ニュース 2012年2月12日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年2月12日(日) 15:00~15:12
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
15:00~

11日、東京大学附属病院で心臓の周りにある冠動脈の検査を受けた天皇陛下は、今月18日ごろ、冠動脈の手術を受けられることになった。1年前の去年2月の検査では冠動脈の一部が狭くなっていることが分かり、天皇陛下は薬による治療を受けられてきたが、今回の検査を受けて、冠動脈の手術を受けられることになった。天皇陛下が手術を受けられるのは、平成15年にがん細胞が見つかった前立腺を摘出して以来のこと。

スタジオにて、今回の天皇陛下の手術に関して、皇室担当記者の佐々木晋也らによる解説が行われた。将来へのリスクを考えて冠動脈バイパス手術を行うことになったとのこと。陛下は現在退院しており、あす上野で開かれる展覧会を鑑賞し、皇居で行われる新しい大臣の認証式にも出席する予定。入院中は皇太子様が代わりに公務を行う。

宮内庁は今回の天皇陛下の検査結果や今後の治療方針について発表したことを伝えた。

スタジオで宮内庁が発表した天皇陛下の手術に関する情報を伝えた。手術は、東京大学と順天堂大学の合同チームが東京大学付属病院で行う。また前回の手術と比較した結果などが伝えられた。

スタジオにて、今回の天皇陛下の手術に関して、皇室担当記者の佐々木晋也らが再び解説した。将来への心疾患を鑑みて手術に踏み切ったとされる。薬物投与でも可能だが、将来への予防的手術という判断だという。また、改めて宮内庁が発表した内容を伝えた。

キーワード
東京大学附属病院
天皇陛下
皇太子様
皇居
宮内庁
東京大学
順天堂大学
東京大学付属病院

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月12日 放送
  3. 次回の放送