大相撲 ▽大相撲 平成の30年〜席巻するモンゴル勢〜

大相撲(おおずもう)は、日本相撲協会が主催する相撲興行。がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗する取組。取り組みがおおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。公益財団法人日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、世界中で行われる相撲興行の中で、最も有名かつ権威のある競技興行である。東京での開催場所は国技館である(詳しくは国技館、国技#日本の国技を参照)。土俵に立つものおよび出場できるものは男性に限られる(見た目が男性であるゲイやトランスジェンダー、あるいは半陰陽に関する規定は無い)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月20日(日) 16:00~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

大相撲 初場所 八日目(中継) (スポーツ)
16:00~

幕内の展開を紹介。7戦全勝は白鵬。6勝1敗は4人。ケガをしてしまった御嶽海について北の富士勝昭は「もったいなかったね。早く治してね」などと話した。

幕内の取組を伝えた。

東【前頭十四】豊山(5勝3敗)。西【十両一】照強(6勝2敗)。豊山の寄り倒し。

東【前頭十三】矢後(7勝1敗)。西【前頭十六】大奄美(2勝6敗)。矢後の寄り切り。

東【前頭十二】輝(1勝7敗)。西【前頭十五】千代の国(7勝1敗)。千代の国のはたき込み。

出身地別の力士数を紹介。モンゴルが23人で10番目。1番は東京で49人。しかし関取の数を見ると、モンゴルは10人、東京は5人だった。モンゴル勢の何がいいのか聞かれ北の富士勝昭は「今の日本人にないと言われているハングリー精神ですかね」などと話した。

東【前頭十六】大翔丸(0勝8敗)。西【前頭十二】明生(6勝2敗)。明生の寄り切り。

モンゴル勢の道を切り開いた6人の力士、その中でも旭天鵬と旭鷲山が関取の座を掴んだ。旭鷲山は技の「デパートモンゴル支店」というおくり名がついた。旭鷲山の技をまとめて紹介した。北の富士勝昭は「舞の海と比べられるけど、旭鷲山の方が大技ですね」などと話した。

東【前頭十一】佐田の海(4勝4敗)。西【前頭十三】琴勇輝(4勝4敗)。佐田の海の上手投げ。

東【前頭十五】琴恵光(4勝4敗)。西【前頭十一】勢(4勝4敗)。琴恵光の突き落とし。

東【前頭十四】千代翔馬(3勝5敗)。西【前頭十】阿炎(5勝3敗)。阿炎の突き出し。

幕下上位・十両の結果を伝えた。

東【前頭七】竜電(2勝6敗)。西【宝富士】宝富士(4勝4敗)。宝富士の寄り切り。

サンデースポーツ2020の番組宣伝。

天皇皇后両陛下が国技館に到着し入場する様子を伝えた。

東【前頭八】朝乃山(3勝5敗)。西【前頭五】嘉風(1勝7敗)。朝乃山の突き出し。

東【前頭四】琴奨菊(4勝4敗)。西【前頭八】魁聖(7勝1敗)。魁聖のすくい投げ。

幕内の前半の結果とこれからの取組を伝えた。

後半戦から天皇皇后両陛下をお迎えする。貴景勝と阿武咲の両者対戦を振り返った。2人は中学時代からライバル。大相撲の世界ではこれまで3回対戦している。北の富士勝昭は「今の貴景勝は引きには前に落ちないでしょう。阿武咲は引くのがちょっとくせになっている」などと話した。粂川は「激しい相撲になると思うし引いたほうが負けなのかなと」などと話した。

天皇皇后両陛下のご入場の様子を伝えた。

東【前頭七】大栄翔(3勝5敗)。西【前頭四】隠岐の海(5勝3敗)。隠岐の海の押し出し。

あすの十両・幕内の取組を伝えた。

東【前頭三】正代(2勝6敗)。西【前頭六】千代大龍(4勝4敗)。千代大龍の押し出し。

東【前頭九】遠藤(5勝3敗)。西【前頭二】北勝富士(5勝3敗)。遠藤の引き落とし。

東【前頭二】錦木(4勝4敗)。西【前頭一】逸ノ城(5勝3敗)。逸ノ城の寄り切り。

東【小結】妙義龍(3勝5敗)。西【前頭一】栃煌山(3勝5敗)。栃煌山の肩すかし。

東【関脇】貴景勝(6勝2敗)。西【前頭六】阿武咲(6勝2敗)。貴景勝の押し出し。

貴景勝について北の富士勝昭は「今場所だって普通だったら自分の動きを忘れていいくらいプレッシャーかかると思うんですけど、のびのびと取ってる。先場所よりいい気がします」などと話した。

東【関脇】玉鷲(6勝2敗)。西【大関】豪栄道(3勝5敗)。玉鷲の突き落とし。

東【大関】高安(4勝4敗)。西【前頭三】松鳳山(3勝5敗)。松鳳山の突き落とし。

東【前頭五】碧山(5勝3敗)。西【横綱】白鵬(8勝0敗)。白鵬の下手出し投げ。

弓取式の様子を伝えた。

天皇皇后両陛下のご退場の様子を伝えた。

碧山と白鵬の結びの一番を振り、後半戦の結果を伝えた。あすの中入りは「北の富士 語る」。

キーワード
白鵬
御嶽海
初場所
旭天鵬
旭鷲山
天皇陛下
皇后陛下
貴景勝
阿武咲
碧山
  1. 前回の放送
  2. 1月20日 放送
  3. 次回の放送