特報首都圏 どうなる都政?小池知事×都議会?

『特報首都圏』(とくほうしゅとけん)は、NHKで1984年4月6日から2017年3月10日まで放送されていた関東・甲信越地方向けの地域情報番組である。原則毎週金曜日に放送されていた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年10月7日(金) 19:30~20:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

都知事就任後初の都議会を控える小池百合子氏は「足りなかった部分、考えもされなかった部分を新しく埋め込む」などコメント。番組では都議会の様子など小池百合子氏による東京都政の行方など報道する。

キーワード
小池百合子知事
東京都
都議会
豊洲市場
東京五輪
クリントン
トランプ
自民党
都議会自民党
政治塾

どうなる都政 小池知事×都議会 (バラエティ/情報)
19:31~

議会冒頭から小池知事に牽制された自民党だが、高木幹事長は知事に理解を示す姿勢を見せた。自民党の会議では小池知事との対立姿勢を見せないことが徹底されていたという。7月に行われた東京都知事選で自民党は増田寛也氏を擁立したが、小池氏は自民党都連の体質を“ブラックボックス”と批判し、小池氏は大差で圧勝。自民党は選挙で敗れる結果となり、小池氏への攻勢を強めると見られていた。小池知事が豊洲市場の移転を表明し、“盛り土”が行われていなかったことが明らかとなり、豊洲への移転を先頭に立って推進してきた自民党は難しい立場に置かれた。小池知事は自民党の様子を静観していた。

寺澤敏行が挨拶のあとゲストの春香クリスティーンが小池知事について「最近の政治は政治とカネの問題などで残念に思う中、小池知事はそういう空気をガラッと変えてきている」など述べた。今週から都議会の論戦が開始。番組では都知事選時から争ってきた自民党と小池知事の都議会の様子を伝える。

都議会開会を4日後に控えた先月24日にて、長年自民党が主導してきた都議会と都庁との関係を変えたいと主張してきた小池知事は番組のインタビューに対して「豊洲の問題も(都の職員は)議会への説明のほうが詳しい。」「これまで知事はスルーされていたのでは」など語った。先月28日には都議会・所信表明の場で小池知事はこれまでの意思決定のあり方を問題視し、議会にも変化を求めた。

一方、これまで豊洲への移転に反対してきた共産党は、所信表明の翌日に小池知事とどう向き合うか会議を開いた。議員からは、知事の姿勢を前向きに捉えたいという意見も出ていた。小池知事の周辺では来年夏の都議選をにらんだ動きが始まっていて、今月末には知事が塾長を務める政治塾が立ち上がる。準備を進めるメンバーの中には、小池知事を選挙で応援し自民党から離党勧告を受けた本橋弘隆豊島区議もいた。改革の賛同者を募集し、選挙のノウハウを教えることにしているという。

スタジオにて中央大学・佐々木信夫さんと首都圏センター記者の小嶋章史氏を紹介。春香クリスティーンは都議会自民党の姿勢について「選挙戦では小池知事と争っていたイメージがあったが、議会が始まってマイルドになった 」など述べた。佐々木信夫さんは「もっと対決型で入るかと思った」「小池知事はいつまでも自民党と対決した形では都政は前に進まない。」「豊洲市場延期で色々な損失が出てきているので、都知事・都議会で色々な動きが出て来ると思われる。」など述べた。

4日に小池知事と議会側が直接論戦を交わす代表質問が行われた。自民党はここで初めて「議会軽視」などと、知事への対決姿勢を打ち出した。小池知事は「自民党もどうやって都民のために応えていくか。来年の夏には都議選もある。になさんはそこも意識するのでは」と話した。

待機児童問題について小池都知事は126億円の補正予算を議会に提出した。その一方で保育運営会社によると年間300件以上の情報が寄せられるが、保育施設に適した物件はほとんどないという。

スタジオでは待機児童問題について話題となった。春香クリスティーンは地域住民の反対で保育園の設置が中止になった現場を見たことがあり、保育所1つ作るのにも大変であることを実感したと語った。

キーワード
小池知事
都議会自民党
高木啓幹事長
東京都知事選
増田寛也氏
都議会
内田茂幹事長(当時)
自民党
豊洲市場
東京都庁
豊洲の問題
中央大学
共産党都議団
選挙戦
本橋弘隆豊島区議
公明党
民進党
政治塾
大阪維新の会
東京オリンピック
パラリンピック
待機児童
とちょう保育園
新宿区(東京)
  1. 前回の放送
  2. 10月7日 放送
  3. 次回の放送