大相撲 名古屋場所 七日目

大相撲(おおずもう)は、日本相撲協会が主催する相撲興行。がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗する取組。取り組みがおおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。公益財団法人日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、世界中で行われる相撲興行の中で、最も有名かつ権威のある競技興行である。東京での開催場所は国技館である(詳しくは国技館、国技#日本の国技を参照)。土俵に立つものおよび出場できるものは男性に限られる(見た目が男性であるゲイやトランスジェンダー、あるいは半陰陽に関する規定は無い)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年7月13日(土) 16:00~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

初優勝の記憶 (バラエティ/情報)
16:00~

大鳴門親方が初優勝の時の思い出を語る。大鳴門親方は(優勝できたのは)集中するところは集中して、ぬくとことはぬいてというオンとオフが切り替えれたのが良かったのではないかとコメントした。

大相撲 名古屋場所 七日目(中継) (スポーツ)
16:01~

これまでの取組の結果を確認し、幕内取組前の模様をつたえた。

徳勝龍‐貴ノ岩は貴ノ岩の勝利。

舛ノ山‐玉飛鳥は舛ノ山の勝利。

翔天狼‐常幸龍は翔天狼の勝利。

蒼国来‐琴勇輝は琴勇輝の勝利。

大道‐若の里は若の里の勝利。

玉鷲‐佐田の富士は玉鷲の勝利。

豊響‐魁聖は魁聖の勝利。

サタデースポーツの番組宣伝。

宝富士‐阿覧は阿覧の勝利。

碧山‐隠岐の海は碧山の勝利。

嘉風‐豊ノ島は豊ノ島の勝利。

ここまでの結果を一覧にしてつたえた。

勢‐北太樹は北太樹の勝利。

あすの十両の取組を一覧にしてつたえた。

富士東‐臥牙丸は臥牙丸の勝利。

栃煌山‐髙安は栃煌山の勝利。

松鳳山‐時天空は松鳳山の勝利。

妙義龍-琴奨菊は妙義龍の勝利。

稀勢の里-豪栄道の取組前の様子を中継。

白星となった妙義龍へインタビュー。連敗中だったが、ここまでの取組を振り返り調子は悪く無いと話した。

稀勢の里-豪栄道は豪栄道の勝利。

安美錦-琴欧洲の取組前の様子を中継。

白星となった豪栄道へインタビュー。豪栄道は序盤は情けない相撲を取っていたのでこれを機にいい相撲をしたいと語った。

安美錦-琴欧洲は琴欧洲の勝利。

鶴竜-豪風は鶴竜の勝利。

旭天鵬-日馬富士は日馬富士の勝利。

白鵬-千代大龍は白鵬の勝利。

幕内の結果を紹介。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月13日 放送
  3. 次回の放送