首都圏ニュース845 2018年11月8日放送回

『首都圏ニュース845』(しゅとけんニュース はちよんご)は、NHK総合テレビで関東地方向けに1996年4月1日から放送されている地域ニュース番組。ただし、現在、茨城県向けには水戸放送局が『茨城ニュース845』を出している。NHK首都圏放送センターが管轄する関東・甲信越のニュースであれば、放送範囲に含まれていない茨城・長野・新潟各県の情報でも随時扱っている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月8日(木) 20:45~21:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
20:45~

オープニング映像が流れて出演者が挨拶をした。

ニュース (ニュース)
20:45~

平成18年12月、東京・新宿のマンションで当時一緒に住んでいた生後11か月の女の子に頭の骨を折るなど暴行を加え、その後死亡させたとして傷害致死の疑いが持たれている。当初、容疑者の男は「娘はこたつから落ちた」と説明していたが、警察が改めて聞くと「こたつから落ちたという説明はうそだった。当時はいらいらしてこたつから払い落とした」などと

消費増税まであと1年を切っている。軽減税率についてよくわかっていない人が多かった。イートインスペースがあるお弁当屋さんでは、夫婦2人でお弁当の盛り付けやお会計を行っていて1人1人に確認するのは厳しいため、イートインスペースをやめることも考えている。千葉・市原にあるスーパーの休憩スペースでは、レジで尋ねるのは従業員の負担になるため、頭を悩ませている。国税庁は軽減税率について個別のケースごとに対象かどうかを示す指針を随時公表しており、説明会をひらくなどして周知を図っていきたいとしている。

角幡唯介さんの「極夜行」がノンフィクション本大賞に選ばれた。「極夜行」は太陽が昇らない冬の北極を1人で旅した探検記で、暗闇なか誰とも会話できない過酷な日々を綴っている。

気象庁によると、寒冷前線があすから明後日にかけて関東を通過し、暖かく湿った空気が流れ込むとしている。このため、関東南部と伊豆諸島北部を中心に大気の状態に不安定になる。落雷・竜巻などの突風、急な激しい雨・ひょうに十分な注意を呼びかけている。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は見の安全を確保するように呼びかけた。

信州大学のキャンパスではイチョウが見頃をむかえ、来週いっぱいまで楽しめる。

去年8月の夕方、茨城県大洗町で生後2ヶ月の長女を激しく揺さぶり大怪我をさせたとして24歳の父親を逮捕した。長女は頭に強い衝撃を受けて「乳幼児揺さぶられ症候群」と診断された。

今年7月、東京の多摩市の建設現場で火災があり、作業員5人が死亡した事件を巡っては経営責任を明確にするため、社長が報酬30%を3か月減額しするなど計28人の役員の報酬を減額していた。

熊谷の元荒川でのみ生息が確認されている「ムサシトミヨ」の放流を、久下小学校の児童たちが行っていた。

昨日お伝えした東京都の来年度予算案について、東京オリンピック、パラリンピック開催関連の要求額を今年度の予算の1.5倍と伝えたが正しくは2.5倍だったので、高橋アナが訂正してお詫びした。

キーワード
警視庁
相模原(神奈川)
傷害致死
消費税
軽減税率
国税庁
品川区(東京)
市原(千葉)
ノンフィクション本大賞
極夜行
角幡唯介
気象庁
寒冷前線
落雷
新橋(東京)
信州大学
長野県
イチョウ
大洗町(茨城)
傷害
乳幼児揺さぶられ症候群
多摩(東京)
安藤ハザマ
火災
熊谷(埼玉)
ムサシトミヨ

気象情報 (ニュース)
20:56~

関東地方の天気予報を気象予報士の菊池さんと高橋アナが伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 11月8日 放送
  3. 次回の放送