ニュース 2014年3月31日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年3月31日(月) 17:01~17:06
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
17:01~

北朝鮮は朝鮮半島西側の海上付近で砲撃訓練を行い、南北の境界線を越えた砲弾が100発以上着弾し、これに対し韓国側では報復で300発以上の砲撃を行ったことを韓国国防省が会見で明らかにした。境界線付近の韓国・ヨンピョン島やペンニョン島の住人たちは軍の支持で避難した。韓国軍とアメリカ軍は合同の上陸訓練を行っており、その模様をきょう報道陣に公開した。北朝鮮はこの訓練を平壌への上陸を目的にしているとして、強く非難し、中長距離の弾道ミサイル発射をほのめかすなどし、さらなる軍事挑発が懸念されている。

日朝政府間協議が先ほど終わり、外務省の伊原アジア大洋州局長は記者団に対し、北朝鮮と真摯で率直な議論を交わし、拉致・核・ミサイルなど日朝間の懸案をめぐって突っ込んだ意見交換を行ったと述べた。また、拉致問題に関して日本側の基本的な考えを提起し、弾道ミサイル発射については日朝ピョンヤン宣言や国連の安保理決議に違反しているとし自制を求めた。今後も政府間の協議を続けていくことで一致し、中国北京の大使館ルートを通じて調整するとした。

キーワード
韓国国務省
ヨンピョン島(韓国)
ペンニョン島(韓国)
ポパン(韓国)
平壌(北朝鮮)
弾道ミサイル
伊原アジア大洋州局長
ソン・イルホ日朝国交正常化担当大使
日朝政府間協議
日本大使館
日朝ピョンヤン宣言
安保理決議
拉致問題
北京(中国)

気象情報 (ニュース)
17:04~

全国の天気予報。

為替と株の値動き (ニュース)
17:05~

為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
日経平均株価
東証株価指数

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月31日 放送
  3. 次回の放送