ニュース 2019年7月4日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月4日(木) 12:00~12:27
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
12:00~

参院選の候補者がきょうから公示され、ごぜん11時半現在選挙区と比例代表合わせて357人が立候補を届け出た。安倍政権の評価や消費税率引き上げの是非などが争点に17日間の選挙戦を戦う。各党の党首は安倍首相が福島、枝野代表・志位委員長・吉川幹事長は東京、玉木代表は静岡、山口代表は兵庫、松井代表は大阪有権者に支持を訴えた。

参院選宮城選挙区では3人が立候補した。3年前から定員が2から1に減り、現職の愛知治郎候補が4回目の当選を目指している。野党は統一候補として石垣のりこが立候補している。

定員2人の広島選挙区に河井案里、泉安政、玉田憲勲、高見篤己、加陽輝実、森本真治、溝手顕正の現職と新人7人が立候補した。長く自民党と旧民主党で分け合ってきたが自民党が21年ぶりに2人の候補を擁立した。公明党からの支援をうけて2議席独占を目指す。森本真治は国民民主党や社民党、立憲民主党から支援を受けて2回目の当選を目指す。共産党は新人の高見篤己を擁立。

九州に大雨を降らせた前線の雲は、今は東海や関東にもかかっている。この時間は鹿児島県の奄美地方にも発達した雨雲がある。東海や関東甲信などでは雨が強まった。午前7時半ごろの静岡市駿河区では、嵐のような風と雨で、傘も役に立たないほどの荒れた天気になった。長野県天龍村では、土砂が国道を塞いだ。画像を投稿した男性は、「山の斜面からは滝のように水が流れ出ていた」と話した。大気の不安定な状態が続くため、鹿児島県の種子島・屋久島地方では、このあと数時間、1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあるほか、関東ではきょう夕方にかけて、非常に激しい雨が降るおそれがある。あすの昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、種子島・屋久島地方と奄美地方で120mm、関東甲信で100mm、東海で70mmと予想されている。関東や東海でも、土砂災害・浸水などに十分な注意が必要。

今の雨の状況や今後の見通しなどについて解説。九州南部の雨の峠は各地で越えたが、土砂災害の危険度は、警戒レベルの続いているところがある。さらに、夕方からは再び雨の降るおそれがある。引き続き土砂災害に厳重な警戒が必要。けさからの雨の様子。活発な雨雲は東海から関東付近に移り、激しい雨が降っているところがある。このあとの雨の予想。このあと夕方から。

今回の参院選は1票の格差を是正するため定数を6増やすなどした法改正が行われたことで前回よりも3議席多い124議席。

「サラメシ」の番組宣伝。

キーワード
参院選
安倍首相
枝野代表
立憲民主党
国民民主党
玉木代表
山口代表
志位委員長
日本維新の会
松井代表
吉川幹事長
社民党
福島県
東京都
静岡県
兵庫県
大阪府
三宅紀昭候補
愛知治郎候補
石垣のりこ候補
河井案里
泉安政
玉田憲勲
高見篤己
諏訪之瀬島
加陽輝実
鹿児島県
森本真治
溝手顕正
スクープBOX
旧民主党
駿河区(静岡)
天龍村(長野)
渋谷(東京)
下田(静岡)
種子島
土砂災害
浸水
れいわ新選組
  1. 前回の放送
  2. 7月4日 放送
  3. 次回の放送