ニュース 2015年12月8日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年12月8日(火) 13:00~13:05
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
13:00~

自民党税制調査会は幹部会合で来年度の税制改正で焦点の一つになっている法人税の実効税率の取り扱いについて、来年度、赤字の企業にも事業規模に応じて課税する外形標準課税の拡大などで、代わりとなる財源を確保して来年度29.97%まで引き下げるのに続き、3年後の平成30年度には29.74%まで段階的に引き下げる方針を決めた。

高木復興大臣はみずからが代表を務める自民党の支部が選挙区内で香典を支出していた問題について陳謝したうえで、復興大臣として引き続き職責を果たしていく考えを示しました。高木復興大臣が代表を務める自民党の支部は、政治家が選挙区内では原則として禁じられている香典を支出していたと、政治資金収支報告書に記載するなどしていて、これまでに平成23年から26年の収支報告書を訂正している。

中国の北京は大気汚染に関する警報の中で最も深刻な「赤色警報」が初めて出されたことを受け、小中学校などが休校になるなど、市民生活に影響が広がっている。

先月の総選挙で民主化勢力の主導する新政権が誕生する見通しとなったミャンマーに対し、アメリカ政府は貿易の制限を一時的に緩和する措置を発表した。アメリカ国務省は、貿易制限緩和の決定は選挙結果とは関係ないとしつつも「選挙はミャンマーの民主化に向けた重要なステップで、今後、人権問題などで改善が見られるか検討し、アメリカの政策を見直していく」としている。背景にヤンゴンなどの映像。

キーワード
法人税
高木復興相
政治資金収支報告書
外形標準課
赤色警報
大気汚染
北京(中国)
アメリカ財務省
経済制裁
ヤンゴン(ミャンマー)
ワシントン(アメリカ)

経済情報 (ニュース)
13:04~

東京市場の日経平均株価、円相場、東証株価指数を伝えた。

キーワード
東証株価指数
為替
日経平均株価
東京市場

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 12月8日 放送
  3. 次回の放送