鶴瓶の家族に乾杯 五輪柔道3連覇!野村忠宏と鳥取県米子市ぶっつけ本番旅

『鶴瓶の家族に乾杯』(つるべのかぞくにかんぱい)は、NHK総合テレビで1995年8月16日から毎週月曜日の19:30 - 20:43(JST)に放送されている紀行・バラエティ番組。司会を務める笑福亭鶴瓶の冠番組。番組の通称及び略称は「家族に乾杯」。字幕放送、ステレオ放送を実施。2011年度からはデジタル総合テレビのみ解説放送(ステレオ2音声)も実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月16日(金) 1:00~ 2:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:00~

今回のゲストは野村忠宏。野村忠宏は柔道でオリンピック史上初の3連覇を達成した。野村忠宏は「陶芸と釣りをやってみたいというのがあって、静かなものをやりたい」などと話した。鳥取・米子市にある公園で鶴瓶と合流した。

本日は野村忠宏と鳥取・米子市ぶっつけ本番旅。

番組テーマソング、さだまさしの「Birthday」が流れた。

小野文惠らの挨拶しゲストの三野村忠宏を紹介した。今回の舞台は鳥取・米子市。米子市は人口約15万人。2021年にワールドマスターズゲームズが開催され、米子市で柔道が行われるという。

キーワード
アトランタオリンピック
シドニーオリンピック
アテネオリンピック
米子市(鳥取)
Birthday
さだまさし
ワールドマスターズゲームズ

鳥取県米子市ぶっつけ本番旅 (バラエティ/情報)
01:04~

野村忠宏らは、グラウンド・ゴルフをしている人たちを見つけ一緒にやろうと誘われた。鶴瓶と野村忠宏がグラウンド・ゴルフで真剣勝負し共に6打で引き分けとなった。グラウンド・ゴルフの同好会ができて30周年で一番古い人は80歳の女性だという。

鶴瓶らは歩いていると大庭萌さんと出会った。どこに行ったらいいかを尋ねると大庭萌さんは「米子は何もないのがいいんです。商店街もあるけど、そんなに活気がなくゆったりしている」などと話した。話していると大庭さんの母、伊澤美樹子さんがやって来た。伊澤美樹子さんは「いつも見てます びっくりしました」などとても喜んでいたが、娘の萌さんはとても落ち着いていた。

鶴瓶さんが「だいぶ前からみんなが俺に厳しい」などと話した。

鳥取県米子市在住・白ネギのネギ子ちゃんが米子自慢。米子は全国有数の白ねぎの産地。「白ねぎ将軍鍋」は白ねぎを将軍、他の具材を家来と呼んで食べる新たな郷土料理。淀江地区で作られている淀江傘。美しい糸飾りが特徴で190年以上の歴史があるといわれている。米子の皆生温泉は日本トライアスロンの発祥地。毎年全日本の大会が開かれ1000人以上が参加する。

米子本通り商店街を歩く鶴瓶さんと野村さん。今年創業150年になったお店では米子市内の小中学校の靴とカッパの全てを担当している。川口さんが夫婦で続けているという。野村さんに米子市で盛んなスポーツを聞かれた川口さんは夫が監督している小学校のソフトテニスは毎年春夏の全国大会に出ると話した。

建築100年の家。中は非公開だと立て看板があるが川口さんが勇み足で訪ねて行き、中から住んでいる船越順子さんが現れた。祖父が亡くなったため正確な築年数は不明。「広間のところだけまでなら」と中を見せてくれた。箱階段に鶴瓶さんが「昔の階段ですよね」とコメント。奥も吹き抜けになっているという。箱階段をのぼった野村さんは「まあまあ怖いです」と感想を言った。川口さんは本棚の漫画本は子どもが小さい時に読んでいた、今は1人は隣で眼科をやっていてもう1人も医者になって松江にいると話した。

川口さんのご主人に遭遇し、靴屋さんへ。ご主人はおばあちゃんが足が悪いんで靴とステッキが欲しいと言って配達してきたという。ご主人は監督をしていたテニスを全国大会に導いていたが、本人は素人だったそう。ご主人に野村さんが次どこに行ったらいいか聞いてみる。ふなこしさんのところの孫は2人とも柔道をしていると聞いた。

鶴瓶師匠と野村さん、別れて行動。

野村さんは鶴瓶師匠を別れて心細い、金ベダル持ってくればよかったと話した。

78年続いているという画材屋さん。画材屋さんを継いだというまーちゃん。まーちゃんの描いた絵を見せてもらった。奥さんも悪さ程度に描いているとのこと。奥さんは大山町というところから嫁いできた。きょうが結婚記念日、48年目。町内のべっぴんさんが登場、ブティックをしているという。あとでいくと鶴瓶師匠。奥さんはここで絵を習っていたという。

一人で不安になっている野村忠宏は「なかなか人がいない。誰も助けてくれないですもんね」などと話した。

一人になったことについて野村忠宏は「プレッシャー、不安、孤独はオリンピックでいっぱいあった、またね種類が違う孤独」などと話した。

野村さん、1人。バスが止まり、誰かが降りてくるのを待ち構えた。降りてきた人をつかまえて話を聞いた。何か楽しい場所などを聞いてみると、城山がある、城はないけど城壁はあると教えてもらった。城山に向かっている途中、再び人を発見。おすすめスポットを聞くと大山や皆生温泉など教えてもらった。

一方の鶴瓶師匠。さきほどのべっぴんさんのブティックへ。べっぴんさんはお店は息子とやっているという話した。色気は鶴瓶師匠と会えたからだと。べっぴんさん、24歳で生んだ56歳の娘がいるという。体形も変わっていないし、キレイと鶴瓶師匠。

紹介してもらった皆生温泉へむかった野村さん。看護師で仕事終わって出てきた人が野村さんの大ファンだという。昔柔道をしていたそうで号泣してしまっていた。足湯とかありますかと野村さん、ありますよといって連れて行ってもらうことに。

鶴瓶師匠は紺屋町へ。おもちゃ屋さんを発見、人がいたがガラス越しに着替えていた。

大ファンだという女性、子供は3人いるそう。子供は中・小・幼だという。無料で入れる足湯を紹介してもらった。施設の中で撮影をしていいのか2人で聞きにいくことに。撮影オッケイだった。

さきほど着替えていた人が着替えが完了。奥さんが帰ってくると電話があって、奥さんかと思ったら鶴瓶師匠だったという。昔はおもちゃやさんで今はシャッターを下ろしてしまっているという。

眼科の息子さんが野村さんの大ファンだったという。眼科の前を通ると院長室へ案内された。院長によると野村さんの本を息子さんが持っているという。別れて行動していた野村さんに電話。サインをしてほしいと言っていたというと野村さんは戻りますと話した。息子さんは本を持ち歩いているという。

大ファンだという女性と足湯。野村さんは自分の足をみながら柔道とかしてて脱臼とかしまくって指とか曲がっていると説明。看護師さん、だいぶ外反母趾ですねとコメント。写真を一緒に撮影。

野村さんの大ファンの女性、柔道で中学で県1位、高校では県3位だった。鶴瓶師匠はなんで言わへんの?とコメント。

キーワード
萌さん
米子市(鳥取)
白ねぎ将軍鍋
淀江傘
皆生温泉
全日本の大会
白ねぎ
米子本通り商店街
萌ちゃん
松江市(島根)
加茂町(鳥取)
紺屋町(鳥取)

家族に一杯 (その他)
01:44~

やってきたのは市内の住宅街。本日の一杯は「牛骨ラーメン」。この地域では牛骨スープの店が多いという。太麺の玉子麺みたいな感じでいい感じに絡み合うという。なぜ牛骨なのか。両親がお肉屋さんでめぐってもらって作ったのがはじまりだという。

キーワード
米子市(鳥取)
牛骨ラーメン

鳥取県米子市ぶっつけ本番旅 (バラエティ/情報)
01:46~

観光案内所で陶芸体験が出来るところを尋ねると、体験はしていないが近くの陶芸工房を紹介された。工房では器だけでなく古民家を象った香炉などを作っている。工房の人の厚意で野村は陶芸体験をする事となった。

鶴瓶は町並みが気に入った尾高町で車を下りて地元住民と交流。尾高町の自治会長に米子で有名な骨董屋を紹介された。

野村忠宏は本来予約が必要な陶芸工房で特別に陶芸を体験させてもらった。初心者であるため手動のろくろを使いったが力が入ってしまった。陶芸家の男性は逆に初心に帰って、野村忠宏のような作品を焼きたいとした。本来は数日、自然乾燥させるが電子レンジで水分を飛ばした。また、いずれは自身の父と息子の3代の展示会をしたいと述べた。

鶴瓶は自治会長から紹介された有名な骨とう品屋へと来た。この骨とう店は約60年続いており、初代夫婦はジルバやマンボなどのダンスを通して知り合ったという。初代主人はアキラという名前から”ジルバのアキ”と呼ばれていたとのことである。

野村忠宏は人生初の陶芸に挑戦した。陶芸家の男性は陶芸家の家族もいずれ焼き物を始めるのではないかと思っているという。また、先代を超すと言っても時代ごとに作るものがあるとし、売っていくのがプロだと述べた。さらに、男性は野村忠宏の妻へ向けて茶碗をプレゼントした。

野村忠宏は陶芸は柔道と一緒で力を抜くことも大事であると学んだとした。野村忠宏が作成した世界に一つだけの器がスタジオで披露され、「売れそうじゃないですか!?」と述べ、温かい家庭の中に自分の作ったものがあると嬉しいとした。

陶芸工房を後にした野村忠宏は、柔道をしている眼科の船越順子さんの孫へ会いに行った。孫の船越恵太くんはTシャツの背中の部分に野村忠宏からサインをもらい、得意技の大外刈りを披露した後、柔道の練習は大変だが試合で勝つと嬉しいとした。目標は柔道全国1位になることだという。

自治会長の案内で鳥取県米子市立町を歩く鶴瓶さんは、「一銭屋さん」という駄菓子屋さんを訪ねた。鶴瓶さんに岡本さんは「お~師匠」とコメント。芦屋で鶴瓶さんのサインを貰ったことがあるが、サインを代わりにもらってくれた息子が脳いっ血で亡くなったということで鶴瓶さんは仏壇に拝んだ。その後、鶴瓶さんは改めてサインを書いた。岡本さんは22歳の時に結婚し忙しい毎日であったが、今は色々な人との出会いがあるから楽しいとした。

野村忠宏の大ファンだという柔道少年。弟の船越恵太くんによると県3位の成績で、柔道の他に習字・公文・水泳をやっているという。恵太くんに野村は、「弱かったけど自分を信じて一生懸命練習したら、強くなってオリンピックで優勝した。一生懸命続けるのが大事」とアドバイスした。

船越さん一家からのメッセージ。当日、野村に会えなかった泰晴くんについて、父親の泰作さんは「地団駄踏んで悔しがっていた」と話した。学校の朝読書の時間には、野村の著作を読んでいるという。泰晴くんは、「今度来られた際にはうちに来て、恵太と自分のご指導をよろしくお願いします」と話した。

学生に柔道を教えているという野村。メッセージをくれた泰晴くんの学校にも偶然教えに行くことになっていて、ロケの5日後に対面したという。野村は泰晴くんに、「柔道を大事にしながら勉強も頑張って、上を目指して頑張ってください」とメッセージを伝えた。

キーワード
皆生温泉
米子市(鳥取)
岩倉具視
尾高町(鳥取)
ジルバ
マンボ
ドドド
船越順子さん
一銭屋
立町(鳥取)
芦屋市(兵庫)
脳いっ血

エンディング (その他)
02:12~

エンディング映像。

「鶴瓶の家族に乾杯」の次回予告。

番組宣伝 (その他)
02:13~

ドラマ10昭和元禄落語心中の番組宣伝。

ドキュメント72時間の番組宣伝。

サンドのお風呂いただきますの番組宣伝。

有田Pおもてなすの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 11月16日 放送
  3. 次回の放送