降りるのは未だに慎重になっている。

キーワード
カナダヤマアラシ
ワタボウシパンシェ
コモンマーモセット
レッサーパンダ

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 8月12日 放送