ひたむきな役者人生〜蟹江敬三さんをしのぶ〜 2014年4月19日放送回

放送日 2014年4月19日(土) 0:10~ 1:17
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:10~

先月に亡くなった俳優の蟹江敬三さんは連続テレビ小説「あまちゃん」では主人公の祖父を演じた。大河ドラマ「風と雲と虹と」など舞台や映画・テレビと幅広く活躍し多彩な役を味わい深く演じた。

キーワード
蟹江敬三さん
ドラマ新銀河「ママだって夏休み」
翔ぶが如く
しあわせの国 青い鳥ぱたぱた?
連続テレビ小説「あまちゃん」
特集ドラマ「下町ボブスレー」
わが夢に見た青春の友
大河ドラマ「風と雲と虹と」
ドラマ10「胡桃の部屋」

ひたむきな役者人生~蟹江敬三さんをしのぶ~ (バラエティ/情報)
00:12~

蟹江敬三さんが出演した、1997年放送 ドラマ新銀河「ママだって夏休み」の最終回クライマックスシーンが放送された。

蟹江敬三さんが出演した、1990年放送 大河ドラマ「翔ぶが如く」の映像を紹介。

蟹江敬三さんが出演した、1985年放送 ドラマスペシャル「しあわせの国 青い鳥ぱたぱた?」の映像を紹介。

蟹江敬三さんが出演した、2013年放送 連続テレビ小説「あまちゃん」の映像を紹介。

蟹江敬三さんが出演した、2014年放送 特集ドラマ「下町ボブスレー」の映像を紹介。

蟹江敬三さんが出演していた、大河ドラマ「龍馬伝」の収録現場を取材したVTRを紹介。蟹江さんは、役者として心がけていることとして「ひたむきに生きる」と色紙にしたためていた。

蟹江敬三さんが出演した、2011年放送 ドラマ10「胡桃の部屋」のダイジェストが放送された。

竹下景子が「蟹江敬三さんはカミソリの刃みたいな鋭いところがあって、そこが好きでした。現場にいると良い緊張感で芝居ができる。本当の役者さんだなと思う」と語った。

竹下景子さんは蟹江敬三さんが亡くなったのをニュースで知った。とても信じられなかった何かの間違いだと思ったと話した。

蟹江敬三が色紙に「ひたむきに生きる」と書いたことについてスタジオ竹下景子は「蟹江さんらしい。普通照れるけどそれが似合う。一つ一つの役との向き合い方にひたむさを感じた」と笑いながら語った。

1997年に蟹江敬三さんと共演したドラマ「ママだって夏休み」について竹下景子は受け止めてくれることがあって蟹江敬三さんは頼もしかった優しかったと話した。

竹下景子さんは蟹江敬三さんは現場ではとても寡黙で自分から話すことはなかった。少ない言葉の中にたくさんの想いや愛情を持っていたなどと話した。

蟹江敬三さんが役者を目指したきっかけは高校のときに舞台に立って他人を演じたことで役者の道を目指した。1964年には劇団青俳演劇研究所に入所し蜷川幸雄さんら現代人劇場を旗上げした。「真情あふるる軽薄さ」などの公演を行った。

VTRを振り返ってトーク。竹下景子さんは蟹江敬三さんのことについて「あらためてみて素敵だと感じたなど話した。

キーワード
蟹江敬三さん
ドラマ新銀河「ママだって夏休み」
翔ぶが如く
しあわせの国 青い鳥ぱたぱた?
連続テレビ小説「あまちゃん」
特集ドラマ「下町ボブスレー」
大河ドラマ「龍馬伝」
ドラマ10「胡桃の部屋」
蟹江敬三
ママだって夏休み
現代人劇場
蜷川幸雄
真情あふるる軽薄さ
石橋蓮司
ぼくらが非常の大河をくだる時 新宿薔薇戦争

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 4月19日 放送