ニュース 2019年7月14日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月14日(日) 18:00~18:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
18:00~

キューバでは中国製鉄道車両の運行が開始した。島を横断する鉄道路線で中国製の12両編成車両だという。車両は5月に中国から到着した80車両のうちの一部となる。キューバの鉄道は1837年に開通し利用されてきたが、厳しい財政状況のもと老朽化が課題となっていた。今回の契約はキューバ政府と中国国有企業で結ばれ、最終的には200両以上が届くという。ロシアも機関車や新通信システム提供など10億ドル規模の事業を進めることで合意しており、米トランプ政権が圧力を強める一方で中国・ロシアが影響力を強めている。

部活動での外部指導員を対象に熱中症対策講座が開かれた。講座には中学・高校で部活動の指導員をしている人たちなどが集まった。講師からは定期テスト直後など生徒の体が暑さや運動に不慣れな時期は部活の時間短縮や練習内容を見直す必要性を学んだ。その後熱中症の症状が出た際の対処法を学んだ。

日中交流会が今日600回を迎え、記念の催しが開かれた。催しには中国大使館の職員のほか、中国語を学ぶ日本の学生や中国からの留学生など約80人が集まった。交流会は毎週日曜午後2時から5時まで誰でも無料で参加可能で、これまでに延べ3万人が参加した。

キーワード
グランマ
トランプ政権
キューバ
早稲田実業学校
国分寺(東京)
熱中症
中国大使館
宮本雄二氏
豊島区(東京)
  1. 前回の放送
  2. 7月14日 放送
  3. 次回の放送