故宮の至宝 華麗なる美

放送日 2014年8月27日(水) 15:15~15:25
放送局 NHK総合

番組概要

華麗なる美 (バラエティ/情報)
15:15~

台北市の北部にある故宮博物院には文物70万点余を収蔵している。 世界中から450万人が訪れ、人気は清時代の「肉形石」で小さな毛穴は一つ一つ職人が開けたもので原石の形や模様を利用して油の滴るような肉を表現している。「翠玉白菜」は輝きがみずみずしさを印象づけ、翡翠で作られている。西太后が宮中の実権を握った頃の作品で、イナゴとキリギリスは子孫繁栄のシンボルで光緒帝に嫁いだ瑾妃の嫁入り道具と言われている。

故宮博物院のコレクションの原型を築いた徽宗は自らも書画にたけ風流天使と呼ばれた。河南省開封で王朝を立てた北宋の時代に書かれた「文会図」には社会の新しい担い手達が描かれている。士大夫と呼ばれる宮廷の官僚たちで科挙という試験で選ばれ、貴族に代わって政治を担った。求めれれたのは音楽・書画にも秀でていることだった。徽宗は収集した絵や文学などの目録を作らせ、画家たちの評価も書き記した。徽宗は「楷書牡丹誌帖頁」を士大夫たちに模範として示した。徽宗独特の書体は痩金体と言わていれる。

この時代には宮中専用の釜も設けられた。「青磁楕円盤」は雨過天晴ようなの淡い青色で現在70点余りしか残されていない貴重な青磁だという。乾隆帝も古今の文物の収集に情熱を注いだ。紫禁城は皇帝が政務など執り行った宮殿の養心殿に乾隆帝の執務室があった。「鷹文玉圭」が紹介され、乾隆帝は古代の王朝に繋がろうと考えていたという。清は建国後も漢民族の反乱が相次いでいた。乾隆帝は過去の文化を尊重することを示した。伝説の王黄帝が太古に定めた調律器を基準に造られた枡を紫禁城の大和殿に置いたという。

キーワード
翠玉白菜
肉形石
故宮博物院
宣和楽譜
文会図
徽宗
宣和書譜
楷書牡丹誌帖頁
乾隆帝
紫禁城
鷹文玉圭
青磁楕円盤

キャスト

この番組の出演者は登録されていません。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月27日 放送
  3. 次回の放送