鶴瓶の家族に乾杯 「加藤茶 愛知県豊橋市ぶっつけ本番旅」(前編)

『鶴瓶の家族に乾杯』(つるべのかぞくにかんぱい)は、NHK総合テレビで1995年8月16日から毎週月曜日の19:30 - 20:43(JST)に放送されている紀行・バラエティ番組。司会を務める笑福亭鶴瓶の冠番組。番組の通称及び略称は「家族に乾杯」。字幕放送、ステレオ放送を実施。2011年度からはデジタル総合テレビのみ解説放送(ステレオ2音声)も実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年2月8日(月) 14:05~14:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
14:05~

愛知県豊橋市の松葉公園で待ち合わせ。加藤茶は「前回出たとき、俺が一番調子悪いときだった」「あのオンエアを見てみなさんが心配してくれて、あのロケが終わって入院した」「こんなに元気になりましたというところを見せて行きたいと思います」と話した。笑福亭鶴瓶が合流し、2014年6月16日放送の鹿児島県南九州市でのロケについて「前は全然違った」などと話した。加藤茶は「豊橋はいい筆がいっぱい売っているんだって」「麻雀もゴルフもやめてやることがない、趣味が無くなったんで、静かにできる習字をちょっと」と旅の目的を話した。

オープニング映像。

テーマソング:「Birthday」さだまさし

加藤茶の前回の出演時本当に体調が悪い時で、放送が終わってから「大丈夫か」との声が番組にたくさん届いた、とトークした。地図で愛知県豊橋市を紹介し、自動車産業や祭りが盛んな地域と紹介した。加藤茶は「手筒花火」について「やったことがある」「頭に火の粉が降ってきてやけどする」といい、鶴瓶は「オレなんかあかんやん」とコメントした。

キーワード
豊橋市(愛知)
南九州市(鹿児島)
さだまさし
Birthday
東海道新幹線
手筒花火

加藤茶 愛知県豊橋市ぶっつけ本番旅(前編) (バラエティ/情報)
14:09~

公園に居た女性、牧野三千代さんらと話した。アウトドア専門店やクライミングジムを経営していて、10年前に亡くなったご主人が始めて40年になる、などと話した。加藤茶について、元気でよかった、奥さんが若いから若々しくなっている、と話し、筆屋の場所を教えてもらった。牧野さんらが経営しているアウトドア専門店に移動し、ご主人が亡くなった際の話、出会った頃の話をした。お店を継いだ長男の昭仁さんが登場し、店を改装して1周年、父がサボテンが好きだったので「カクタス」という施設を作った、葬儀の時に弔問客とても多くて父の偉大さがわかった、などと話をした。加藤茶が筆を買いに行く間に牧野さんらは色紙を買っておく、と約束した。

家族が団結してお店を守っていてお父さんも嬉しいだろう、とトークした。豊橋市のいいところを紹介するグループ「ええじゃないか豊橋伝播隊 DOEE」が喫茶店のモーニングサービス、路面電車、冬限定の「おでんしゃ」を紹介する映像が流れた。

山本多津子さんの案内で筆を扱う店に向かった。その店の上林千年さんは「うちはガタガタで見せてあげるようなものはない」と困惑した様子だった。創業120年~130年で、千年さんで4代目になると話をし、写経用の筆、他の種類の筆、書道用品などを見せてもらった。鶴瓶が「復帰祝いに加藤さんにプレゼントします」と筆を2本購入した。

山本さんたちの経営する店に戻った。山本さんは色紙を用意していたが「墨あるのかなと思って」と筆ペンも用意していた。加藤茶は筆ペンで書こうとしたがうまくいかなかったので、山本さんが墨を調達に向かい、書き上げた色紙と一緒に牧野さんらと記念撮影をした。

豊橋の有名な食べ物を聞き、「豊橋カレーうどん」が有名で、近所に有名店があると教えてもらった。山本さんが交渉してくれたため撮影許可がもらえた。店に入ると他のお客さんが2人に拍手をしたので、加藤茶は「こんなに元気になりました」とお客さんにアピールした。「豊橋カレーうどん」を食べた加藤茶は「カレーだね」「とろろとごはんが変わってる」、鶴瓶は「おいしいおいしい」とコメントした。この後どうするかという話になり、加藤は「豊橋はブラジルの人が多いらしいので、会ってこようかな」と話した。

豊橋カレーうどんは新たな名物として開発され、うずら卵、とろろ、うどん、ごはんが入っている、と紹介した。山本多津子さんたちのメッセージ映像を紹介した。

加藤茶はブラジル人が多い場所を探すため、新本町の商店街などで聞き込みをした。ガスの検針をしている原さんに話を聞き、もっと賑やかな商店街があると教えられて向かうことにした。途中で見かけた「正琳寺」に入ってみたが、誰も出てこなかった。寺の外に出ると加藤を見るために人が集まってきていた。大谷幸一さんに声をかけられ、大谷さんが勤める会社を訪問することにした。

大谷さんと、会社では学生服などを扱っていて、現在は3代目だと話した。二代目社長の冨田佳央さんが現れ「加藤さんと会うのは2回目です」「ハワイで会ったけどその時と全然変わらない」と話した。その後、3代目社長の佳一郎さんとその母親の千恵子さんも「ハワイ島の空港で会いました」と同じ話をした。佳央さんが電話をして娘の景子さんも会社を訪れた。その息子さんで幼稚園児の壮哉くんは会社で扱ったユニフォームを着ていたので、加藤茶は「いい商売してるね」とコメントした。

鶴瓶はかつての東海道の宿場町「二川宿」を目指して移動した。小林伸枝さんに声をかけられ「市の文化財がこの先にある」と紹介された。そこに向かう提供途中で二川宿本陣資料館に立ち寄ると、結婚式の写真を撮影している人たちがいたので一緒に写真撮影をし、夫となる夏目さんに「絶対に逆らったらあかんよ」とアドバイスをした。

撮影した写真を紹介し、鶴瓶は自分の顔について「やっぱりいい笑顔してんな俺」「写真は絶対笑顔がいい」「秘訣は、顔を形状記憶で残すこと」とコメントした。

キーワード
加山雄三
仁雄さん
心筋梗塞
豊橋市(愛知)
ええじゃないか豊橋伝播隊 DOEE
ええじゃないか
おでんしゃ
豊橋筆
豊橋カレーうどん
新本町(豊橋市)
大岩町(豊橋市)

エンディング (その他)
14:46~

「鶴瓶の家族に乾杯」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 2月8日 放送
  3. 次回の放送