超絶 凄(すご)ワザ! 名勝負再び “夢のロープ”を目指せ

放送日 2015年3月12日(木) 22:55~23:20
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:55~

今回の対決はワイヤロープvs繊維ロープで草相撲対決。

名勝負再び!“夢のロープ”を目指せ! (バラエティ/情報)
22:56~

今回の対決はワイヤロープvs繊維ロープで草相撲対決。池田伸子が「ワイヤロープは硬くて引っ張りにつよく繊維ロープはしなやか。その2つを実現したロープを作ってもらう」と説明した。

今回の対決はワイヤロープvs繊維ロープで草相撲対決。ワイヤロープを作るのは菊川直紀専務率いるクリサンセマム。硬鋼線を使い、強靭なワイヤーによりあげた製品は自動車などに使われる。

今回の対決はワイヤロープvs繊維ロープで草相撲対決。繊維ロープを作るのはカネヤ製鋼。大型タンカーをたぐり寄せるのに使われる繊維ロープを作っている。廣瀬晴彦が設計し、古川直樹が製造する。

千原ジュニアが対決する両者を紹介。ルールは製作期間1か月以内、直径は3mm以下とした。

ワイヤロープvs繊維ロープ。廣瀬晴彦らは強い繊維ロープを作るために、P繊維と呼ばれるスーパー繊維を使うことを決めた。たくさんの糸をより上げることで長さにバラつきが出てしまい、強度が落ちる。それを回避するために古川は指先で糸の張りを確認しながら丁寧により上げていった。さっそく市販のワイヤと対決させて試したところ、見事繊維が勝利した。

ワイヤロープvs繊維ロープ。強いワイヤロープをつくるため、菊川直紀は80カーボンという炭素の多いワイヤを使うことを決断。高岡守がそれを3mmのロープができるまで圧縮するために試行錯誤を繰り返した。更にしなやかさを追及し、すき間一つ無いワイヤーが完成した。出来上がった試作品を従来品の中で最もしなやかなワイヤーと草相撲で戦わせてみたが試作品が負けてしまった。すぐさま対策を講じる菊川直紀専務ら。強くてしなやかな夢のロープはできるのか。

一方、繊維ロープチームの元に届いたのは飛行機やロケットに使われる極めて硬い繊維である“炭素繊維”。これを、鎧のようにロープにまとわせて強くした。

舞台は天下無双!タグ・オブ・ウォー。草相撲をとるためだけに開発された装置で強さとしなやかさを兼ね備えたロープが勝利を手にすることができるのだ。限界まで引っ張られたロープの切れる衝撃は推定6.7トンなので安全装置も用意。繊維ロープとワイヤーの草相撲対決の勝者はワイヤーロープであった。

キーワード
クリサンセマム
カネヤ製鋼
貝塚(大阪)

エンディング (その他)
23:19~

挑戦者を大募集中。番組ホームページのURL、Twitterのアカウントがテロップ表示された。

キーワード
超絶 凄ワザ! 公式サイト
超絶 凄ワザ! ツイッター

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月12日 放送
  3. 次回の放送