ニュース 2019年9月22日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月22日(日) 6:00~ 6:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
06:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
06:00~

大型で強い台風17号は、午前6時には1時間に20キロの速さで北北東へ進んでいるとみられる。九州や四国などで局地的に雨雲が発達し、午前5時までの1時間には宮崎県西米良村で45.5ミリの非常に激しい雨を観測した。宮崎県、熊本県、愛媛県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域がある。また、この台風の影響で沖縄県では19人が軽傷を負った。海上は九州北部で猛烈なしけに、西~北日本の広範囲で大しけとなる見込み。気象庁は暴風や高波などに警戒するよう呼びかけている。台風が大型のため、中心から離れている地域でも風や雨が強まるおそれがある。

台風17号の影響で、国内の空の便では日本航空で福岡や宮崎を発着する便を中心に77便、全日空が宮崎や長崎を発着する便を中心に70便など、あわせて216便の欠航が決まっている。

NHKニュース・防災アプリで台風の予想進路や雨雲、川の氾濫の状況などを確認することができる。

台風17号の推定される現在の位置と予想進路、雨量、各地の天気予報を伝えた。

若手指揮者の登竜門として知られるフランスの「ブザンソン国際指揮者コンクール」で上位3人による決勝が行われ、青森県出身の沖澤のどかさんが優勝した。沖澤さんは、東京芸術大学やドイツ・ベルリンの音楽大学で指揮を学び、去年の東京国際音楽コンクールでは優勝を果たしている。ブザンソン国際指揮者コンクールでは小澤征爾さんも1959年に優勝。日本人が優勝するのは2011年以来、4大会ぶりで10人目。

岸田政務調査会長は21日、訪問先のシンガポールで、カジノを含む統合型リゾート施設を視察するなど、一連の日程を終えた。記者団の取材ではポスト安倍に重ねて意欲を示した他、憲法改正論議の進展に向けて取り組んでいく考え。政調会長は「まずは自民党として4項目の改正に努力しなければいけないが、未来に向けては、環境などのテーマも想定される」と指摘した。

世界各国の若者が温暖化の現状と対策について意見を交わす「ユースサミット」が開かれ、140以上の国・地域から約1000人が参加。スウェーデンで、毎週金曜日に学校を休んで、温暖化対策を訴える活動を続けるグレタ・トゥーンベリさんも参加し、前日に、世界各国で一斉に行われたデモについて言及した。参加者らは意見を交わし、温暖化対策サミットに参加する各国の首脳たちに直ちに対策を講じるよう求めた。

大型で強い台風17号は22日から23日にかけて暴風域を伴ったまま九州北部や中国地方にかなり接近する見込み。

ペンシルベニア州にあるスリーマイル島原発では、1979年に2号機で核燃料が溶け落ちるメルトダウンが起きて放射性物質が漏れ出す、アメリカ史上最悪の原発事故が起きた。その後、原発を運営する会社は、ほかのエネルギーとの競争で採算が悪化したとして廃炉にすることを決め、20日、原子炉の運転を停止しました。アメリカでは東京電力福島第一原発事故のあと、新たな安全強化策にコストがかかるようになったことや、エネルギー価格の低下で原発の採算性が悪化し、廃炉の決定が相次いでいる。廃炉には60年の期間と1000億円以上の費用がかかるという。

観光庁が運営する防災アプリ「」では緊急地震速報などがスマホで自動に通知される他、災害時の避難の仕方や病院の連絡先などを確認できる。今年度中にはクメール語、ビルマ語などを追加して計14ヶ国語に氏、避難勧告などの情報も多言語で配信する。観光庁の高野明氏は「アプリをうまく活用しながら、旅行を楽しんでいただければ」とコメント。

キーワード
西米良村(宮崎)
気象庁
台風17号
土砂災害警戒情報
那覇市(沖縄)
尾道市(広島)
日本航空
全日空
ジェットスター
日本エアコミューター
ソラシドエア
スターフライヤー
スカイマーク
春秋航空日本
ピーチ・アビエーション
宮崎空港
中央区(福岡)
長崎市(長崎)
NHKニュース・防災アプリ
ブザンソン(フランス)
ブザンソン国際指揮者コンクール
東京国際音楽コンクール
沖澤のどか
小澤征爾さん
シンガポール
岸田政調会長
東京パラリンピック
東京オリンピック
憲法改正
IR
国際連合
国連本部ビル
ユースサミット
グテーレス事務総長
地球温暖化
グレタ・トゥーンベリさん
ペンシルベニア州(アメリカ)
メルトダウン
スリーマイル島原発事故
スリーマイル島
東京電力福島第一原発事故
高野明
Safety tips
  1. 前回の放送
  2. 9月22日 放送
  3. 次回の放送