参議院比例代表選出議員選挙 政見放送 2019年7月8日放送回

放送日 2019年7月8日(月) 9:05~ 9:59
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
09:05~

オープニング映像。これから放送するのは、国民民主党、労働者党、オリーブの木の政見放送。

キーワード
国民民主党
労働者党
オリーブの木

参議院比例代表選出議員選挙 政見放送 (ニュース)
09:05~

国民民主党の玉木雄一郎代表と伊藤孝恵が政見放送を行った。国民民主党は昨年5月に結党したばかり。国民民主党の合言葉は、作ろう新しい答え、である。否定や反対ではなく、常に解決策を示すことに強いこだわりがあるという。

国民民主党の玉木雄一郎代表と伊藤孝恵が政見放送を行った。今景気がだんだん悪くなっているが、そういった時に消費税を増税したら消費が落ち込んでしまう。そのため、消費税の増税は凍結をすると話した。

国民民主党の玉木雄一郎代表と伊藤孝恵が政見放送を行った。今の年金制度はいくつか問題点があるが、最大の問題の1つが無年金ということである。こうした人たちの不安を少しでも和らげるとした。

国民民主党の玉木雄一郎代表が政見放送を行った。国民に強く訴えていきたいことがあり、それは未来への投資だという。国民民主党の候補者、そして国民民主党にあなたの一票を託してくださいと語った。

労働者党の林紘義代表と菊地里志が政見放送を行った。一時期労働者党を作り、国政選挙に参加した時代があったが、未熟でもあり供託金の重しに負けて挫折したという。その後サークルなどで活動を継続したという。

労働者党の林紘義代表と菊地里志が政見放送を行った。どこの国でもバラマキ政治があるが、国家予算のことを顧みずやっている国ばかりだという。また、国家の借金は1100兆円位に達していると話した。

労働者党の林紘義代表と菊地里志が政見放送を行った。今の年金制度の格差の問題を挙げ、格差を解消するために一本化する必要があると話した。また、定年制の問題も挙げ、高齢者に働く場が必要だとした。

労働者党の林紘義代表と菊地里志が政見放送を行った。労働者、働くものの立場に立って、戦うということを議会の中でもやりたいと思っていると話した。

オリーブの木の西尾憲一幹事長らが政見放送を行った。世論調査で与党も野党も期待できないという声が上がっており、オリーブの木は5つの共通政策に賛同するゆるやかな連合体であるという。

オリーブの木の西尾憲一幹事長らが政見放送を行った。オリーブの木が掲げる政策の中で特徴的な、ベーシック・インカムについて話した。この政策はマネーゲームに投じられているお金を実体経済に回していくことで、経済全体を豊かにしていこうというものだという。

オリーブの木の西尾憲一幹事長らが政見放送を行った。役所にはまだたくさんムラがあるため、無駄遣いを続けていては年金も消えてなくなってしまうため、役所の無駄遣いをなくして国民の税金と年金を守る、と話した。

オリーブの木の候補者・おがわまなぶと西尾憲一幹事長が政見放送を行った。政治の使命とは、国を守り治安を維持するだけではなく、全ての人に人間らしい生活を保障するところにあると話した。

キーワード
国民民主党
労働者党
オリーブの木

エンディング (その他)
09:58~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月8日 放送
  3. 次回の放送