参議院選挙区選出議員候補者 経歴・政見放送 「千葉県選挙区」(一部)

放送日 2019年7月16日(火) 13:05~13:24
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

オープニング映像。参議院選挙区選出議員候補者の経歴と政見を放送する。今回は千葉県選挙区から6人のうち、3人について放送。

キーワード
平塚正幸
豊田俊郎
門田正則
安楽死制度を考える会
NHKから国民を守る党
参議院選挙

経歴放送 政見放送 千葉県選挙区 (ニュース)
13:06~

自民党公認の豊田としろう氏による政見放送。96歳の母親を持ち、全世代型の社会保障への転換を掲げる同氏の経歴を映像で紹介。平成11年の統一地方選挙で初当選し、4年後には地元八千代市の市長選を制した。豊田氏は地方行政の経験を生かし、幼児教育・保育の無償化、女性が輝く社会の構築、中高年層が働ける機会の充実、土地問題の解消などに取り組む。また、災害に強く人に優しい街づくりを千葉からリードするとともに、豊田氏は時代に即した憲法改正を主張する。

安楽死制度を考える会のかどた正則氏による政見放送。かどた氏は安楽死が許されない日本医療の現状を語り、自らの最期を自ら決められる、尊厳のある死が迎えられるというのは人生の選択肢の1つとしてあっても良いのではないかと語る。安楽死について当たり前に議論する場をまずは醸成していきたいという。

NHKから国民を守る党の平塚正幸氏による政見放送。平塚氏は構造改革、派遣労働解禁などで男1人で家族を支えるのは手に余るほど貧窮し、女性も働かざるを得ずに晩婚化している。子供への教育では叱ることが犯罪とされかねない」など日本社会における負の側面を挙げた。同棲愛について、平塚氏は「テレビでは同性愛者の登場人物がいる。誰も疑問に思わない。人口削減の常識の敷設が行われている」と問題視。そして、選挙とネットワークの接続により、紙なしの選挙では改竄が横行しかねず、サイバー攻撃を言い訳に使ってくるかもしれないと危惧する。

キーワード
参議院選挙
豊田とく
社会保障
憲法改正
安楽死
安楽死制度を考える会
NHKから国民を守る党
マイナンバー社会保障・税番号制度

エンディング (その他)
13:23~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月16日 放送
  3. 次回の放送