大相撲 名古屋場所 八日目

大相撲(おおずもう)は、日本相撲協会が主催する相撲興行。がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗する取組。取り組みがおおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。公益財団法人日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、世界中で行われる相撲興行の中で、最も有名かつ権威のある競技興行である。東京での開催場所は国技館である(詳しくは国技館、国技#日本の国技を参照)。土俵に立つものおよび出場できるものは男性に限られる(見た目が男性であるゲイやトランスジェンダー、あるいは半陰陽に関する規定は無い)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年7月14日(日) 15:05~16:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
15:05~

オープニング映像。

大相撲 名古屋場所 八日目(中継) (スポーツ)
15:05~

大相撲名古屋場所の取組前の模様を愛知県体育館からつたえた。

双大竜‐隆の山は隆の山の勝利。

若荒雄‐豊真将は若荒雄の勝利。

十両の対戦のこれまでの結果をつたえた。

誉富士‐鬼嵐は誉富士の勝利。

徳真鵬‐天鎧鵬は天鎧鵬の勝利。

鏡桜‐大砂嵐は大砂嵐の勝利。

朝赤龍‐鳰の湖は朝赤龍の勝利。

旭日松‐栃乃若は栃乃若の勝利。

大岩戸‐大喜鵬は大喜鵬の勝利。

貴ノ岩‐東龍は東龍の勝利。

幕内力士が土俵入りする模様をつたえた。

横綱が土俵入りする模様をつたえた。

大相撲名古屋場所前半戦を振り返る。注目は稀勢の里の綱取であったとして、稀勢の里の取組を紹介。

キーワード
稀勢の里
  1. 前回の放送
  2. 7月14日 放送
  3. 次回の放送