ニュース 「台風17号」関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月23日(月) 4:30~ 4:40
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
04:30~

大型の台風17号は、1時間に45kmの速さで北東に進んでいる。朝にかけて暴風域を伴って中国地方にかなり接近した後、勢力を保ったまま日本海を北東へ進み、その後は温帯低気圧となって北日本に近づく見通し。この時間、中国地方が台風の暴風域に入っていて、島根・浜田市で最大瞬間風速31.7mを観測するなど、各地で非常に強い風が吹いている。今日は西日本から北日本にかけて強い風と雨になる見込みで、暴風・高波・土砂災害、落雷・竜巻などの突風への注意が必要。午前3時現在、九州各県で約9万3170戸が、山口県で約3万2600戸が停電中。昨日、国内の空の便は約500便が欠航。今日も九州を発着する便を中心に全日空が25便、日本航空が9便など合わせて約50便の欠航が決まっている。

台風17号の今後の見通し。山陰、近畿、東海を中心に雨雲が発達しやすい見込みで、場所によっては非常に激しい雨が降る所も。夕方以降、北海道は広く雨。今日は広い範囲で風が強まり、昼頃は北陸を中心に、午後は北日本の日本海側を中心に強い風が吹く見込み。

台風17号の影響で、中国地方は今日の昼前にかけて山陰を中心に非常に強い風が吹く見込み。暴風や高波、土砂災害、落雷などに警戒が必要。台風の影響で運転を見合わせていた山陽新幹線が午前2時に運転を再開し、乗客が次々と降り立った。台風17号は1時間に45kmの速さで北東に移動中。

台風17号の今後の動きについて伝え、交通情報の確認や暴風への注意を呼びかけた。

台風17号は中国地方を暴風域に巻き込みながら日本海を北東へ進み、各地で非常に強い風が吹いている。きょうは西日本から北日本の広い範囲で暴風や土砂災害に警戒が必要。台風15号の上陸で大きな被害が出た千葉県や伊豆諸島などでも風が強まり、断続的に雨が降る見込み。復旧作業をする際には十分注意を。

キーワード
台風17号
土砂災害警戒情報
停電
中国電力
全日空
日本航空
温帯低気圧
中区(広島)
浜田市(島根)
徳島県
博多区(福岡)
対馬(長崎)
宗像市(福岡)
山陽新幹線
広島駅
気象庁
台風15号
津和野町(島根)
千葉県
伊豆諸島

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 9月23日 放送
  3. 次回の放送