ゆうどき 2014年5月29日放送回

『ゆうどき』は、NHK総合テレビジョンで放送された生活情報番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年5月29日(木) 16:55~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
16:55~

挨拶をし、平井さんが週末の天気について触れた。

ニャンカメが行く! (バラエティ/情報)
16:55~

千葉・八千代の京成バラ園から中継。現在は見ごろを迎えており、約1万株が咲いている。バラ栽培家の村上敏さんは「最近は朝と夜の寒暖差があるのでバラが綺麗に咲いています。」と話した。

熊本・人吉市の球磨川で来月から始まる鮎釣りについて紹介し、平井さんがスタジオで天気予報を伝えた。

キーワード
八千代市(千葉)
バラ
球磨川

ニュース (ニュース)
17:00~

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが発表したSTAP細胞の日本の論文のうち、一本について三人の責任著者が取り下げの意向を示したが論文を掲載したネイチャーは今日独自に評価を進めており、近く結論を出したいとするコメントをした。

安倍総理大臣は機能まで行われた北朝鮮との政府間協議について、外務省の事務次官と交渉にあたったアジア大洋州局長から報告を受け、今回の協議で示された北朝鮮側の姿勢を分析しながら拉致解決に向け、粘り強い交渉を指示した。

運転再開の前提となる国の安全審査が優先的に進められている仙台原子力発電所について、鹿児島県が事故に備えて30km圏内の住民の避難を試算したところ、29時間近くかかるケースがわかった。専門家は想定はこれにかぎらず更に時間がかかることを想定している。

電力会社10社は石油や石炭の調達価格が下落したとして、7月の電気料金を全社値下げすることになった。全社そろっての値下げは8ヶ月ぶりである。

暑中見舞い用のはがきが全国で始まった。京都では舞妓さんなどがPRをした。野々すみ花さんは手紙だとその人の心がダイレクトに伝わってくる、そこはすてきだなといつも思っていると話した。

全国各地の天気予報。

為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
小保方晴子ユニットリーダー
理化学研究所
笹井芳樹副センター長
若山照彦
チャールズ・バカンティ教授
安倍総理大臣
ストックホルム(スウェーデン)
北朝鮮
斎木事務次官
伊原アジア大洋州局長
菅官房長官
京都府
野々すみ花さん

中継 (バラエティ/情報)
17:10~

千葉・八千代市の京成バラ園から中継。ここでは現在1500種類、1万株のバラが見ごろを迎えている。村上敏さんは「バラは朝に鑑賞するのが一番。朝は一番香りが強いのでかぎに来て欲しい。バラ園は朝6時から会館している。」と話した。

四国八十八ヶ所巡り (バラエティ/情報)
17:13~

コーナーオープニング。今日は金剛福寺を紹介する。

金剛福寺から中継。ご本尊である千手観世音菩薩は本来の金剛福寺を目指すの近くからおまいりできるのは今年最後になるという。現在はお遍路さんを癒やすための池が作られており、これは古い金剛福寺の姿に戻すために作られたものだという。

中村次朗の春夏秋冬 天空の楽園 尾瀬 (バラエティ/情報)
17:19~

今日は中村次朗さんが尾瀬を紹介。尾瀬は梅雨時期でも比較的雨量が少なく、この時期は静かで鳥の声も聞こえることから人気だという。

群馬・片品村へ。5月21日には山開きが行われ、地元や県外から山開きを楽しみにしている70人が集まった。片品村で育った松浦和男さんが尾瀬の貴重な資料を紹介、50年ほど前は馬で荷物を運んでいたという。中村さんはわらぐつなどを履かせてもらった。

尾瀬の入り口である鳩待峠へ。ベテランガイドの永井一弘さんと合流し、雪道を出発した。慎重に雪道を約30分下るとやっと山道が広がり、ふきのとうやショウジョウバカマなどを観測することが出来た。しばらく歩くと湿った場所に生えるサルオガセを発見した。

出発し2時間、尾瀬ヶ原へ入るとアカシボと呼ばれる現象が見られた。永井さんは見ごろを迎えた水芭蕉が広がるポイントを紹介してくれた。日も傾いてきたころに永井さんがさらに竜宮と呼ばれる渦巻き現象を紹介、100mほど進むと渦巻きから吸い込まれ湿原の下を通った水が吹き出している様子が見られた。

午後5時になり萩原澄夫さんの営む宿に到着。尾瀬は水が豊富だといい、山小屋にも関わらず風呂も備え付けられている。萩原さんは朝方に見られる「白い虹」について教えてくれた。

翌朝午前5時、 中村さんは白い虹を見るため起床、この日は寒すぎたため白い虹を観測することは出来なかった。しかし帰り道を歩いていると棒状の彩雲とハロと呼ばれる虹を観測することが出来た。彩雲とハロが同時に出現することはとても稀で、20年以上ガイドをしている永井さんも見たことがないという。中村さんはスタジオで「尾瀬の冬は6ヵ月続き、残りの半年で春夏秋があるといい、寒かった。」と話した。

キーワード
片平村(群馬)
アカシボ
ふきのとう
ショウジョウバカマ
尾瀬

お茶の伝統を新しく紡ぐ町 (バラエティ/情報)
17:43~

今日は島根・松江を紹介。独自の松江のお茶の文化に迫る。

松江では現在独自のお茶の文化を知ってもらうため様々な取り組みが行われている。松江にお茶文化が根付くきっかけを作ったのは松平治郷で、独自の作法は街の人たちに広まり不昧流として定着した。お茶の稽古を取材するため利根川さんは着物に着替えて参加。不昧流は洋服でも気軽に参加することが出来るといい、初心者は足を崩すことも許されている。

松江名物のぼてぼて茶。米や豆などをお茶に入れて食事感覚で味わうことが出来るという。

松江市内に去年オープンした和菓子屋ではワインと一緒に和菓子を楽しむことが出来る。店長の池淵修平さんは10年の修行を経て店を開店したといい、「かけ離れてるからこそ合わせがいがあると思う。いろんなものを考えていきたい。」と話した。店には池淵さんのひいひいおじいさんが使っていたという和菓子の型が飾られている。

スタジオトーク。スタジオでぼてぼて茶を試食、合原さんは「不思議な感じ。一気に色々なものが食べられて得した感じ。」と感想を述べた。

気象情報 (その他)
17:54~

平井さんが天気予報を伝えた。

エンディング (その他)
17:57~

利根川さんが島根のご当地グッズなどを紹介した。

あすの「ゆうどき」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月29日 放送
  3. 次回の放送