特報首都圏 急拡大する無人飛行機“ドローン”〜“空の革命”と課題〜

『特報首都圏』(とくほうしゅとけん)は、NHKで1984年4月6日から2017年3月10日まで放送されていた関東・甲信越地方向けの地域情報番組である。原則毎週金曜日に放送されていた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年4月17日(金) 19:30~19:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今週米国で開かれた世界最大の撮影機器の展示会では空飛ぶ無人機ドローンに注目が集まった。今爆発的に普及が進みその経済効果は10兆円とも言われている。ドローンは様々な角度からの映像が可能で建設現場・農業・輸送などで活躍する一方で相次ぐトラブルも起こっている。YouTube映像。

キーワード
YouTube
無人機ドローン

ドローン・レボリューション~無人機 始まった“空の革命”~ (バラエティ/情報)
19:32~

大手建設機械メーカーは駐車場を建設するため山を切り崩す現場で2月からドローンを導入。上空から撮影した映像を元に詳細な3D図面が可能となった。計測時間も桁違いのスピードと量が可能に。作業に無駄がなくなりコストも削減。様々な分野でドローンの実用化に向けた模索が始まっている。静岡・御殿場の映像。工事を行う業者のコメント。コマツ・スマートコンストラクション推進本部・別府輝一は「建設現場の考えかた自体実際の工事自体が変わる可能性は十分にある」とコメント。

国内での農業利用を研究するプロジェクトは1年後の事業化を目指し大手印刷会社も参加し実証実験が始まった。研究に協力している農家の水田で飛行テストを行い、結果はドローンは広大な水田の隅々まで鮮明に撮影が可能だった。東京大学大学院・岩田洋佳准教授、農家のコメント紹介。

相次ぐドローンの墜落原因迫る。専門家立会いのもとで墜落実験を試みる。電波状況で不安定になる様子が判明。実験では、風速8メートルだとドローンはほとんど影響を受けないが風速10メートルを超えると激しく揺れバッテリー消費切れで落下する。また電子レンジの電波も影響を与える可能性があった。専門家は利用者がドローンの性能を過信しすぎていると指摘。YouTubeの映像紹介。日本ラジコン電波安全協会・神林喜彦専務理事のコメント。

スタジオでドローンを実際に紹介。値段は人気のもので10万円前後、安いもので数千円というものもある。その一方で安全性やプライバシーの問題、リスクについても考えていく。

様々な分野でドローンの実用化に向けた模索が進んでいる。物の輸送では人命救助のスピードアップを目指している。インフラの点検では特殊な車両は必要なくなり交通規制もなくなる。災害時に役立つドローンは空飛ぶ電波の基地として活躍、世界が注目しているのは農業での利用。米国民間団体の報告書では農業の分野がドローン市場の8割を占めると予測。国内での農業利用を研究するプロジェクトリーダーはドローンを使って農地を管理すれば効率的かつ人件費を浮かせることも可能と話す。東京大学、情報通信研究機構の実験映像紹介。東京大学大学院・岩田洋佳准教授のコメント紹介。

東京大学大学院・鈴木真二教授を交えてスタジオトーク。航空工学の専門家を呼びドローンの普及について考える。離島への輸送、料理の配膳、ドローンの捕獲など活用法は様々である。電子制御で簡単に飛べるようになっていて安くなることやコンピューター操作により簡単に操縦可能なことが爆発的ヒットにつながっていると指摘。ドローンの可能性について考える。

ドローンは、原則地上から150メートルまで飛行に関する規制・ルールなどはない(空港周辺除く)のが現状。安全確保について独自の対策を始めた企業を取材。広島県の建設コンサルタント会社は1年前より橋の点検などにドローンを使用。去年12月突風にあおられ橋に墜落する事故が起き炎上し消防車が出動する事態に。そのため独自の基準を設けた運用マニュアルを作り住宅地や幹線道路の上空など飛行禁止の条件を定めた。広島・佐伯区の映像。建設コンサルタント会社・常務、専務のコメント紹介。

東京大学大学院・鈴木真二教授を交えてスタジオコメント。国内ではルールらしいルールもない中で普及が増加している現状に専門家は落ちるリスクを念頭に置いて利用することが大事で国ももっとアピールすべきと指摘。米国の規制案である機体の登録制・操縦者の免許制・目視の範囲のみ飛行・報告書の義務付けなどを紹介。マナーやガイドラインを共有することが大事と専門家は指摘。

キーワード
岩田洋佳
別府輝一さん
神林喜彦専務理事
ドローン
御殿場(静岡)
東京大学大学院
岩田洋佳准教授
インフラ
コマツ・スマートコンストラクション
YouTube
佐伯区(広島)

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月17日 放送
  3. 次回の放送